ゲバラのトレード放浪記

サラリーマンの副業に、年金の補充に、9割が負けているという株式投資にゲバラくんが挑戦します。アンタッチャブルな時事問題にも厳しく切り込みます。

「トレードブログ」の記事一覧

JT 韓国のたばこメーカーの株式 約250億円で売却

JTが保有の韓国たばこメーカーの株式売却は「日韓関係悪化」とは無関係か?・・

外国人投資家の売りが続く韓国株式KOSPI 外国人投資家は常に先を読みながら行動する習性がある。 韓国のKOSPI株式市場では外国人投資家による「売り攻勢」が続いている。 保守系紙の中央日報が報じた12月3日の報道による […]
韓国大統領府(東亜日報提供)

韓国検察の青瓦台への家宅捜索は、保守派の生き残りを賭けて文在寅大統領逮捕か

アンタッチャブルだった青瓦台に韓国検察の家宅捜索が入った 文在寅大統領が執務する大統領官邸の青瓦台に韓国検察の手が伸びた。 日本で言えば永田町の首相官邸に家宅捜索が入ったことになる。 文大統領としても自分の寝室に踏み込ま […]
ソウルの受験会場に到着したパトカー。韓国では、遅れそうになった生徒を警察が送り届ける行為が半ば常識化している =11月14日(AP)

受験生のパトカーによる送迎を「当然」の韓国と、「偶然」でも批判される日本

韓国の警察官は庶民の味方?・・ 「権力の犬だ」などと陰口を叩かれることの多い警察官だが、韓国の受験シーズンになると一転して庶民の味方となる。 何らかの事情で受験会場に定刻までに間に合わない受験生をパトカーが送り届けるのが […]
竹島で軍事訓練を行う韓国海軍(提供:South Korea's Navy/AP/アフロ)

「桜を見る会」の不毛な論争をやめ、日本を敵国とした韓国の軍備拡張を監視せよ

「桜を見る会」で国会審議を麻痺させている野党は時間潰しに終始 例年のように開催された総理主催の「桜を見る会」で、安倍首相に招かれた参加者の食事会の会費が5000円という安さ?だったため、野党陣営は安倍事務所からの寄付があ […]
文大統領の反日路線もむなしく、ユニクロたたきも沈静化か(共同)

「ボイコットジャパン」の終了を示すユニクロの「ヒートテック10万枚無料提供」

文在寅大統領は沈下する韓国経済で撃沈か 日本が「輸出管理強化」という対韓制裁の準備段階に入ったとたんに、韓国経済は周章狼狽(しゅうしょうろうばい)の極に入ってしまった。 政治家文在寅大統領にとっては、思想家として「反日国 […]

韓国が「輸出管理体制強化」を急ぐが、経産省は4月の選挙まで時間稼ぎで対応か

「反日国是」「積弊清算」を象徴する「徴用工賠償金」と「慰安婦慰謝料」 文在寅大統領が政権を担ってから青瓦台の日本外交が極端に悪化した。 保守政権であった朴槿恵前大統領の時にも、日本との外交姿勢は就任以来徐々に「反日」へ傾 […]
『反日種族主義』を批判する抗議デモ(YONHAP NEWS/AFLO)

非韓三原則(助けない、教えない、関わらない)が必要な今後の韓国外交

日本国内で広がる「嫌韓」から「反韓」への流れ 韓国の「反日国是」に対して日本国内でも呼応するように徐々に「嫌韓意識」が広まっている。 韓国人が与野党を問わずに「慰安婦」や「徴用工」あるいは「旭日旗」などで反日スローガンを […]
11月23日、日韓外相会談を前に、握手し席に向かう茂木敏充外相(右)と韓国の康京和外相(写真:時事通信)

「パンドラの箱」を開けて「日韓請求権協定」を破壊する文在寅政権の終焉は近い

文在寅政権が終わるまで日韓関係は改善しない 日韓関係悪化のベクトルは変化するのだろうか? GSOMIAの失効延長で一旦緩和されたかに見える日韓関係の軋轢が今後減少するのか、あるいは更に増加して収集困難なまでに拡大していく […]
金大中元大統領の追悼式に出席する文大統領夫妻

文在寅政権の「嘘とフェイク」により金大中元大統領のノーベル平和賞が汚された

レームダックと化した文在寅大統領の青瓦台は「嘘とフェイクのデパート」である 文在寅大統領を見ていて、いつも感じるのは、この政権が嘘で固められており、正直さが垣間見えるのは反日世論に迎合した政策を発表する時だけ、ということ […]
記者団の質問に答える安倍晋三首相。首相在任日数は最長を記録したが、9月以降不祥事などが相次いでいる(11月15日、写真:時事通信)

