ECB(ヨーロッパ中央銀行)ドラギ総裁が21日の理事会後の記者会見で、追加の金融緩和に踏み切る可能性を示唆したことなどから、買い戻しの動きが広がり、22日の東京株式市場全面高となった。

 

ECBドラギ総裁
ECBドラギ総裁は金融緩和を示唆

 

上げ幅は、昨日より941.27円高く、9月9日以来4ヶ月半ぶりの大きさだった。

日銀1月28日・29日金融政策決定会合追加緩和に踏み切り、2014年10月以来となる年間80兆円規模国債購入増額するとの見込みである。

まさにジェットコースター相場とはよく言ったもので、投資家の心理を言い得て妙である。

アベノミクスが正念場に差しかかっている今春だけに、善悪を別にしても、直ぐに結果がでる株式相場だけでも安定上昇基調の波に乗せるには、安値下限に達している今が絶好の機会となるだろう。

 

 

さて、本日米国株上昇しており、円安に振れているのが寄り付き前から分かっていたのと、昨日大幅下げ幅から、反転上昇は分かっていたが、これほど大きな上げ幅になるとは驚いた。

TYO182(+6)、蛇の目624(+35終値で引け、決済は見送った。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 16958.53 941.27

1月22日 (金) 4358 TYO 前日終値 176
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 182
6月17日 204 ○* -22
8月9日 183 × 1
7月9日 196 ○* -14
1月損益 11000 含み損益 -35000 売1 ー 2買


1月22日 (金) 6445 蛇の目 前日終値 58.9
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 62.4
8月17日 108 ○* -45.6
1月21日 60.5 × -1.9
9月24日 127 ○* -64.6
1月損益 0 含み損益 -112100 売1 ー 2買


今年度損益計
  TYO 0
  蛇の目 0

昨年度損益計
  TYO 170000
  蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、○は買建玉、○*は現物株建玉の印で各1000株ずつになっています。

次の差益当日終値からの差益になっています。

1月損益は当月の差益です。含み損益残建玉損益計でマイナスがになっています。

あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)