今月23日に迫った英国のEU離脱是非を問う国民投票の結果が「EU残留」となることを予想したミセス・ワタナベのポンド買いが進んでいるとのこと。

 

ミセス・ワタナベ
Mrs.Watanabe ファミリーレストランの店内で昼休み時間を利用し、携帯電話でFXを行う主婦。

 

ミセスワタナベがポンド逆張り、英離脱ならドル/円下落加速も

[東京 17日 ロイター] – 日本の個人投資家「ミセスワタナベ」が、ポンド/円GBPJPY=Rを買い増している。英国の欧州連合(EU)残留を見込んだ得意の逆張りだ。しかし、予想に反し離脱となれば、流動性が乏しい同通貨ペアは急落しかねない。FX(外国為替証拠金)の強制ロスカットが生じれば、ドル/円JPY=EBSの下落を加速させる可能性があると警戒されている。

[iFinance 英語名: Mrs.Watanabe 分類: 外貨投資|外国為替市場] – ミセス・ワタナベは、外国為替市場で主に使われる用語で、日本の個人投資家(特に主婦の投資家など)のことをいいます。これは、日本の個人投資家の中で、資産運用に対する専門知識やノウハウなどを特に持たない主婦層に代表される「素人投資家」のことを指し、2000年代半ばの外国為替証拠金取引(FX)が円安でブームだった頃に、その存在感がマーケットでも注目され、本呼称が使われるようになりました(家庭の主婦までもが、為替取引をしていたことに驚いた海外メディアが使用)。

リーマンショックで一旦は市場から姿を消していたが、アベノミクスによって再び頭を持ち上げて来ている。

主婦層だけではなく全ての日本人個人投資家を指している象徴的な言葉であって、英国の金融市場(シティー)で、小口の個人投資家を「アガサおばさん(Aunt Agathas)」と呼ぶことに対する日本版的な色合いらしい。

しかし英国の予想オッズが反映する残留確率はここのところ減少しており、一時離脱派が逆転している。

全く予断を許さない現況にあり、24日にはミセス・ワタナベの泣き顔が見られるかも知れない。

 

低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

 

*日経平均株価 15599.66 165.52

6月17日 (金) 4358 TYO 前日終値 158
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 160
6月17日 204 〇* -44
3月14日 160 × 0
4月28日 169 〇 -9
7月9日 196 〇* -36
6月損益 7000 含み損益 -89000 売1 ー 3買


6月17日 (金) 6445 蛇の目 前日終値 56.4
日付 約定株価 状態 差益 当日始値 56.9
8月17日 108 〇 -51.1
1月21日 60.5 × 3.6  始値成行返済決済
4月6日 54.3 × -2.6
9月24日 127 〇
-70.1
6月損益 0 含み損益 -120200 売2 ー 2買
  ↓  ↓  ↓
6月17日 (金) 6445 蛇の目 前日終値 56.4
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 58.0
8月17日 108 〇 -50
4月6日 54.3 × -3.7
9月24日 127 〇
-69
6月損益 3600 含み損益 -122700 売1 ー 2買


今年度損益計
  TYO 47000
  蛇の目 0

昨年度損益計
  TYO 170000
  蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、〇は買建玉、〇*は現物株建玉の印で各1000株ずつになっています。

次の差益当日終値からの差益になっています。

6月損益は当月の差益です。含み損益残建玉損益計でマイナスがになっています。

 

あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)