投資家ウォーレン・バフェット氏と言えば世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務めている人物である。

「オマハの賢人」と言われた彼が東日本大震災や熊本大震災で揺れる日本に目を付けている。

 

バフェット系保険、日本上陸 地震保険拡大にらむ

2016/12/24 20:31
日本経済新聞 電子版

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイ傘下の保険会社が日本進出を検討していることが24日までにわかった。日本の損害保険会社から地震保険の契約を買い受ける再保険事業を計画。日本では企業がまだ地震保険にあまり加入しておらず、市場拡大の余地が大きいと判断した。

バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイは保険にも力を入れる

傘下の「バークシャー・ハザウェイ・スペシャルティ保険」でアジア地域を統括するマーク・ブロイ氏が日本経済新聞の取材で明らかにした。同社が日本での地震保険の再保険を担う予定だ。

来月初めには日本進出を最終決定し、拠点を新設して2018年の前半から事業を始める方針だ。

米投資会社であるバークシャー・ハザウェイは時価総額世界4位の企業で、投資事業と並んで保険や製造業などに力を入れている。世界的な保険大手の進出で国内でも地震保険の普及が加速する可能性がある。 ~以下略~

 

素人目には世界一リスクの高い日本への地震保険は余り得策とは思えず、大地震が頻発している現在の状況から考えると、バフェット効果で地震保険事業が加速することを祈るのみである。

自然現象を相手にするのは株式投資とは距離感が大分ある気がするのだが。

 

 

22日(木)日経平均株価下髭を伴う小陽線で引けたが小振り続落をしている

外資系寄付き前注文動向売り1170万株買い740万株差し引き430万株売り越し 、金額ベースでも売り越しで、米国系ファンド売り越し、欧州系ファンド売り越しだった。

TYO150(-1)蛇の目835(-10)終値で引け決済は見送った。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 19427.67 -16.82

12月22日 (木) 4358 TYO 前日終値 151
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 150
6月17日 204 〇* -54
7月9日 196 〇* -46
7月26日 176 〇 -26
7月29日 164 〇 -14
8月12日 158 〇 -8
9月20日 144 〇 6
12月損益 -7000 含み損益 -142000 売0ー 6買


12月22日 (木) 6445 蛇の目 前日終値 84.5
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 83.5
9月24日 127 〇* -43.5
8月17日 108 〇* -24.5
12月損益 0 含み損益 -68000 売0ー 2買


今年度損益計
  TYO 93000
  蛇の目 3700

昨年度損益計
  TYO 170000
  蛇の目 -10600

 

 


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、〇は買建玉、〇*は現物株建玉の印で各1000株ずつになっています。

次の差益当日終値からの差益になっています。

12月損益は当月の差益です。含み損益残建玉損益計でマイナスがになっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)