為替相場で円がドルに対して高くなると株安になると言われている。

「日本の企業は輸出関連が多いので、円高だと輸出に不利だから」と思われているらしい。

逆に、株高だと為替相場の円がドルに対して安くなる。

 

株安円高
株安と円高

 

ここで疑問がわく。

円高株安はどちらが原因でどちらが結果なのか?

また、円高は日本円が買われて人気があるのだから、日本の経済情勢は悪くはないと思うのだが、どうして株安になるのか?

普通なら円が高くなれば、経済情勢は良好になって株高になるはずではないか?

このパラドックスを解くカギは日本の株式市場の取引高の半数以上を占める外国人投資家、いわゆるヘッジファンドなどの行動で明らかになる。

もし、あなたが自分の資産を守り増やそうとするばあいに自国通貨ではなく外貨や外国株式で持つことを想像して欲しい。

上がる見込みの日本株を買ってキャピタルゲインを得ようとすれば、自国通貨を一端は円に交換してから日本株を買わなければならない。

ここで、資産の保全が最大目的の外国人投資家にとって為替相場で差損が出ることを避けなければならず、売りと買い同額での「両建て」にしてポジションを持つのが一般的だ。

日本株を買う時は円売り注文が先物市場で入って、日本株を売る時には両建てを解消させるので円買い注文が入る。

さらに、見込み通り株価の上昇があれば、レバレッジをかけた信用取引証拠金レベルも余裕が出来るので、余分な円を売りに出して円安に振れる。

また、見込み通りに上昇せずに下降した場合は、レバレッジをかけた信用取引証拠金が不足をきたすので円の需要が増えて円高に振れる。

このような外国人投資家の行動によって「株高円安を招き、株安円高を招く」のだ。

 

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 17697.96 -69.38

1月8日 (金) 4358 TYO 前日終値 195
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 195
6月17日 204 ○* -9
8月9日 183 × -12
12月24日 187 × -8
7月9日 196 ○* -1
1月損益 9000 含み損益 -30000 売2 ー 2買


1月8日 (金) 6445 蛇の目 前日終値 75.9
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 74.7
8月17日 108 ○* -33.3
9月24日 127 ○* -52.3
1月損益 0 含み損益 -85600 売0 ー 2買


今年度損益計
  TYO 0
  蛇の目 0

昨年度損益計
  TYO 170000
  蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、○は買建玉、○*は現物株建玉の印で各1000株ずつになっています。

次の差益当日終値からの差益になっています。

1月損益は当月の差益です。含み損益残建玉損益計でマイナスがになっています。

あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)