内閣支持率が示す「白いネコでも黒いネコでもネズミを取ってくるのがいいネコだ」

白いネコでも黒いネコでもネズミを取ってくるのがいいネコだ 昔、中国で鄧小平が「白いネコでも黒いネコでもネズミを取ってくるのがいいネコだ」と資本主義的発想をして、改革解放後の中国で一躍有名になった言葉である。 現在の日本は […]
記者会見を行う金有根・国家安保室第1次長=22日、ソウル(聯合ニュース)

「条件付きでGSOMIAの終了延期」を押し付けられた文在寅大統領の苦悩は続く

文在寅大統領は「条件付きでGSOMIA終了通知の効力停止」と「WTO提訴も停止」で政権延命を図る 数時間前までGSOMIA破棄を主張していた文在寅政権が土壇場で降りて来た。 自分で二階に上がって勝手に梯子を外したことから […]
鈴置氏の著書『米韓同盟消滅』トランプ大統領(右)は、文大統領への不信感を強めている (ロイター)

韓国による「中朝への情報漏洩」への報復となる「パーフェクト・ストーム」とは?

米国は大分以前から韓国による中朝への情報漏洩を知っていた 米国はエスパー国防長官が訪韓して、必死になってGSOMIA破棄を撤回する旨の圧力をかけると同時に、在韓米軍の駐留経費を5倍にするという大幅な負担増を押し付けて、韓 […]
「最後の瞬間までGSOMIA破棄を回避するために努力する」と述べた文在寅大統領

「最後の瞬間まで努力」する気の無い文在寅大統領のマッチポンプなTV生出演

「最後の瞬間まで努力」したフリをする文在寅大統領 11月19日の夜「国民との対話」において、文在寅大統領はGSOMIA失効までの残された数日間にも日本との外交交渉で「最後の瞬間まで努力」をすると答弁をした。 自分で火をつ […]

GSOMIA破棄強行が外資系企業の韓国からの「大脱出(エクソダス)」を招く

韓国からの「大脱出(エクソダス)」が始まった。 韓国世論に迎合した文在寅政権がGSOMIA破棄のまま失効期限を迎えることは、政治的決断ではあるが韓国経済に回復することが出来ない大きな波紋を広げることになった。 経済成長が […]
ソウル市内で行われた「STOP GSOMIA」のデモの様子。(写真:AP/アフロ)

GSOMIA失効は文在寅政権が「韓国は腹立ちまぎれに自害した」結果なのか?

GSOMIA破棄のまま米韓離間を図る文在寅政権の行方 GSOMIA失効が11月23日に迫るなか、米国のエスパー国防長官が韓国のソウルで、チョン・ギョンドゥ(鄭景斗)国防相と会談したが、文在寅政権は破棄撤回を全く考えてはい […]
国連総会第3委員会で演説する川村泰久国連次席大使=14日、米ニューヨークの国連本部(共同)

日本が「共同提出国」から「共同提案国」へと変えた国連「人権決議案」の不思議

北朝鮮による人権侵害を非難する決議案に「共同提出国」となることを見送った日本の誤判断は期待した結果をもたらすか? 「拉致問題」を抱える日本は例年、国連における北朝鮮の「人権侵害」を非難する決議案の「共同提出国」だったが、 […]

韓国人歴史学者の李栄薫氏による「反日種族主義」が日本でもベストセラー入り

「反日種族主義」が日本で発売と同時にベストセラー入り 「反日種族主義」という韓国人歴史学者の李栄薫氏(前ソウル大教授)による著書が日本語で発売されたところ、韓国に次いで日本でもあっという間にベストセラー入りした。 タイト […]
「フェイスブックペイ」によりメッセンジャーなどのアプリを通じた決済・送金サービスを使いやすくする

「フェイスブックペイ」誕生は米国政府に潰された「仮想通貨リブラ」の恨み

米フェイスブックが遂に金融業界を席捲するか フェイスブックペイの誕生!! SNSの雄である米国のフェイスブックが独自の決済・送金ツールとなる「フェイスブックペイ」を発表する。 日本でもペイペイをはじめ、楽天ペイやメルカリ […]

