破竹の勢いのビットコインはバブルなのか

129PV

トレードブログ 政治経済 相場環境 社会

5000ドル突破したビットコイン、破竹の勢い-次に目指すは1万ドルか

Photographer: Chris Ratcliffe
  • 昨年12月は1000ドル未満だったビットコインの価格、今や5倍以上
  • ひとたび5000ドルを超えれば、その先は天井知らずとの見方も

仮想通貨ビットコインが12日に5000ドルを突破した。これはバブルなのか、それとも上昇は始まったばかりなのか。

昨年12月には1000ドル未満だったビットコインはその後、規制強化や基盤のブロックチェーンの分裂、JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)の「詐欺」批判などにもかかわらず上昇し、価格は今や5倍以上になった。

仮想通貨取引プラットフォーム、イートロのマネジングディレクター、イクバル・ガンダム氏は「この最高値は素晴らしい節目で、ビットコインとそれを支えるテクノロジーの将来に対する市場の信頼の表れだ」と話し、「今後も次々と新たな節目をクリアしていくだろう」と興奮気味だ。

以下省略

 

投資家の心配はビットコインの際限の無い上昇トレンドはバブルを意味しているのかという点であるに違いない。

ビットコイン相場がバブルとは全く違うことは次の事実を明らかにすれば足りるのではないだろうか。

  1. 市場規模
  2. 通貨としての保証
  3. インフレ政策とは無縁

まず、1.についてだが、現在時価総額で約10兆4千4百億円程度あり(リアルタイム仮想通貨総額ランキングベスト10)、東証一部上場株式時価総額641兆5,072億円(国内の株式指標)に比べても1.5%程度でしかない。
個別銘柄と比較すれば9437 NTTドコモ(時価総額上位ランキング)の10兆2168億5506万円と匹敵するレベルである。

次に2.についてだが、円やドルは銀行の大元である各国の中央銀行が保証している。日本では日銀が該当しており、国が保証しているのと同等であるから安心して利用できるが、元をただせば紙幣はただの紙ぺらに過ぎない。
片やビットコインは国境を越えた分散型台帳技術で管理されており、世界中の利用者が相互保証しているので、一気に無価値に落とすことは中国でさえ出来なかった。

最後に日銀紙幣では政府の経済政策に基づいて紙幣数が増減されるので、発行数が過剰になれば通常はインフレーションを引き起こして円安要因となるが、ビットコインでは最大発行数がおおよそ2100万BTCに限定されておりインフレ要因とはならない。

補足になるが、ビットコイン以外にも千を超える種類のアルトコインと呼ばれる仮想通貨が発行されている。
しかしイーサリアム(ETH)リップル(XRP)などの時価総額が1兆円を超えるものを除いては、無価値で詐欺同然のものが大半であり自然淘汰される運命にある。

紙で出来た貨幣から暗号通貨へと時代は大きく変わろうとしている。

政府が信頼されない小国の通貨であれば極端な暴落をして、文字通りの紙屑となる場合もあるが、ビットコインは暴落をしようにも出来ないくらいに規模が拡大しており、政府の信頼とは無関係に時価総額を増大させつつある。

おそらく東証一部上場企業の時価総額程度までは拡大を見込めるので、まだまだ数十倍の伸びしろを抱えているとみて間違いないだろう。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

 

10月13日(金)日経平均株価日足チャート上下にヒゲを伴う「小陽線をつくり続伸した。

寄り付き後しばらく利益確定売り優勢であったが、後場21年ぶり2万1000円台回復した。

 

日経平均株価日足チャート2017年10月13日(金)

 

外資系寄付き前注文動向売り450万株買い1050万株、差し引き600万株買い越し金額ベースでは 小幅買い越しで、米国系ファンド買い越し 、欧州系ファンド買い越しだった。

 

AOI TYO HD上下にヒゲを伴う「短陽線をつくり続落した。

出来高132500株前日より増加している。

 

AOI TYO HD日足チャート2017年10月13日(金)

 

蛇の目上ヒゲを伴う「小陽線をつくり続落した。

出来高32700株前日より漸減している。

 

蛇の目日足チャート2017年10月13日(金)

 

4月18日 793てたAOI TYO HD売建玉来週火曜日決済期限えるため、マイナス377で痛かったが37700後場引成返済買決済損切をした。

AOI TYO HD1170(-21)蛇の目774(-3)終値けている。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近トレード結果配置表下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 21155.18 200.46

10月13日 (金) 3975 AOI TYO HD 前日終値 1191
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 1170
1月4日 1113 〇* 205      360株 現物株
(TYO2000株 ⇒ AOI TYO HD 360株)
8月9日 1111 〇 59      100株
9月14日 1144 〇 26      100株
9月20日 1190 × 20      100株
9月20日 1190 〇 -20      100株
4月18日 793 × -377      100株 後場引成返済買決済
10月損益 -73000 含み損益 -8680  売2ー 6.6買
 ⇓  ⇓  ⇓
10月13日 (金) 3975 AOI TYO HD 前日終値 1191
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 1170
1月4日 1113 〇* 205      360株 現物株
(TYO2000株 ⇒ AOI TYO HD 360株)
8月9日 1111 〇 59      100株
9月14日 1144 〇 26      100株
9月20日 1190 × 20      100株
9月20日 1190 〇 -20      100株
10月損益 -110700 含み損益 29020  売1ー 6.6買

 


10月13日 (金) 6445 蛇の目 前日終値 777 
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 774 
9月24日 1270 〇* -496     100株 現物株
8月17日 1080 〇* -306     100株 現物株
9月14日 764 〇 10      100株
6月5日 929 〇 -155      100株
10月損益 -11200 含み損益 -94700 売0ー 4買


今年度損益計
  AOI TYO HD 107000
  蛇の目 18600

前年度損益計
  TYO 36000
  蛇の目 3700

前々年度損益計
  TYO 170000
  蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、〇は買建玉、〇*は現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益当日終値からの差益になっています。

10月損益は当月の差益です。含み損益残建玉損益計でマイナスがになっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)

コメントを残す

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。