10日間のドイツ・オーストリア旅行を振り返ってみた。

ミュンヘンという大都市は、やはり年寄りが居住するには大変だと思う。

ミュンヘン中央駅の横断歩道の信号が青になるのを確認してから、普通の速度で渡っていると、途中で信号が赤に変わってしまい、最後は駆け足で渡らなければならない。

リュックを背負っていて遅くなるからではない。

まるで余裕がないのだ。

ウィーンへ入ってからも同じ状況に直面した。

これは、要するに日本人の足のコンパスの長さが西洋人に比べて短いからなのだろうか。

最初に感じた西洋コンプレックスであった。

 

ミュンヘン市街散策
ミュンヘン市街散策

 

しかし、「赤信号みんなで渡れば怖くない」という格言は生きている。

見るからに中国人の団体と思しき中年おばさんの一団が平気で横断している。

中国バブルがはじけたとはいえ、まだまだ富裕層は健在と見え、行く先々で顔を合わすことになる。

梅雨時の蠅と同じで全く目障りな連中だ。

 

メインストリートを少し入ると自家用車の路上駐車が目に入る。

 

ウィーンの駐車風景
路上縦列駐車の風景

 

日本では立体駐車場や専用駐車場が完備していて、路駐は大抵業務用の一時使用か違法駐車と相場が決まっているが、こちらでは実に見事に縦列路上駐車が見られる。

その間を路面電車(通称トラム)が縫って走っている。

路駐可能なエリアは決まっているらしが、ドイツ語を読むのが難儀なので詳細は良く分からない。

 

 

さて、ゴールデンウィークの谷間のザラバのせいか、日経平均株価は5営業日連続の下落 終値518円安という酷い有様だった。

外国人投資家寄付き前成行注文動向6日間連続売り越し状況から本日は買い越しへと転換している。

特に米国系ファンド買いへ転じている。

TYO165(±0)、蛇の目578(-21)終値で引け、決済は見送った。

 

低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 16147.38 -518.57

5月2日 (月) 4358 TYO 前日終値 165
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 165
6月17日 204 ○ -39
3月29日 165 × 0
3月14日 160 × -5
4月28日 169 〇 -4
4月28日 169 × 4
7月9日 196 ○
-31
5月損益 0 含み損益 -75000 売2.6 ー 3買


5月2日 (月) 6445 蛇の目 前日終値 59.9
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 57.8
8月17日 108 ○* -50.2
1月21日 60.5 × 2.7
4月6日 54.3 × -3.5
9月24日 127 ○* -69.2
5月損益 0 含み損益 -120200 売2 ー 2買


今年度損益計
  TYO 47000
  蛇の目 0

昨年度損益計
  TYO 170000
  蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、○は買建玉、○*は現物株建玉の印で各1000株ずつになっています。

次の差益当日終値からの差益になっています。

5月損益は当月の差益です。含み損益残建玉損益計でマイナスがになっています。

 

あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)