「閑散に売りなし」という言葉がある。

売買が少なく、もう底値に近いと誰もが考えて買う人のいない状況で、慌てて株を手放す人は多い。

しかしその後で上放れして急上昇することも多く、せっかくの利益を取り損ねることになる。

 

コナン君の両建て
コナン君の両建て

 

だから閑散相場では売ることはやめた方がいいという意味だ。

底だと思ったらもう一つ先にも更なる底が待っていたなんてことも多いので、この格言は一概には正しくない。

”横よこ”の持ち合い相場(レンジ相場)の時はやはり「両建て」して上がるか下がるかを見極めてから本格的な相場を貼るのが正しいだろう。

関連する格言に「休むも相場」というのがあるが、時間が利益を産み出すことを考えれば、休んでいては話にならない。