世の中には無駄だと分かっていてもなかなか習慣で止められないことが多くある。

節約」は美徳だが、度を越えると余り誉められないことになる。

例えばうちの女房殿だが、家計の状態とは無関係に何でも節約しないと気が済まない性格なのだ。

一番顕著に現われて来るのが水道・光熱費に括られる項目だ。

エアコンでもガス風呂でも大抵はリモコンが付いているが、洗いまて(栃木県の方言である)が終わったり、風呂から上がったりしたあとは必ず電源を切っておかないと落ち着かないらしいのである。

「ガスのリモコンのスイッチは昔みたいにタネビなんか付いていないんだからガス代が変わるわけではないし、電気を何度も切るとシステム毎入れ替えなくてはならなくなって20万円くらいの出費になるんだよ。付けっ放しでも大した電気代にはならないから・・・」とブツブツと抗議の声を上げても無駄である。

 

湯沸かし器リモコン
湯沸かし器のリモコン

 

これ程までに経費に敏感な女房も自分の趣味に関したことになるとまるで人が変わったようなのだ。

庭の植木に並べるのか、専門店でハーブの鉢植えを購入して嬉々としている。

「最近はハーブの人気が無くなったみたい。昨年はおいてあったのに、今は量販店でも取り扱いが無いのよ。」

ハーブが全滅しようと知ったことではないが、世の中不景気なので、すぐに口に入るような植物しか扱わないのかも知れない。

いずれにせよ、リモコンのスイッチを24時間連続駆動させる方が明らかに安価なのである。

もっとも、i-Phoneを閉じるときにアプリを全部消してからシャットダウンする癖が習慣となっていたが、電池の節約になるどころか余計に減るというのだ。

iPhoneはアプリ閉じると電池余計に減るよ~

今年の春にはAppleのティム・クックCEOに「使ってないアプリは閉じなきゃ電池の減りは早くなるんじゃないですか?」と一般ユーザーから問い合わせがいき、OS開発トップのクレイグ・フェデリギ直々に「NOと言ったらNOだよ~」と答えてます。これが正式回答ということで!

難しい理屈はともかくとして、i-Phoneは電池の消耗を気にしてアプリを閉じる必要は全くないらしい。

 

 

 

さて、昨日10日の米国株価は続落した。

米国株(10日):続落、世界の成長懸念や英国民投票控え慎重姿勢

10日の米国株相場は続落。世界的な成長減速をめぐる懸念や、相場の混乱を引き起こす可能性のある複数のイベントが近づいていることで慎重姿勢が広がった。S&P500種株価指数は3週間で最大の下げ。
相場は午後に入り下げを拡大。英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票に関する最新の世論調査で、離脱支持が残留支持を上回ったことが影響した。ただ取引終了直前にやや下げを縮めた。この日はエネルギー株が特に大きく下げ、ここ5週間で最大の下落となった。銀行株は続落。米国債利回りの低下が続いたことが手掛かり。株式相場のボラティリティ指数は5カ月で最大の上げとなった。 Bloomberg

いずれにせよ、今月23日に予定しているイギリスのEU離脱是非を問う国民投票の結果によっては世界的暴落相場が起きる可能性を秘めているのだ。

 

低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 16601.36 -67.05

6月10日 (金) 4358 TYO 前日終値 167
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 168
6月17日 204 〇 -36
3月29日 165 × -1.8
3月14日 160 × -8
4月28日 169 〇 -1
7月9日 196 〇
-28
6月損益 4000 含み損益 -74800 売1.6 ー 3買


6月10日 (金) 6445 蛇の目 前日終値 63.4
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 63.2
8月17日 108 〇* -44.8
1月21日 60.5 × -2.7
4月6日 54.3 × -8.9
9月24日 127 〇* -63.8
6月損益 0 含み損益 -120200 売2 ー 2買


今年度損益計
  TYO 47000
  蛇の目 0

昨年度損益計
  TYO 170000
  蛇の目 -10600

 


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、〇は買建玉、〇*は現物株建玉の印で各1000株ずつになっています。

次の差益当日終値からの差益になっています。

6月損益は当月の差益です。含み損益残建玉損益計でマイナスがになっています。

 

あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)