予算前倒しは追加枠の布石 防衛費5.2億円“膨張”は青天井

2017年12月10日

小野寺防衛相は「専守防衛に反しない」と強弁/(C)共同通信社

まるで火事場ドロボーだ。8日、小野寺防衛相は“日本版トマホーク”と呼ばれる空対地と空対艦の巡航ミサイルの導入に向けた関連経費を2018年度予算に追加要求すると発表した。政府はドサクサに紛れて1900億円のミサイル防衛の関連経費も17年度補正予算案に計上する。

政府が来年度予算に追加要求するのは、ノルウェーが開発中の「ジョイント・ストライク・ミサイル(JSM)」の取得費など。空から艦艇を攻撃する「空対艦」と、地上目標を狙う「空対地」の2つの能力を持ち、最新鋭ステルス戦闘機F35Aに搭載する。小野寺防衛相は「敵基地攻撃を目的としたものではない」「専守防衛に反しない」と強調するが、トンデモもない詭弁だ。

軍事評論家の前田哲男氏が言う。

「巡航ミサイルJSMの射程は約500キロメートルですが、F35戦闘機に搭載することで大幅に飛距離が延びます。ジェットエンジンで低空を水平飛行し、GPSとレーダーを利用し正確に目標を破壊するため、敵基地攻撃も可能になる。憲法9条に基づく従来の専守防衛から大きく逸脱することになります」

以下省略

 

日刊ゲンダイDIGITALに掲載された記事であるからある程度は左向きなのは承知だが、小野寺防衛相の発言に対して「トンデモもない詭弁だ」としてミサイル防衛の17年度補正予算案計上に咬みついた。

今、迫りくる北朝鮮からの恫喝に屈するのか、あるいは反撃を用意するのかが問われている。

金額の多寡の問題ではなく、我々の生存を確保するための費用と考えれば止むを得ない経費であり、それでも十分とは言えないのだ。

日本国憲法の趣旨として「専守防衛」が謳われているが、これは国を守る精神のことを言っているのであり、決して物理的武器そのものを指しているのではないと思う。

敵基地攻撃能力が可能になり、憲法9条に基づく従来の専守防衛から大きく逸脱するのであれば憲法を改正するしかないではないか。

核弾頭の脅威を目の前にして、核シェルターの普及率を見てみれば、イスラエルとスイスは実に100%を達成しているのに日本はというと0.02%しかなく、水と安全はタダでという国民性を如実に表している。

「日本は平和憲法を持っていて安全な国だから金正恩は決して攻撃をしないだろう」と平和ボケした頭には刷り込まれている様だ。

 

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

 

12月8日(金)の日経平均株価日足チャートは上下に短いヒゲを伴う「小陽線」をつくり続伸した。

NYダウの3日ぶりの反発と円安為替の影響を受けて幅広く買い優勢となった。

 

日経平均株価日足チャート2017年12月8日(金)

 

外資系寄付き前注文動向は売りが490万株、買いが1210万株、差し引き720万株の買い越し、金額ベースでは買い越しで、米国系ファンドは買い越し 、欧州系ファンドも買い越しだった。

 

AOI TYO HDは上ヒゲを伴う「小陽線」をつくったが反落した。

出来高は66400株と前日より減少している。

 

AOI TYO HD日足チャート2017年12月8日(金)

 

蛇の目は上下にヒゲを伴う「小陰線」をつくり反落した。

出来高は145100株と前日より大幅増加している。

 

蛇の目日足チャート2017年12月8日(金)

 

AOI TYO HD1286(-11)、蛇の目842(-21)の終値で引け、決済は見送った。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果の配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 22811.08 313.05

12月8日 (金) 3975 AOI TYO HD 前日終値 1297
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 1286
1月4日 1113 〇* 623     360株
(TYO2000株 ⇒ AOI TYO HD 360株)
12月6日 1280 〇 6     100株
12月6日 1280 × -6     100株
9月20日 1190 × -96     100株
12月損益 9100 含み損益 52680 売2ー 4.6買


12月8日 (金) 6445 蛇の目 前日終値 863
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 842
9月24日 1270 〇* -428     100株 現物株
8月17日 1080 〇* -238     100株 現物株
11月17日 869 × 27     100株
12月損益 -4000 含み損益 -63900 売1ー 2買


今年度損益計
AOI TYO HD 8800
蛇の目 17900

前年度損益計
TYO 36000
蛇の目 3700

前々年度損益計
TYO 170000
蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、〇は買建玉、〇*は現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益は当日終値からの差益になっています。

12月損益は当月の差益です。含み損益は残建玉の損益計でマイナスが損になっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)