ゲバラのトレード放浪記

サラリーマンの副業に、年金の補充に、9割が負けているという株式投資にゲバラくんが挑戦します。アンタッチャブルな時事問題にも厳しく切り込みます。

「株式トレードの手法」の記事一覧

十字足で悩む

株価チャートに十字足(寄引き同時線)やコマが出たら様子見

  十字足(寄引き同時線)は悩みの象徴 FRBのイエレン議長が、「米経済は目標である完全雇用と安定した物価に近く、改善が続く」と先行きにも自信を示したことを受けてドル高(円安)になり、寄付きでは大幅に上昇して始 […]
株式併合

株式の「併合」「分割」「統合」に信用取引が中断される

株式の「併合」「分割」「統合」 上昇局面だけでなく下降局面でも同じように利益を出すためには「信用取引」をしなければならない。 単位株数(信用取引をする単位で100株か1000株)単位で建玉(株を信用売買すること)をすると […]
ヒンデンブルグ号爆発事故

「 ヒンデンブルグ・オーメン」て何?

暴落時の典型的サイン 株式トレーダーの最大の懸念は何時暴落するかの心配が常にあるということである。 低位株・両建て投資法の最大のメリットはたとえ暴落しても下値が限定されているので市場から退場を余儀なくされることが滅多にな […]
TYO日足20160606

「買った株は下がり、売った株は上がる」の悩みを解決する「両建て法」

「小吉トレーダー」を救う「両建て法」 自分が株を買うと下がってしまい、売ると逆に上がってしまう。 増大し続ける損を限定するために損切りばかりしている。 こんな悩みを大抵のトレーダーが持っているのだが、たぶん1割くらいは自 […]
株式の時価総額

「株を買うより時を買え」っていうけど、買う銘柄よりいつ買うかが重要だ。

「今月上がる有望銘柄の一覧」などという、投資顧問会社の宣伝文句に惹かれて買うと、たいていカモになる。 どんな株も上がったり下がったりするのが普通で、上がりっぱなしというのは皆無だからだ。 個人投資家として何を買うかという […]
日経平均日足かぶせ線

かぶせ線が出ており、下降を暗示だが・・・

「カブセ線」が出たら翌日は必ず下降するのか? 昨日はドル円が途中円安に振れていて、そのまま継続するかと見えたが、反転して円高に振れて引けた。 よって、当初の予想は見事に外れたのだ。 〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足 […]

貸借倍率は大きい方がいいの?

貸借倍率と信用倍率 貸借倍率とは信用取引で使われる用語だ。 似た用語で信用倍率というのもある。 基本的に同じような意味合いをもっている。 ・信用倍率 = 信用買残 / 信用売残 (通常火曜の20時頃発表の制度信用と一般信 […]

銘柄固定の損得

銘柄固定とは? 取引銘柄を1種類に絞ってトレードの対象とすることを「銘柄固定」と言う。 銘柄固定をしてのメリットとデメリットを見ていこう。 メリットは何かといえば、 まず、片手に入るくらいの数を相手にするので、取引銘柄の […]

寄付き前とザラ場と大引け前

発注をするのは「寄付き前」か「ザラ場」か「大引け前」か? 寄付き前に時間があれば板チェックをすべきだ。 極端なギャップアップやギャップダウンがなければザラ場に貼りついている必要は全くない。 前日に比べて極端に動いているよ […]

十字足について 後出しジャンケンの手法

「十字足(寄引同時線)」は迷い足 当日の終値が十字足(寄引同時線)で終わったら、翌日は上がるのか、下がるのか、どっちなんだ? 実際4358TYOはここのところ判断に迷う罫線を描いている。 下記のローソク図を見て欲しい。 […]

投資資金はどの程度必要か?

信用取引に必要な資金は? 今回はいったいどれ位の投資資金を用意したらいいのかという悩みを解決したいと思います。 まず最初に空売りも可能な信用取引をするためには最低30万円が保証金として必要となります。 信用建玉は保証金の […]

情報への接し方

トレードに必要な情報とは?   情報への接し方はどうすべきか? 『トレーダーに必要な情報・知識』と言われるものは何か? もちろん個人トレーダーにとってという意味ですが、主に次のものがあげられます。 各種指標 ・ […]

後場引け不成注文

売買発注の基本は「引け不成注文」で 株の売買発注チャンスというのは色々あるが私の好きな発注方法として「引け不成注文」がある。 どういうものかと言えば、まず指値をしておいて大引けで決まらなかったら終値で成行き注文に変わると […]

「両建て投資法」の利益確定

「両建て投資法」ならば利益確定は簡単 3月24日(火)後場引け成りで利益確定をしたTYOを見てみましょう。前日に両建て仕掛けをした銘柄です。 A 3月24日(火) 4358 TYO 前日終値 198 日付 約定株価 状態 […]

両建てについて

「両建て投資法」とは?   トレンドが方向を失って、そこそこ値幅が取れそうな時に仕掛けるとすれば「両建て」が一番適している。 朝9時少し前に「寄付き成行」か、午後3時少し前に「引け成行」で、売り建てと買い建てを […]

大循環分析表について

3本のローソク足の平均線でトレンドをみる「大循環分析」 テクニカルの中で最もポピュラーなロウソク足の最も基本的なな表示技術とも言える短期線(5日間の終値の平均)、中期線(20日間の終値の平均)、長期線(60日間の終値の平 […]

低位株とつきあう

張り詰めたデイトレードからの脱出 株式トレードにかかわることになったのは偶然のことからです。 株トレードを始めたのは女房から「株投資って儲かるらしいからやってみたら」と冗談で軽く勧められたのがきっかけで、相手にしたのは余 […]
難しい売買のタイミング

買い注文のタイミング

「買い場」は後で分かるもの 上がりそうだなと思えば買い、下げそうだなと思えば売る。 基本は皆そうだろう。 5分足ではなく時間足や日足で見ると予想が矛盾する場合に出くわす。 矛盾に遭遇したら損切りで対応する。 だからどんな […]

仕手株について

仕手株は材料も無く急騰する 投資資金が100万円程度では株価が200円未満の低位株、仕手株、ボロ株といわれる銘柄を相手にするしかありません。 仕手株とは決算実績に関わりなく、意図的に株価が操作されて急騰、急落を繰り返す銘 […]