ジカ熱に揺れるブラジルで「妊婦の人工中絶」を認めるべきか議論が進んでいる。

カトリックの国であるブラジルでは中絶は原則禁止されており、合法化して中絶を認めるべきだとの声が上がり始めた。

ブラジリア連邦大細胞生物学部のレニジ・ガルシア教授(59)は「小頭症が中絶の対象になるのなら、ダウン症などの障害にも認めよという流れになるのは必然だ。ナチス・ドイツの優生思想に通ずる危険性をはらむ」 毎日新聞2016年2月6日 東京夕刊

との危惧が根強いのだが、たとえナチスに繋がるといえども、もう一度考え直して見なければならない。

事前に将来の危険が予測出来たのなら、不幸を避けようとする個人の意思は理性に基づく判断であり、障がい者への差別とは別次元の問題だ。

 

胎児
胎児にはどんな人生が待っているのか。

 

堕胎を試みた妊婦が、当局に通報され有罪となれば、中絶手術をしたり、流産を起こす薬を処方した医師と妊婦は1〜4年の懲役刑が申し渡される。

しかし、国は経済的な面倒を永遠には見てはくれないし、ハンディを抱えた個人がいつまでも働けるわけではないのだ。

今こそ、中絶の議論を深めて、宗教的な呪縛から解放されようではないか。

 

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 16819.59 -225.40

2月5日 (金) 4358 TYO 前日終値 172
日付 約定株価 状態 差益 当日指値 171
6月17日 204 ○ -33
2月3日 177 × 6    9:37返済決済
7月9日 196 ○
-25
2月損益 5000 含み損益 -52000 売1 ー 2買
  ↓  ↓  ↓
2月5日 (金) 4358 TYO 前日終値 172
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 170
6月17日 204 ○* -34
7月9日 196 ○* -26
2月損益 11000 含み損益 -60000 売0 ー 2買


2月5日 (金) 6445 蛇の目 前日終値 62.3
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 61.7
8月17日 108 ○ -46.3
1月21日 60.5 × -1.2
9月24日 127 ○
-65.3
2月損益 0 含み損益 -112800 売1 ー 2買


今年度損益計
  TYO 16000
  蛇の目 0

昨年度損益計
  TYO 170000
  蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、○は買建玉、○*は現物株建玉の印で各1000株ずつになっています。

次の差益当日終値からの差益になっています。

2月損益は当月の差益です。含み損益残建玉損益計でマイナスがになっています。

あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)