小林悠TBS元アナウンサーが自分が「適応障害」であったことを3月16日発売の週刊文春で初めて公表した。

 

小林悠元アナウンサー
小林悠TBS元アナウンサー

 

小林悠TBS元アナが初告白「私は適応障害でした」

「TBSを退社後、いっさいメディアに出るつもりはありませんでした。もう静かに暮らせると思っていたのですが、あまりにも事実とかけ離れた報道が溢れています……」

3月4日にTBSを電撃退社して以来、沈黙を貫いていた元アナウンサーの小林悠氏(30)が、3月16日発売の「週刊文春」で初めてメディアに口を開いた。

小林氏がTBS上層部から「NEWS23」キャスターへの出演の打診を受けたのは、今年1月のことだった。

「当時の私は、心身ともに臨界点を超えていました。でも、自分が疲弊しているとか、周囲には言えなかった。そういう素振りを見せることも失礼ではないかと思っていました」

小林氏の「NEWS23」キャスター就任が発表されたのは1月26日。だがその6日後、「週刊ポスト」で元実業家A氏(39)との交際が報じられると、彼女は急速に追い詰められていく。「スポニチ」はA氏には「結婚している女性がいたかもしれない」等と報じた。小林氏の異変に真っ先に気が付き、支えたのはA氏だった。現在A氏は独身であり、「大切な人」だと小林氏は明かす。

「彼のすすめで2月10日に心療内科に行ったところ、『適応障害』と診断されました。そこで初めて自分が病気だと気が付きました」

取材に同行した弁護士に助けられながら、小林氏は「最後に真実を明かしたい」と言葉を紡いだ。

 

適応障害」という言葉は分かったようで分からない医学用語である。

いずれもストレスを原因としていることは理解出来るのだが、比較的軽い症状だと「自律神経失調症」、ひどくなると胃潰瘍など身体に悪影響を与える「心身症」を、さらに酷い場合は「うつ病」を発症する。

適応障害」の発症は通常生活の変化やストレス性の出来事が生じて1カ月以内であり、ストレスが終結してから6カ月以上症状が持続することはないという。

適応障害」と診断されても、5年後には40%以上の人が「うつ病」などの診断名に変更されていることから、重篤な病気の前期症状である可能性もあり、要注意の診断名なのだ。

元々この精神症状は真面目で神経質な日本人に典型的に現われるらしく、皇太子妃雅子様が長年患われていることで知られている。

小林アナウンサーは私もファンなので、暫く仕事を離れて体を休めてから、フリーになってカムバックすることを希望している。

 

 

さて、本日の日経平均株価は昨日の反動で少し反落して引けた。

TYO165(+2)、蛇の目65.4(-12)終値で引け、決済は見送った。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 17117.07 -116.68

3月15日 (火) 4358 TYO 前日終値 163
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 165
6月17日 204 ○* -39
3月14日 160 × -5
7月9日 196 ○* -31
3月損益 3000 含み損益 -75000 売1 ー 2買


3月15日 (火) 6445 蛇の目 前日終値 66.6
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 65.4
8月17日 108 ○* -42.6
1月21日 60.5 × -4.9
9月24日 127 ○* -61.6
3月損益 0 含み損益 -109100 売1 ー 2買


今年度損益計
  TYO 42000
  蛇の目 0

昨年度損益計
  TYO 170000
  蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、○は買建玉、○*は現物株建玉の印で各1000株ずつになっています。

次の差益当日終値からの差益になっています。

3月損益は当月の差益です。含み損益残建玉損益計でマイナスがになっています。

 

あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)