ゲバラのトレード放浪記

サラリーマンの副業に、年金の補充に、9割が負けているという株式投資にゲバラくんが挑戦します。

非正規公務員が急増 公共サービスがなくなる!?

「格差社会」は非正規公務員の急増を招く ベーシック・インカムの導入が必要

「格差社会」が地方自治体にも浸透して、全国で増える非正規公務員 「格差社会」が叫ばれて久しいが、所得の格差、就職の格差、教育の格差と現象形態は色々ある。 これらの現象は決して悪いわけではなく、人間には美人もいればブスも存 […]

AIの技術的特異点「シンギュラリティ」は核廃棄物処理の問題を解決するか?・・

2019年05月20日 11時32分 JST 太平洋の島にある「核の棺」老朽化。国連事務総長、放射性物質流出の可能性を警告 1946年から1962年にかけて原水爆実験が行われたマーシャル諸島のエニウェトク環礁。設置から4 […]

ビットコインの急落は「クジラ」或は「仕掛け売り」が原因で押し目買いを提供

  ビットコイン急落の原因は「クジラ」か「仕掛け売り」?・・ 今年に入って2倍以上に値上がりを続けていたビットコインが突然5月17日に急落した。 「フラッシュクラッシュ」と呼ばれる一瞬の価格暴落は大抵が大口の売 […]

顔認証技術利用禁止条例を可決したサンフランシスコは中国・韓国系住民が支配へ

サンフランシスコに何が起こっているのか サンフランシスコ市は中国系のエドウィン・リー市長の時に若い女性3人が後ろ手をつなぐ従軍慰安婦像を同市の公共物と認定して設置している。 リー市長は2016年に韓国・ソウル市の名誉市民 […]

「マナーポリス」の横行でネット社会の本音排除が進み「表現の自由」が圧迫される

建前論のみでネットの本音排除が進む 最近特に感じるようになったのが有名人の本音発言が攻撃されることだ。 映画『空母いぶき』に総理大臣役で出演する佐藤浩市氏が、インタビューの中で自らが演じる首相の役柄について「最初は絶対や […]

国連人権理事会の「拉致問題」早期解決勧告に対して北朝鮮が「留意する」と回答

国連人権理事会が北朝鮮に拉致問題について早期解決のために具体的行動を取るように勧告 今朝の共同通信の記事に国連人権理事会が北朝鮮に拉致問題について早期解決のために具体的行動を取るように勧告をしたことが報じられた。 今まで […]

「れいわ新選組」という新政党が現代貨幣理論(MMT)を実証するかも?・・

既成政党に飽きて新興政党が躍進する参院選 自民党主導の政治状況が永田町を覆っている。 立憲民主党や国民民主党は何となくかつての民主党なのかと想像させる程度で政権奪取の迫力はゼロに近い。 弱小野党勢力が乱立する中で、かつて […]

米国の大陸間弾道ミサイルと北朝鮮の短距離ミサイル発射はチキンゲームと化した

無意味な核拡散防止条約(NPT) 米・英・ロ・中・仏の5カ国だけにしか核兵器の保有を認ないという条約で、191カ国・地域が締結して1970年に発効したが、実際には核保有国のインド、パキスタン、イスラエルが締結せずに、北朝 […]

インターネットでの「言論の自由」を抑圧する中国の検索エンジン百度(バイドゥ)

インターネットでの言論の自由 民主主義の根幹をなすものに「言論の自由」がある。 世界人権宣言第19条、市民的及び政治的権利に関する国際規約(国際人権B規約、自由権規約)にも規定されていて、先進国の共通の理念となっている。 […]

イスラエル空軍は丸腰のイスラム過激派ハマスのサイバー拠点を空爆したが・・

丸腰のイスラム過激派ハマスのサイバー工作員へのイスラエル空軍による先制空爆は違法か イスラエル空軍がハマスのサイバー部隊を空爆して殲滅したという報道があった。 非武装であるサイバー工作員を現実の武力で攻撃することは些か釈 […]

フェイスブックやインスタグラムでの「いいね」数の表示は必要か?・・

フェイスブックの「いいね」数が表示されなくなったら SNSの雄であるフェイスブックを愛好している方は多いだろう。 それぞれのホーム欄に投稿される記事には「いいね」数の他、「コメント」数や「シェア」数までが表示されており、 […]

金正男暗殺事件を迷宮入りさせたことでマレーシア司法が示した「三方一両得」

金正男氏殺害事件を迷宮入りとするマレーシアの保身に満ちた司法判断は北朝鮮の「悪の枢軸」を印象付けた 2017年2月13日に、クアラルンプール国際空港でマカオへの出国手続き中の金正男氏がインドネシア国籍とベトナム国籍の女性 […]

「令和」でも「三種の神器」は不可侵で神秘のまま 八咫鏡の裏側にある真実とは

「令和」初日の「剣璽等承継の儀」で「三種の神器」の「八咫鏡」は何処へ 5月1日に新天皇即位後最初の儀式として「剣璽等承継の儀」が行われた。 皇居・宮殿の「松の間」で草薙剣(くさなぎのつるぎ)などいわゆる「三種の神器」が引 […]

元号「令和」の商標登録を認める中国は事前に日本製品の上陸を阻止か?・・

「令和」関連日本商品を中国が事前に上陸阻止か?・・ 新元号となって令和時代が始まった。 日本では元号を使った商品やブランド名の商標登録は一部の例外的な使用を除きできないことになっている。 しかし法人名では自由に登録可能で […]

悠仁さまへのテロ未遂?事件解決はSSBC(捜査支援分析センター)の面目躍如

悠仁さまへのテロ未遂?事件解決は令和時代の警察能力の向上を証明した お茶の水女子大付属中学校(東京都文京区)で悠仁さまの机の上に刃物を置いた容疑者がスピード逮捕された。 スリランカでの爆破テロによって同国への観光客の9割 […]

「NHKから国民を守る党」の躍進は参院選でも台風の目となるか!!

