昨年アメリカとの国交が正常化されてから日本人にとってもキューバが随分と身近になった。

キューバといえば中米にある島国で、フィデル・カストロやチェ・ゲバラなどによってバティスタ政権を倒した反米の共産主義独裁政権というイメージしかなかく、日本からはずいぶんと遠い国に見えた。

一昔前に勝新太郎がキューバでずいぶんと人気者になっていたことがある。

 

勝新太郎の座頭市
勝新太郎の座頭市

 

反米ということもあって、あちらでのヒーロー像が西部劇のイケメン白人ではなくて、めくらで大酒のみの、どちらかといえばデブな「座頭市」だということに、共産主義には無い人間くささを感じたものだ。

そんな国に移民として入植して、カストロ首相からも友と呼ばれた日本人がいた。

竹内憲治氏である。

 

「花と革命」の竹内憲治
「花と革命」の竹内憲治

 

キューバが愛した日本人 〜向井理、最後の楽園へ〜 2016.02.07

上記のタイトルで日本テレビの番組放映がされた。

向井理のしゃれた現地レポートであり、竹内憲治氏の足跡を辿ったドキュメンタリー風に仕上がっている。

園芸の専門家として頭角をあらわしたが、第二次世界大戦中には当時アメリカの影響下にあったキューバでは敵性国人として収容所に拘束されて無一文となったあと、再度園芸家としてカストロ首相にも認められた。

竹内憲治氏の著作がある。

花と革命―キューバ革命を生きた日本人園芸家の手記 (1977年)

「素朴さ、根性、繊細な感情、勤勉といった祖国日本の最も優れた美徳を兼ね備えていたが、爾来それらのすべてを帰化した我が国への奉仕として捧げた」
カストロ首相が「亡き友」と呼んで捧げた言葉である。

 

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 16819.59 -225.40

2月5日 (金) 4358 TYO 前日終値 172
日付 約定株価 状態 差益 当日指値 171
6月17日 204 ○ -33
2月3日 177 × 6    9:37返済決済
7月9日 196 ○
-25
2月損益 5000 含み損益 -52000 売1 ー 2買
  ↓  ↓  ↓
2月5日 (金) 4358 TYO 前日終値 172
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 170
6月17日 204 ○* -34
7月9日 196 ○* -26
2月損益 11000 含み損益 -60000 売0 ー 2買


2月5日 (金) 6445 蛇の目 前日終値 62.3
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 61.7
8月17日 108 ○ -46.3
1月21日 60.5 × -1.2
9月24日 127 ○
-65.3
2月損益 0 含み損益 -112800 売1 ー 2買


今年度損益計
  TYO 16000
  蛇の目 0

昨年度損益計
  TYO 170000
  蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、○は買建玉、○*は現物株建玉の印で各1000株ずつになっています。

次の差益当日終値からの差益になっています。

2月損益は当月の差益です。含み損益残建玉損益計でマイナスがになっています。

あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)