ノーベル賞受賞者が語る老化を遅らせる方法

2018年01月03日 13:32

ノーベル賞受賞者の生物学者、エリザベス・ブラックバーン氏が、老化を遅らせる5つの簡単な方法を紹介した。ビジネスや技術ニュースの専門ウェブサイト「ビジネスインサイダー」に掲載された。

スプートニク日本

ブラックバーン氏は、老化は染色体の末端(テロメア)領域が短くなったためであるとする老化理論に関する自身の研究に基づき、老化を遅らせる5つの方法を挙げた。

1. ストレスに対処する

ブラックバーン氏は自身の研究で、自閉症やその他の慢性疾患を持つ子どもを育てる母親の行動を調査した。結果、よりストレスに強い女性たちは、テロメアが短くなるスピードがはるかにゆっくりであることがわかった。

2. 瞑想する

ブラックバーン氏のデータによると、2カ月間にわたって1日12分ずつ瞑想した人たちは、テロメアの変化を遅らせることができた。

3. お隣さんとのコミュニケーションを増やす

軽蔑、いじめ、差別などはあなたのテロメアに影響を及ぼし、悪い影響が長期間続く恐れがある。

4. 結婚し、一生涯の友をつくる

2013年に実施された調査では、65歳から74歳までの既婚者298人がより長いテロメアを持っていた。長年の友情はテロメアの健康にも役立つ。

5. お金を稼ぐ

研究では、収入の高い人はテロメアもしばしばより長いことがわかった。これはお金を稼ぐことである種のストレスが取り除かれることと関係しているのかもしれない。

「テロメア」という染色体の末端領域が短くなることが老化へと繋がるので、長いままに保つ方法を5点にまとめて紹介された。

読んでみて驚いたことに、なんとトレーダーならば全てに当てはまることが判明した。

まず、「1. ストレスに対処する」だが、適当なトレーディングをすることによって、適度なストレスを与えてもらえるので、「負けないトレード」は一番の「1. ストレスに対処する」方法になる。

次に、「2. 瞑想する」だが、価格が上がるか下がるかなどはなかなか分からないもので、ザラ場に一日中張り付いている必要などは無く、大引けの10分位前に多少の瞑想をすれば足りるという我が「投資法」のことではないかと確信を抱かせる。

さらに、「3. お隣さんとのコミュニケーションを増やす」ではSNSなどで同好の士を募って、互いに切磋琢磨しているから当然該当する。

また、「4. 結婚し、一生涯の友をつくる」は結婚後まだ離婚した経験がなく、たぶん当てはまりそうだ。

最後に、「5. お金を稼ぐ」のは謂わばトレーダーにとっては目標のようなものであるから当然といえば当然である。

いつまでも若くいるための秘訣としてトレードをやってみてはいかが。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で



株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)