日本近海で相次ぐイージス艦事故から検証する「中国のサイバー攻撃説」

2017年09月11日

増長する中国海軍への対応、そして北朝鮮有事への対処など、米海軍太平洋艦隊はまさにフル稼働状態。そんななか相次いだイージス艦の事故は大きな痛手だ

「サイバー侵入やサイバー妨害の可能性を示す手がかりは今のところ存在しない。しかし、事故調査はすべての可能性について行なう」

8月21日、米海軍太平洋艦隊・第7艦隊のイージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」がシンガポール沖でリベリア船籍のタンカーと衝突し、イージス艦の乗組員15人が死傷する事故が発生した。冒頭のコメントは、事故の直後に米海軍作戦部長のリチャードソン大将が発したツイートの要約だ。

メディアなど外部の人間ならまだしも、海軍の幹部がいきなり「サイバー攻撃の可能性」に言及するとは穏やかではない。その理由を米国防系シンクタンクで海軍戦略アドバイザーを務める北村 淳(じゅん)氏が解説する。

「今年に入って太平洋艦隊では所属艦の事故が相次いでおり、基本的には艦隊内での人的・組織的な問題に起因するものだと見られています。しかし、それにしても事故が多すぎる、しかも海域や艦艇の種類が偏りすぎているとの指摘もあり、海軍内部も含めた専門家やメディアの中から、サイバー攻撃の可能性に関する議論が出てきたのです」

今回の事故以外に、今年に入ってから太平洋艦隊で起きた事故は以下のとおり。

●1月、第7艦隊のイージス巡洋艦「アンティータム」が母港・横須賀沖で浅瀬に乗り上げ、スクリューを損傷。

●5月、日本海の朝鮮半島東岸沖で、第3艦隊のイージス巡洋艦「レイク・シャンプレイン」が韓国漁船と衝突。

●6月、第7艦隊のイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」が、伊豆半島石廊崎(いろうざき)沖の航路でフィリピン船籍のコンテナ船と衝突。イージス艦の乗組員7人が死亡。

このように、いずれも太平洋西部、それもすべてイージス艦の事故なのだ。

以下省略

 

偶然が重なれば必然になると言われている。

イージス艦と言えば米国海軍の頭脳であり、エリート部隊であるから乗組員も選りすぐられた精鋭で構成されているはずだ。

それがこの半年間で3度も事故に見舞われている。

原因は浅瀬に乗り上げたり、漁船と衝突したり、あるいはコンテナ船と衝突したりというイージーミスによるものなのだ。

小学生レベルの安易なミスが海軍のエリート部隊で半年間に3度も発生するものだろうか。

しかも、海域は東アジアだけで発生しており、たまたま艦艇の種類もイージス艦へと偏っていることから、中国によるサイバー攻撃の可能性を疑うのは自然である。

当該イージス艦の艦長他担当責任者への処分は必至だが、米国海軍といえどもサイバー攻撃への防御が不十分の可能性が消え去らず、北朝鮮の暴発が懸念されている折に薄ら寒ささえ感じてしまうのだ。

 

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

 

9月11日(月)日経平均株価日足チャート上下にヒゲを伴う「小陽線をつくり反発した。

北朝鮮建国記念日ミサイル発射などの軍事的威嚇行動警戒されていたが、無難に過ぎており、寄り付き前から買い先行していて、終始株価水準切り上げる展開えた。

 

日経平均株価日足チャート2017年9月11日(月)

 

外資系寄付き前注文動向売り1030万株買い1450万株、差し引き420万株買い越し金額ベースでは買い越しで、米国系ファンド買い越し 、欧州系ファンド買い越しだった。

 

AOI TYO HD上ヒゲを伴う「中陽線をつくり続伸した。

出来高111000株先週末より漸増している。

 

AOI TYO HD日足チャート2017年9月11日(月)

 

蛇の目上下にヒゲを伴う「小陰線をつくりうじて終値反転した。

出来高27400株先週末より半減している。

 

蛇の目日足チャート2017年9月11日(月)

 

AOI TYO HD1108(+38)蛇の目761(+2)終値け、決済見送った。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近トレード結果配置表下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 19545.77 270.95

9月11日 (月) 3975 AOI TYO HD 前日終値 1070
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 1108
1月4日 1113 〇* -18      360株 現物株
(TYO2000株 ⇒ AOI TYO HD 360株)
7月3日 1065 〇 43      100株
6月26日 1090 〇 18      100株
7月7日 1098 〇 10      100株
8月9日 1111 〇 -3      100株
4月13日 779 × -329      100株
4月14日 780 × -328      100株
4月18日 793 × -315      100株
9月損益 0 含み損益 -92200  売3ー 7.6買


9月11日 (月) 6445 蛇の目 前日終値 759 
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 761 
9月24日 1270 〇* -509     100株 現物株
8月17日 1080 〇* -319     100株 現物株
3月17日 818 〇 -57      100株
6月5日 929 〇 -168      100株
4月6日 737 × -24      100株
4月12日 724 × -37      100株
9月損益 0 含み損益 -111400 売2ー 4買


今年度損益計
  AOI TYO HD 90300
  蛇の目 23300

前年度損益計
  TYO 36000
  蛇の目 3700

前々年度損益計
  TYO 170000
  蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、〇は買建玉、〇*は現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益当日終値からの差益になっています。

9月損益は当月の差益です。含み損益残建玉損益計でマイナスがになっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)