株式トレーダーの最大の懸念は何時暴落するかの心配が常にあるということである。

低位株・両建て投資法の最大のメリットはたとえ暴落しても下値が限定されているので市場から退場を余儀なくされることが滅多にないということである。

取引市場が好調な時こそ暴落の危険が増えていることを常に認識しておかなければならない。

暴落時のサインとして「ヒンデンブルグ・オーメン」というものがある。

1937年5月6日のヒンデンブルグ号爆発事故にちなんで名付けられたもので、株価大暴落の前兆、証券市場における呪いの指標といわれる。 フリー百科事典ウィキペディアより

 

%e3%83%92%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3

 

ヒンデンブルグ・オーメンの発生条件には諸説がありますが、直近では、以下の四つの条件が同じ日に起こった時に発生するとされています。 iFinanceより

1.ニューヨーク証券取引所(NYSE)での52週高値更新銘柄と52週安値更新銘柄の数が共にその日の値上がり・値下がり銘柄合計数の2.8%以上
2.NYSEインデックスの値が50営業日前を上回っている
3.短期的な騰勢を示すマクラレンオシレーターの値がマイナス
4.52週高値更新銘柄数が52週安値更新銘柄数の二倍を超えない

上記4条件が満たされると次のような事態が発生する確率が急増するといわれています。

・77%の確率で株価は5%以上下落する
・パニック売りとなる可能性は41%と算出されている
・重大なクラッシュとなる可能性は24%と算出されている

 

11月8日のアメリカ大統領選挙の結果によっては「ヒンデンブルグ・オーメン」がいつ点灯してもおかしくなくなるだろう。

 

 

 

先月地合は悪くなかったが含み損減少だけの成果であり、決済はなかった。

1日(火)日経平均株価は小幅反発した。

外資系証券寄り付き前注文動向190万株の買い越し、金額ベースでも 買い越しあった。

米国系ファンド売り越し欧州系ファンド買い越しあった。

TYO151(±0)蛇の目785(+9)終値で引け、決済は見送った。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 17442.40 17.38

11月1日 (火) 4358 TYO 前日終値 151
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 151
6月17日 204 〇* -53
7月9日 196 〇* -45
7月26日 176 〇 -25
7月29日 164 〇 -13
8月12日 158 〇 -7
9月20日 144 × -7
9月20日 144 〇 7
11月損益 0 含み損益 -143000 売1 ー 6買

 


11月1日 (火) 6445 蛇の目 前日終値 77.6
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 78.5
9月24日 127 〇* -48.5
8月17日 108 〇* -29.5
11月損益 0 含み損益 -78000 売0ー 2買

 


今年度損益計
  TYO 93000
  蛇の目 3700

昨年度損益計
  TYO 170000
  蛇の目 -10600

 


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、〇は買建玉、〇*は現物株建玉の印で各1000株ずつになっています。

次の差益当日終値からの差益になっています。

11月損益は当月の差益です。含み損益残建玉損益計でマイナスがになっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)