相場の世界では「高値おぼえ」と「安値おぼえ」は損の元だと言われている。

株価100円程度の低位株の場合はどうか?

 

高値おぼえ安値おぼえ
高値おぼえ安値おぼえ

 

「高値」だと思った200円を超える株価が更に上昇して、そうではなかったということはよくあるが、損をするわけでなく、そこで決済をして儲けが少なかったということは確かにある。

この場合は「高値おぼえ」は損の元とはならない。

また、過去に200円を超える株価をつけたことがあって、「高値おぼえ」でいつか戻るだろうと、高い株価で買って待っているが、いつまでたっても戻らないということはある。

この場合は「高値おぼえ」は損の元に違いない。

しかし「安値」の場合はどうだろうか?

100円の株価が50円になっても50円損をするだけで、かりに倒産しても100円の損害で終わる。

つまり損失が少なく限定されているわけで、「安値おぼえ」が悪かったとはいい難い。

いずれにせよ低位株を相手にしている限り「高値おぼえ 安値おぼえ」を損の元にしないでトレード出来るのだ。

但し、可能な限り倒産銘柄をつかまないように気を付けなければならないので、ファンダメンタルズでは赤字で利益剰余金がゼロの企業は避けなければならない。