今日は寄付き前から下落がハッキリしていた。

ブルームバーグの本日のニュースのトップ記事のタイトルには、「日本株は大幅続落、原油安と円高嫌気し幅広く売り-業績警戒も強まる」という嫌味な言葉が躍っている。

日銀マイナス金利をあざ笑うかのような日経平均暴落だ。

丁度決算の業績発表を控えた企業への不安感も投資家の心理を冷やしたことは確かだ。

しかし、実体経済とは無縁の外資系ファンドの動きに引きずられる日本の投資家は「羮に懲りて膾を吹く(あつものにこりてなますをふく)」の喩えどおりの右往左往振りで、さすがに自分を含めて情けなくなる。

最安値は17000円という節目を上回る下影陰線で引けており、明日以降の上昇に希望を持たせてくれた。

日本銀行の黒田東彦総裁は3日、金融緩和手段が限界に近づいているとの見方が出ていることについて「私にはとても違和感のある表現だ」と述べて「果たすべき目的のために必要であれば、そのために新しい手段や枠組みを作っていけばよい」と語った。 Bloomberg.co.jp

日銀の並々ならぬ決意が伝わって来るようだ。

パンドラの箱を開けて最後に残ったものが「希望」だというが、まだ箱は開いていないと思う。

 

パンドラの箱
パンドラの箱は開けられたのか?

 

さて、本日米国の動向から円高株安が予想され、TYO寄付き前から下げ基調だったため、8月9日の 売建玉183円1000株を178円で指値返済買しておき、保険のために177円逆指値新規売建玉を入れて置いたところ約定した。

5000円の利益確定だった。

TYO177(-6)、蛇の目604(-16終値で引けた。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 17191.25 -559.43

2月3日 (水) 4358 TYO 前日終値 183
日付 約定株価 状態 差益 当日指値 178
6月17日 204 ○* -26
8月9日 183 × 5   9:19指値返済決済
7月9日 196 ○ -18
2月損益 0 含み損益 -39000 売1 ー 2買
  ↓  ↓  ↓
2月3日 (水) 4358 TYO 前日終値 183
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 177
6月17日 204 ○
-27
2月3日 177 × 0   9:19逆指値約定
7月9日 196 ○* -19
2月損益 5000 含み損益 -46000 売1 ー 2買


2月3日 (水) 6445 蛇の目 前日終値 62.0
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 60.4
8月17日 108 ○ -47.6
1月21日 60.5 × 0.1
9月24日 127 ○
-66.6
2月損益 0 含み損益 -114100 売1 ー 2買


今年度損益計
  TYO 16000
  蛇の目 0

昨年度損益計
  TYO 170000
  蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、○は買建玉、○*は現物株建玉の印で各1000株ずつになっています。

次の差益当日終値からの差益になっています。

2月損益は当月の差益です。含み損益残建玉損益計でマイナスがになっています。

あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)