度々のバブル崩壊には痛い目に遭って懲りているかと思いきや、まだまだ身に染みていないようだ。

歴史的には1637年2月3日にオランダのチューリップ・バブルがはじけている。

オランダの裕福な植物愛好家の間でチューリップ人気が高まり、品薄状態も手伝って高値で取引されていたのがはじけて、球根の価格が実に100分の1以下に落ち込んでしまった。

イギリスでは1711年設立の「南海会社」の株価が上昇すれば、上昇した分だけ新たに公債と時価で交換できる株式を発行するという「南海計画」に踊らされ、株価は約半年で10倍に急騰したものの1年ともたずに株価が急落した。この株価の急騰と暴落が泡沫(バブル)経済の語源となっている。

そして1989年12月のピーク時には3万8915円の最高株価をつけた日本の不動産バブルがはじけている。

 

バブルに浮く日本
バブルに浮く日本

 

日本のバブル崩壊から約10年後の2008年には米国で日本と同様に、不動産のサブプライムローンの焦げ付きがきっかけとなって、老舗証券会社リーマン・ブラザーズが経営破綻して世界金融危機に陥っている。

2009年10月のギリシャ総選挙で全ギリシャ社会主義運動(PASOK)が勝利し、パパンドレウ政権の誕生によって財政状態が公表されていたよりもはるかに悪く、政府の嘘がハッキリして、いわゆるギリシャ金融危機を招いている。

またスペインではユーロ採用により2000年から2008年までに不動産価格は約2・5倍に上昇しているが、2008年に米国を震源とする、いわゆるリーマン・ショックはスペインにも襲いかかり、銀行の資金繰りが急激に悪化した。

 

日本の歴史を紐解くと素晴らしい相場観が散見される。

その一つが「行き過ぎもまた相場」である。

 

堂島米市場跡記念碑
堂島米市場跡記念碑

日本は江戸時代の享保15年(1730年)に米市場である堂島米会所を開設し、現物取引に加えて世界で初めて先物取引を行った国だ。その歴史の中で様々な経験とノウハウを蓄え、予測が難しい相場との付き合い方に関して様々な格言を残している。

その一つに「行き過ぎもまた相場」がある。相場には勢いがあって実態よりも高くなったり、安くなったりし、ある銘柄の人気が過剰気味で価格が高くなりすぎれば、その後の反動も大きいことを教えている。小規模なバブルの形成と崩壊と言い換えてもよい。こうした「勢い」を見極める必要に関して何百年も前の相場師は気づいていたのだ。

このほかにも、「天井三日底百日」「もうはまだなり、まだはもうなり」「相場は相場に聞け」「見切り千両」など、興味深い教えには事欠かない。バブルの辛酸を知り、戒めを残してくれた先人に恥じぬようにしたい。 9月17日時事ドットコムニュース

 

booklet
「取引するのはたった1銘柄だけ!株価の予測なんて1mmもしない!1日5分の取引で年利100%を達成した『波乗り株トレード』」

 

16日(金)日経平均株価7日振り反騰した。

外資系証券寄り付き前注文動向550万株の売り越し、金額ベースでは小幅売り越しあった。

米国系ファンド売り越し欧州系ファンド売り越しあった。

ファンドの読みとは相違してザラ場では上昇している。

TYOも漸く陽転している。

後場引成6月27日152TYO売建玉1000株決済して7000円利確をした。

TYO145(+1)蛇の目541(-7)終値で引けた。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 16519.29 114.28

9月16日 (金) 4358 TYO 前日終値 144
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 145
6月17日 204 〇* -59
7月9日 196 〇* -51
7月26日 176 〇 -31
7月29日 164 〇 -19
8月12日 158 〇 -13
6月27日 152 × 7  後場引成決済
9月損益 0 含み損益 -166000 売1 ー 5買
 ↓  ↓  ↓
9月16日 (金) 4358 TYO 前日終値 144
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 145
6月17日 204 〇* -59
7月9日 196 〇* -51
7月26日 176 〇 -31
7月29日 164 〇 -19
8月12日 158 〇 -13
9月損益 7000 含み損益 -173000 売1 ー 5買


9月16日 (金) 6445 蛇の目 前日終値 54.8
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 54.1
9月24日 127 〇 -72.9
8月17日 108 〇
-53.9
4月6日 54.3 × 0.2
9月損益 0 含み損益 -126600 売1 ー 2買


今年度損益計
  TYO 86000
  蛇の目 3600

昨年度損益計
  TYO 170000
  蛇の目 -10600

 


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、〇は買建玉、〇*は現物株建玉の印で各1000株ずつになっています。

次の差益当日終値からの差益になっています。

9月損益は当月の差益です。含み損益残建玉損益計でマイナスがになっています。

 


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)