ようこそG7伊勢志摩サミットへ

 

明日からいよいよ伊勢志摩サミットが開催される。

参加国はG7(Group of Seven)であり、フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダの7つの先進国のことを言う。

さらに欧州連合EU(ベルギー、ブルガリア、チェコ、デンマーク、ドイツ、エストニア、アイルランド、ギリシャ、スペイン、フランス、クロアチア、イタリア、キプロス、ラトビ ア、リトアニ ア、ルクセンブルク、ハンガリー、マルタ、オランダ、オーストリア、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロヴェニア、スロヴァキア、フィンランド、スウェーデン、英国の28カ国が加盟している。)も入るので、G8と呼んでも可笑しくはないのだろうがEUについては合計数からは外しているようだ。

ロシア、中国などは先進国に近いイメージがある。

1998年よりロシアが参加するようになり、G8(ジーエイト)となったが、クリミア問題からロシアの資格停止によりG7に戻っている。共産主義は嫌われる。

 

伊勢志摩サミット

 

最も影響力の大きい国々の首脳の合意によって、今後の世界を計画的に引っ張って行こうということから、共産圏や後進国(失礼!発展途上国だった)なども入る国際連合とは一線を画して活動しており、軍事・経済面で実質国連を上回った行動をしている。

今回のサミットで私が特に関心を持っているのはシリアを中心とする難民問題だ。

米国の大統領予備選におけるトランプ氏やドイツ国内での極右政党の躍進を支えているのが難民問題とイスラム圏からの移民問題である。

EU圏内でのテロの連続ばかりでなく、イスラム移民が溜まり場としてスラム街をつくり、犯罪の隠れ家としていることに、国民は受忍限度を超えてしまっている。

 

大晦日の夜にケルン市で起きた事件は余り報道はされなかった。

ケルンの集団性的暴行で激震に見舞われるドイツ 揺れる難民受け入れ政策

 

集団暴行に抗議して集まり、移民排斥を訴えるケルンの極右支持者 Wolfgang Rattay-REUTERS
集団暴行に抗議して集まり、移民排斥を訴えるケルンの極右支持者 Wolfgang Rattay-REUTERS

 

メルケル首相は人道主義的な支援は当たり前とする個人的な感情から、難民を数万人単位で国内受け入れをして来たが、EU加盟国からの反発と自国内での評判悪化は止まることをしらない。

トルコ・イスタンブールで開かれていた初の国連の「世界人道サミット」は24日、2日間の会期を終えて閉幕した。シリア難民など人道危機が相次ぐ中で、支援資金の確保が主なテーマだったが、大口資金提供元である主要7カ国(G7)のうち、ドイツのメルケル首相以外の首脳は欠席。主催した潘基文(パンギムン)国連事務総長は閉幕の際、「がっかりした」と振り返った。 朝日新聞デジタル 5月25日(水)10時37分配信

人道危機は解決出来る規模ではなく拡大してしまい、もはや我々に出来ることは飛び火するのを防ぐことぐらいなのだが、それさえもホームグロウンテロによって踏みにじられている。

ただでさえ少ない税収を移民・難民のための生活保護費に拠出して、治安悪化を招いて国民の生活を圧迫しているのよりは日本のように厳格に受け入れ規制をするべきだという意見が出されるだろう。

日本で2011年から2014年11月末にかけてシリアの人が行った難民申請は61件。難民として認定をされた人は、今まで1人もいませんでした。支援者の情報によると、2015年3月に3人にようやく認定が出されたということです。日本政府は、人道的観点から、在留特別許可を行っているとしています。しかし、難民認定されなければ、家族の呼び寄せができず、子どもと別れて生活しなければなりません。ちなみに、日本で2014年に難民申請をした人は5,000人。そのうち難民として認定した者は11人です。 アムネスティ日本のHPより

受け入れるべきか、受け入れざるべきか、それが問題だ。安倍総理のハムレットの心境が理解出来る。

 

 

 

さて、本日の日経平均株価大幅反転して引けた。

外国人投資家の寄付き前注文動向米国系、欧州系とも売り越しであったから、サミット前のご祝儀相場と思う。

TYO169(+1)、蛇の目634(+19)終値で引け、決済は見送った。

 

低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 16757.35 258.59

5月25日 (水) 4358 TYO 前日終値 168
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 169
6月17日 204 ○ -35
3月29日 165 × -2.4
3月14日 160 × -9
4月28日 169 〇 0
4月28日 169 × 0
7月9日 196 ○
-27
5月損益 0 含み損益 -73400 売2.6 ー 3買


5月25日 (水) 6445 蛇の目 前日終値 61.5
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 63.4
8月17日 108 ○* -44.6
1月21日 60.5 × -2.9
4月6日 54.3 × -9.1
9月24日 127 ○* -63.6
5月損益 0 含み損益 -120200 売2 ー 2買


今年度損益計
  TYO 47000
  蛇の目 0

昨年度損益計
  TYO 170000
  蛇の目 -10600

 


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、○は買建玉、○*は現物株建玉の印で各1000株ずつになっています。

次の差益当日終値からの差益になっています。

5月損益は当月の差益です。含み損益残建玉損益計でマイナスがになっています。

 

あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)