文在寅政権が北朝鮮の出先機関であることを証明した「北朝鮮船員2人の強制送還」

北朝鮮の出先機関と化した青瓦台は国家情報院や統一部を無視して暴走を始めた 2人の北朝鮮船員が船長他全16名の乗組員を殺害したとして北朝鮮へ追放となったが、管轄機関である統一部と国家情報院が独自の意見を出さず、国家安保室が […]
光復節に際して演説を行った文在寅大統領(韓国青瓦台提供)

米国の警告を無視した「GSOMIA終了」が韓国政変の引き金となりそうだ

GSOMIA終了まであと僅かとなり、「再開」の落としどころが無い文在寅大統領の焦り 軍部や官僚機構が政府の命令に違背するのが、国家の支配体制が終焉に向かっている兆候である。 終戦を間近にした日本では天皇の勅語が出されるま […]

「盗っ人猛々しい」北朝鮮外務省による「日本上空飛翔ミサイル」開き直り脅迫

「盗っ人猛々しい」北朝鮮外務省による「日本上空飛翔のミサイル」開き直り発言 「盗人猛々しい 」とは、日本が輸出管理上のホワイト国、優遇対象国から韓国の除外を閣議決定した時に、文在寅大統領が非難を浴びせて有名になった言葉だ […]
10月3日、ヴァルダイ討論クラブによる討論会に出席したプーチン露大統領=ソチ(AP)

世界は今、「憲法改正」が必要な「ルールなき群雄割拠」の時代へと突入している

「ルールなき群雄割拠」の時代を乗り切るために「憲法改正」が要求されている 「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」との憲法前文を奉じて来た日本人にとっては容易に受け入れられな […]
2017年12月6日実施の「ビジラント・エース」で朝鮮半島上空を飛行する米韓戦闘機出典:ゲッティイメージズによる韓国国防省

米韓合同軍事演習「ビジラント・エース」の中止と「GSOMIA継続」の矛盾

北朝鮮による弾道ミサイル発射実験をまるで「友軍からの祝砲」と受け止めている文在寅大統領 北朝鮮によるミサイル発射実験が、今年に入ってから短距離に絞り、5月以降に殆ど毎月のように繰り返されている。 ※ 北朝鮮による核・弾道 […]
日韓議員連盟と韓国の韓日議員連盟の合同総会

「日韓議員連盟」は世論の総スカンを食らっても「徴用工の基金創設」を提案

「日韓議員連盟」の役割は終焉した 10月29日の当ブログで《「日韓、「徴用工合意」へ検討着手」という共同通信の驚愕のスクープ記事》のタイトルにて記事掲載をしたが、日韓両政府が否定していたことからフェイクではないかという反 […]
徴用工訴訟 韓国最高裁が三菱重工にも賠償命令の判決が出た時の原告団の様子 ©時事通信社

”徴用工被害者”が「残された時間はない」と文在寅政権に反撃を開始した

北朝鮮の工作機関に影響された韓国の市民運動組織に反発した”徴用工被害者”が青瓦台に反撃を開始した 韓国の反日運動でいつも不思議に思っていたことがある。 それは運動を主催する、徴用工やその遺族らがつくる団体である「対日抗争 […]

韓国軍の対馬侵攻に備えて「日本の核武装」と「非核三原則」を考える

韓国軍の侵攻に備えて「日本の核武装」は必要か?・・ 安全保障問題において核兵器が占める有効性を否定出来ない国際情勢が続いている。 現在の核保有国同士では第二次世界大戦後において一度も戦火を交えることはなかったという歴史的 […]
B52(米空軍提供)

「死の鳥」B52の対馬海峡から日本海への警告飛行は文在寅政権への軍事的恫喝

米空軍「死の鳥」B52が対馬海峡から日本海へ警告飛行した意味 「死の鳥」と恐れられる2機のB52が10月25日にグアムのアンダーソン米空軍基地から日本海を、冷戦期の1950年に当時のディーン・アチソン米国務長官が提唱した […]

「日韓、「徴用工合意」へ検討着手」という共同通信の驚愕のスクープ記事

「事態収拾を望んでいる」のは文在寅大統領の方で、日韓条約で解決済みの「徴用工合意」は結局「慰安婦合意」と同じ運命を辿り、次期政権で破綻する運命 「日韓、「徴用工合意」へ検討着手」とのタイトルの共同通信によるスクープ記事に […]

ソフトバンクGのウィーワーク支援が「リーマン・ショック」への引き金となるか

「リーマン・ショック」再燃の可能性 リーマン・ショックは和製英語で、原語ではthe financial crisis(金融危機)と呼ばれている。 2008年のリーマン・ショックの発端は、低所得者向けのサブプライム住宅ロー […]