米軍、弾道ミサイルの迎撃実験に成功

2017年08月31日 10:26

ハワイ・カウアイ島の米海軍太平洋ミサイル射場から発射された、標的の準中距離弾道ミサイル。米海軍提供(2017年8月30日提供)。(c)AFP PHOTO/US NAVY/LATONJA MARTIN/HANDOUT

【8月31日 AFP】米国防総省ミサイル防衛局(MDA)と米海軍は30日早朝、準中距離弾道ミサイル(MRBM)の迎撃実験をハワイ(Hawaii)沖で行い、成功した。前日の29日には、北朝鮮が日本上空を通過する弾道ミサイルを発射している。

今回の実験は、ハワイ州カウアイ(Kauai)島の米海軍太平洋ミサイル射場(Pacific Missile Range Facility)から発射された標的のMRBMを、イージス駆逐艦「ジョン・ポール・ジョーンズ(USS John Paul Jones)」が搭載した対空ミサイル「SM6」で迎撃した。(c)AFP

 

中国に「矛盾」という故事成語がある。

中国の戦国時代、楚の武器を売る商人がどんなでも突き破ると、どんなでも防ぐというを同時に売り込んでいた。そこに居合わせた老人に「あなたの売るであなたのを突いたらどうなるのか」と問われて、返答に窮したという。
矛楯」とも書く。 故事ことわざ辞典

 

米軍によるイージス駆逐艦から準中距離弾道ミサイル(MRBM)に対しての対空ミサイル実験が成功したと報じられた。

今、日本国に求められているのは強力な「盾」に他ならないから、何となく安心感があるのだが、打ち破る「矛」は必ず存在するから完璧な防御とは言えない。

 

北朝鮮による中距離弾道ミサイル「火星12型」が約2700キロ飛行して襟裳岬の東方1180キロの太平洋上に3つに分離して落下したことを巡り、失敗したのではないか、わざと途中で落としたのでは、あるいは多核弾頭だったのではなどと囁かれている。

 

しかし、重要なことはなぜJアラートまで発令して注意喚起を促したにもかかわらずミサイル撃墜命令を出さなかったのかということである。

防衛省では早い時期から日本国内に落下するリスクはほとんど無いことを事前に把握しており、安全を確認していたからに他ならない。

もし撃墜命令を発令した場合には、好むと好まざるとにかかわらず、北朝鮮との戦争に突入した可能性が大きい。

しかも運よく撃墜出来ればいいが、撃ち漏らした場合には防空能力の欠如を露呈することになり、内閣総辞職も必至である。

 

北朝鮮は今後も太平洋へのミサイル試射を繰り返すと表明しており、殺人兵器が何度も日本列島を横切られても何も出来ないとなると政府の不作為責任を問わなければならないだろう。

直接グアムやハワイあるいは米国本土まで届く場合には日本は安全だから撃墜しなかったとは言えないのではないか。

強盗団のような無法者国家である北朝鮮に対して外交交渉などは通用せず、核武装に必要な充分な時間を与えてしまうだけである。

彼らの暴挙は国連安全保障理事会でも国際的に認知されつつあり、日本が当然の防衛行動をとったとしても非難されることはない。

 

『歴史は繰り返す。一度目は悲劇として、二度目は喜劇として』とならないことを望む。

 

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

 

8月31日(木)日経平均株価日足チャート上下にヒゲを伴う「小陽線をつくり続伸した。

米株高為替円安基調によって連続して窓を開け上昇いている。

 

日経平均株価日足チャート2017年8月31日(木)

 

外資系寄付き前注文動向売り600万株買い610万株、差し引き10万株買い越し金額ベースでは小幅売り越しで、米国系ファンド買い越し 欧州系ファンド売り越しだった。

 

AOI TYO HD下ヒゲを伴う「小陰線だったがうじて続伸した。

出来高68900株前日より減少している。

 

AOI TYO HD日足チャート2017年8月31日(木)

 

蛇の目上下にヒゲを伴う「小陽線をつくり続伸した。

出来高68500株前日より漸増している。

 

蛇の目日足チャート2017年8月31日(木)

 

AOI TYO HD1056(+4)蛇の目778(+17)終値け、決済見送った。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近トレード結果配置表下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 19646.24 139.70

8月31日 (木) 3975 AOI TYO HD 前日終値 1052
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 1056
1月4日 1113 〇* -205     360株 現物株
(TYO2000株 ⇒ AOI TYO HD 360株)
7月3日 1065 〇 -9     100株
6月26日 1090 〇 -34     100株
7月7日 1098 〇 -42     100株
8月9日 1111 〇 -55     100株
4月13日 779 × -277     100株
4月14日 780 × -276     100株
4月18日 793 × -263     100株
8月損益 6100 含み損益 -116120 売3ー 7.6買


8月31日 (木) 6445 蛇の目 前日終値 761
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 778
9月24日 1270 〇* -492     100株 現物株
8月17日 1080 〇* -302     100株 現物株
3月17日 818 〇 -40     100株
6月5日 929 〇 -151     100株
4月6日 737 × -41     100株
4月12日 724 × -54      100株
8月損益 0 含み損益 -108000 売2ー 4買


今年度損益計
  AOI TYO HD 84200
  蛇の目 23300

前年度損益計
  TYO 36000
  蛇の目 3700

前々年度損益計
  TYO 170000
  蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、〇は買建玉、〇*は現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益当日終値からの差益になっています。

8月損益は当月の差益です。含み損益残建玉損益計でマイナスがになっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)