舛添要一都知事の首がついに落とされそうである。

5月20日(金)発売の週刊文春では、追及第3弾と銘打って、さらに都知事を追い詰めるようだ。

独走第3弾

都知事選中に政党交付金を自分の資金管理団体に

舛添
「汚れた都知事選」
四百万円ネコババ
疑惑

▼日光温泉旅館「プライベートで宿泊8万円」も政治資金
▼自宅兼事務所 家賃毎月44万円・総額3500万円以上が懐に
▼国会議員パスがあるのに新幹線チケット二重取り
元会計責任者「舛添家の家計簿もつけさせられていた」
▼個人事務所社長の妻は聖心卒で舛添氏の“追っかけ”
--週刊文春WEB--

上記は週刊文春のWEB版に掲載された目次の一部であるが、確実に舛添要一氏の息の根を止めただろう。

勧善懲悪の筋書きを見せられているようだが、何かスッキリしないものを感じる。

「舛添&在日」でネット検索をして見て驚いた。

テレビで自分は在日朝鮮人と暴露していた舛添都知事
1989年の「朝まで生テレビ」で、舛添都知事自ら自身が在日朝鮮人だと告白していたそうです。

終わりは大抵が「在日」のレッテルを貼られる。

強引に政治資金規正法違反容疑での舛添氏の逮捕まで追及の矛先が収まることはなく、誰かが裏で糸を引いているような気がしてならない。

 

落ち込んだ都知事
落ち込んだ都知事

 

猪瀬前都知事の徳洲会資金問題から始まって、東京オリンピックのエンブレム騒動、新国立競技場の建設問題、パナマ文書漏洩、オリンピック招致委員会による巨額賄賂事件、そして知事の海外出張時に高額宿泊費を使用したことから始まった一連の舛添騒動。

偶然が重なったものとは思うが共通のキーワードを上げるなら「東京オリンピック」と「電通」である。

 

電通への疑惑
電通への疑惑

 

言葉には表せないアンチ電通の動きが東京オリンピックを契機に噴出して来ている。

マスメディアに甚大な影響力を持つ大手広告代理店への反感が底辺に存在しており、都民の意識までも変えようとしているわけだが、都知事選の費用だけで50億円近くはかかる。

舛添さんもサッサと辞めて、参院選での同日選挙に持ち込めば、せめて費用の総額を抑えられるんだが・・・

 

 

 

さて、本日の日経平均株価は小口ながら反転して引けた。

短期線中期線長期線とも嵐の前の静けさという具合に収束しており、今後の展開が注目される。

TYO169(+2)、蛇の目602(+8)終値で引け、決済は見送った。

 

低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 16646.66 1.97

5月19日 (木) 4358 TYO 前日終値 167
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 169
6月17日 204 ○* -35
3月29日 165 × -2.4
3月14日 160 × -9
4月28日 169 〇 0
4月28日 169 × 0
7月9日 196 ○* -27
5月損益 0 含み損益 -73400 売2.6 ー 3買


5月19日 (木) 6445 蛇の目 前日終値 59.4
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 60.2
8月17日 108 ○* -47.8
1月21日 60.5 × 0.3
4月6日 54.3 × -5.9
9月24日 127 ○* -66.8
5月損益 0 含み損益 -120200 売2 ー 2買


今年度損益計
  TYO 47000
  蛇の目 0

昨年度損益計
  TYO 170000
  蛇の目 -10600

 


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、○は買建玉、○*は現物株建玉の印で各1000株ずつになっています。

次の差益当日終値からの差益になっています。

5月損益は当月の差益です。含み損益残建玉損益計でマイナスがになっています。

 

あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)