「NHKから国民を守る党」が大躍進 統一地方選挙は野党が自滅するという想定内の結果だが、その中で唯一、今回の統一地方選では東京23区や関西を中心に26人が当選、所属議員が13人から39人に急成長した政党があった。 201 […]

ロシアを味方につけたと勘違いした金正恩委員長の「盗人にも三分の理」

ロシアを味方につけたと勘違いした金正恩 「朝鮮半島の平和と安全はすべてアメリカの今後の態度によって左右されるだろう」とロシアのプーチン大統領との会談を終えて気を強くしたのか開き直りの答弁をした北朝鮮の金正恩委員長である。 […]

ラインが大幅赤字覚悟でスマホ決済20%還元キャンペーンを実施

スマホ決済を赤字でも推進するのは何故か 政府が音頭をとっている「キャッシュレス決済」による追い風により、スマホ決済を可能とするIT企業や携帯電話会社、金融機関の参入が相次いでいる。 SNSの雄であるラインも「LINEPa […]

ビットコイン投資は危険で甘い蜜の香りがする 孫正義氏が145億円の損失

ビットコイン投資は危険か?・・ 2017年12月には一時220万円を超えていた仮想通貨ビットコインは翌年から急落を続けて36万円まで下げている。 実に80%以上も値を下げてしまった。 2018年12月を底値として現在は6 […]

韓国海軍による国際法無視の火器管制レーダー運用指針は「正気の沙汰」ではない

韓国海軍による国際法無視の火器管制レーダー運用指針 韓国国防省は韓国軍艦艇から3カイリ(約5・5キロ・メートル)以内に近づいた軍用機に対して火器管制レーダー照射をしても構わないという国際法無視の運用指針を日本側に説明した […]

ギリシャはドイツと韓国は日本と戦争賠償で同様の資産差し押さえを検討中

ドイツはギリシャと日本は韓国と戦争賠償で国交断絶の危機 日本から遠いギリシャではナチスドイツによる占領時代に受けた損害を取り戻すために国内のドイツ資産を差し押さえるという強硬手段に出ることを検討しているとの報道があった。 […]

「ギリシャ対ドイツ」と「韓国対日本」は国民の生活苦を象徴する同根の対立

ギリシャは「EUの韓国」に成るか ギリシャは第二次世界大戦中にナチス・ドイツに占領されて、多額の軍事費負担と多数の市民の犠牲を強いられていた。 2009年の政権交代の時に前政権の新民主主義党(ND:Nea Dhimokr […]

韓国の日本企業フェローテクホールディングスの撤退が示す「終わりの始まり」

韓国内の日本企業は撤退を開始 韓国検察当局が文在寅大統領の意向を忖度して日本企業への反日イデオロギーに基づいた国際法をも無視する判決を相次いで出しているが、ついに日本企業の中から半導体関連メーカーであるJASDAQ 68 […]

「現代金融理論」は「有効需要」の政策を超える人類の貧困を救う革命的理論?・・

「現代金融理論」は「ケインズの有効需要の政策」を超える革命的理論 供給は需要に応じて拡大していくというのがそれまでの主流の考えだったが、逆に需要が伸びれば供給が拡大するのだから政策的に需要を作り出せばよいというケインズの […]

韓国文在寅大統領は米朝仲介者を失格し、今まで以上の反日が最期の足掻き

反日の韓国文在寅大統領の失敗 韓国文在寅大統領の政策となる3本柱は 1、北朝鮮との融和・南北統一 2、その目的達成のために米朝の仲介者として振る舞う 3、その目的達成の世論工作として反日を国是とした「積弊清算」である。 […]

アノニマスがウィキリークス創始者アサンジ氏逮捕で英国に宣戦布告か

アサンジ氏逮捕は英国にとって「割を食う」ディール アサンジ氏の英国警察による逮捕劇はサイバー世界にも大きな波紋を投げかけた。 ジュリアン・アサンジと言われても、米国のダーティな軍事情報をハッキングしてインターネットサイト […]

アサンジが逮捕された時に叫んだ「イギリスは抵抗しなければならない!」とは?

「UK must Resist!(イギリスは抵抗しなければならない!)」 告発サイト「ウィキリークス」の創設者、ジュリアン・アサンジ氏(47)が、ロンドンのエクアドル大使館内で英国警察に逮捕された際に何度も叫んだ言葉であ […]

ビットコインの急騰は2020年キャッシュレス社会への先駆者としての面目躍如

大循環分析表の「上昇」段階にあるビットコインは簡単には崩れないだろう ビットコインがここのところ上昇トレンドに入っている。 今年の1月末に底値を打ってからジワジワと上昇を継続していた。 それが4月2日に大急騰を演じたので […]

「現代金融理論」MMT:政府借金による財政赤字は「日本が見本」で心配不要

「現代金融理論」MMTは魔法の杖か 以前にわたしのブログで紹介したことがあるが、オカシオコルテス下院議員が「現代金融理論」MMTを引っ提げて「グリーン・ニューディール」政策を唱えていることに対して、擁護派学者たちは日本の […]