レーザーでミサイル迎撃、発射直後に照射し破壊

2017年09月03日

北朝鮮による核・ミサイル開発の進展を受け、政府が弾道ミサイル迎撃のための新システムの開発を検討していることがわかった。

高出力レーザーを発射直後の弾道ミサイルに照射し、無力化・破壊する。北朝鮮が現在の装備では迎撃が難しい「ロフテッド軌道」での発射を繰り返しているため、新技術で対応する方針だ。

開発を目指すのは、弾道ミサイルが発射された直後の「ブースト段階」と呼ばれる時点で、航空機や艦船などから高出力レーザーを照射し、熱によってミサイルを変形させる技術。迎撃ミサイルに比べて安価で、実現すればロフテッド軌道だけでなく、多数の弾道ミサイル発射にも対処が可能になる。

防衛省は2018年度概算要求に、迫撃砲弾や小型無人機などを迎撃対象とする、高出力レーザーシステムの研究費として、87億円を計上した。

YOMIURI ONLINEより~

 

レーザーガンによりミサイルを撃墜するという構想は、戦術高エネルギーレーザー (THEL: Tactical High-Energy Laser)と呼ばれ、米国とイスラエルが共同で開発している対空レーザー兵器にあたる。

しかし、ドローン等の小型飛翔体程度ならば撃墜可能だが、本格的弾道ミサイルを標的にして成功したとは聞いていない。

あるいは既に完成しているのかも知れないが、軍事情報のため極秘扱いとなっているから詳細は不明である。

北朝鮮からのミサイル襲来という事態が現実のものとなっているおり、現時点で日本の空を完璧に防衛するためにはレーザーガンの早期実用化以外に方法は無い。

防衛省が来年度概算要求で高出力レーザーシステムの研究費として87億円を計上しているが、是非とも認めて欲しい。

泥縄式で実に日本らしいが、レーザーガンは専守防衛にもっとも適った防衛手段と言えるから、野党も本格的な研究開発に反対はしないだろう。

 

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

 

9月4日(月)日経平均株価日足チャート上下にヒゲを伴う「中陰線をつくり4営業日振りに反落した。

3日北朝鮮核実験強行したことによる地政学リスク表面化したものである。

 

日経平均株価日足チャート2017年9月4日(月)

 

外資系寄付き前注文動向売り760万株買い570万株、差し引き190万株売り越し金額ベースでは小幅買い越しで、米国系ファンド売り越し 欧州系ファンド売り買い均衡だった。

 

AOI TYO HD下ヒゲを伴う「小陰線をつくり下落した。

出来高54100株前日より漸増している。

 

AOI TYO HD日足チャート2017年9月4日(月)

 

蛇の目上下にヒゲを伴う「小陰線をつくり反落した。

出来高78300株前日より増加している。

 

蛇の目日足チャート2017年9月4日(月 )

 

AOI TYO HD1048(-9)蛇の目763(-16)終値け、決済見送った。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近トレード結果配置表下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 19508.25 -183.22

9月4日 (月) 3975 AOI TYO HD 前日終値 1057
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 1048
1月4日 1113 〇* -234      360株 現物株
(TYO2000株 ⇒ AOI TYO HD 360株)
7月3日 1065 〇 -17      100株
6月26日 1090 〇 -42      100株
7月7日 1098 〇 -50      100株
8月9日 1111 〇 -63      100株
4月13日 779 × -269      100株
4月14日 780 × -268      100株
4月18日 793 × -255      100株
9月損益 0 含み損益 -119800  売3ー 7.6買


9月4日 (月) 6445 蛇の目 前日終値 779 
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 763 
9月24日 1270 〇* -507     100株 現物株
8月17日 1080 〇* -317     100株 現物株
3月17日 818 〇 -55      100株
6月5日 929 〇 -166      100株
4月6日 737 × -26      100株
4月12日 724 × -39      100株
9月損益 0 含み損益 -111000 売2ー 4買


今年度損益計
  AOI TYO HD 90300
  蛇の目 23300

前年度損益計
  TYO 36000
  蛇の目 3700

前々年度損益計
  TYO 170000
  蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、〇は買建玉、〇*は現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益当日終値からの差益になっています。

9月損益は当月の差益です。含み損益残建玉損益計でマイナスがになっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)