平均年収の違いを調べてみたら愕然とした。

簡単に分かるように業種を、最近話題になっている介護福祉関連と医療関連に絞って考えてみた。

介護福祉関連ではケアマネージャーなどの国家試験が必要とされており、介護保険等が適用されていて、必要経費は顧客及び介護保険税から補填されている。

かたや医療関連では医師や看護師などの国家試験が必要とされており、健康保険が適用されていて、必要経費は同じく顧客及び健康保険税から補填されている。

実に良く似た業態構造になっているが、平均年収では介護福祉関連がケアマネージャーで年収250万円から350万円未満に対して、医師は話の外なので考えないとして、看護師の平均年収が473万円とかなり開きがある。

 

福祉施設介護員の年収
福祉施設介護員の年収

 

昔、日本が高度経済成長期に入る前の頃は、貧乏で学校へも行けない家は、バスガイドか看護婦にさせるという時代もあったが、今や国際化の波で多国語を操るバスガイドが活躍し、看護婦も男女雇用機会均等法とかのおかげで看護師と名称変更している。

この年収格差が生じるのが需要と供給の関係で決まるのなら労働市場のせいにすればいいのだが、市場は需要過多で普通なら供給側の賃金は高騰するはずだ。

要するに健康保険税に比べて介護保険税が政策的に差別を受けていることになる。

日本医師会や日本看護協会などの強力な圧力団体の力が働いて高収入に繋げているのに、介護福祉関連の業種は歴史も浅く、まだ圧力団体が機能していない証明になるのだろうか。

また、最近流行りのMBAなどを取得していれば、外資系コンサルティング会社のボストンコンサルティング(BCG)やローランドベルガーは年俸制で、正社員の年収は30代で1,000万円超が当たり前ということだが、これは比較の外か。

 

 

さて、本日の日経平均株価反発した。

為替相場円高に一服感が出て下支えした。

TYO164(±0)、蛇の目580(+22)終値で引け、決済は見送った。

 

低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 15928.79 177.66

4月12日 (火) 4358 TYO 前日終値 164
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 164
6月17日 204 ○* -40
3月29日 165 × 0.6
3月14日 160 × -4
7月9日 196 ○* -32
4月損益 2000 含み損益 -75400 売1.6 ー 2買


4月12日 (火) 6445 蛇の目 前日終値 55.8
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 58.0
8月17日 108 ○* -50
1月21日 60.5 × 2.5
4月6日 54.3 × -3.7
9月24日 127 ○* -69
4月損益 0 含み損益 -120200 売2 ー 2買


今年度損益計
TYO 45000

  蛇の目 0

昨年度損益計
TYO 170000

  蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、○は買建玉、○*は現物株建玉の印で各1000株ずつになっています。

次の差益当日終値からの差益になっています。

4月損益は当月の差益です。含み損益残建玉損益計でマイナスがになっています。

 

あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)