日本の投資家の「やっかいな病気」が再発した

外国人投資家は目先のドル円など見ていない

馬渕 治好 :ブーケ・ド・フルーレット代表、米国CFA協会認定証券アナリスト 2017年02月19日

「株、全然ダメじゃん」。目先の為替と日経平均だけみていてはダメ。賢い外国人投資家は目先のドル円相場など見ていない(sakai106/PIXTA)
  1. 「何となく元気がない」ように見える日本株
  2. しっくりこない「日本株不振」の市況解説
  3. 外国人投資家は「目先のドル円相場」など見ていない

 

本日の東洋経済オンラインに掲載された気になる記事である。

3ページに亘るちょっと長い文章だが、筆者がまとめてくれた要点を見てみよう。

  • 1.については日本株の元気が全般的に乏しいが個別の株では決してそんなことは無く、逆に物色意欲の強さがうかがえるから「何となく元気がない」ように見えるだけだと述べている。
  • 2.についてはマスコミ等の市況解説について腑に落ちない点をあげている。
    「3月期末を前に、国内機関投資家が処分売りを行なった」からというが、3月までにはまだ時間があるから少し無理筋だ。
    また、14日(火)に、フリン大統領補佐官が辞任したため、「米政権の政策実行力について、疑義が生じた」という解説も目にするが、トランプ大統領の政権運営が、やはり不透明だ、ということだけである。
    さらに「東芝がまともな決算発表ができなかった」という理由をあげるが、東芝を日本株全体の悪材料の決め手とするのも、的外れだと感じる。
    結局、特に日本株が米国株などに劣後する理由は見いだせない。
  • 3.については「個別に有望企業を発掘しよう」という外国人投資家の姿勢に比べ、国内投資家は、特に足元は「年初の高値(日経平均で言えば終値ベースでは1月4日(水)の1万9594円、ザラ場ベースでは同5日(木)の1万9615円)を、何となく抜けないのではないか」という根拠の薄い「あきらめ感」がもやもやと漂っている。

 

正確な情勢判断であるが、根拠の薄い「あきらめ観」は日本の投資家が過去にバブル崩壊の辛酸を舐め、リーマンショックを経て米国のFRBによる利上げ云々程度の話にさえ右往左往している現状を映しているのだろう。

実体経済のファンダメンタルズに無関係で、集団心理の錯綜した結果が出ているものと思われる。

 

 

2月17日(金)日経平均株価日足チャート上下にヒゲを伴う「短陽線続落して引けた。

 

日経平均株価日足チャート2017年2月17日(金)
日経平均株価日足チャート2017年2月17日(金)

 

外資系寄付き前注文動向売り880万株買い1030万株、差し引き150万株買い越し金額ベースでも買い越しで、米国系ファンド買い越し 欧州系ファンド売り買い均衡だった。

 

上場して31日目のAOI TYO HD上下にヒゲを伴う小陰線続落した。

出来高91,500株漸増だが相変わらずない。

参考までに信用売買建玉トレードラインを入れた罫線図を載せておいた。

 

AOI TYO HD日足チャート2017年2月17日(金)
AOI TYO HD日足チャート2017年2月17日(金)

 

AOI TYO HD842(-5)、蛇の目799(+1)終値で引け、決済は見送った。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 19234.62 -112.31

2月17日 (金) 3975 AOI TYO HD 前日終値 847

日付 約定株価 状態 差益 当日終値 842
1月4日 1113 〇* -976                          360株
(TYO2000株 ⇒ AOI TYO HD 360株)
1月5日 871 〇 -29                                100株
1月16日 860 〇 -18                              100株
2月7日 868 〇 -26                               100株
1月13日 845 × 3                                   100株
2月損益 1600 含み損益 -104560  売1ー 6.6買


2月17日 (金) 6445 蛇の目 前日終値 798 
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 799 
9月24日 1270 〇* -471
8月17日 1080 〇* -281
2月10日 806 ×
2月損益 0 含み損益 -74500 売1ー 2買


今年度損益計
  AOI TYO HD 4100
  蛇の目 0

前年度損益計
  TYO 36000
  蛇の目 3700

前々年度損益計
  TYO 170000
  蛇の目 -10600

 


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、〇は買建玉、〇*は現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益当日終値からの差益になっています。

2月損益は当月の差益です。含み損益残建玉損益計でマイナスがになっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)