株価の波乱要因?! 超高速取引の実態は

2019年1月16日 14時09分

人がまばたきをするよりもはるかに速く株を売買するーーー。今、株式市場で「超高速取引(HFT)」が存在感を高めています。最近の株価乱高下の要因になっているとも指摘されますが、業者のほとんどは海外勢で取り引きの詳しい実態は不透明です。どういった投資手法がとられているのか。今回、日本に本拠をおく唯一の業者が取材に応じました。(経済部記者 櫻井亮)

以下省略

 

国内に本拠をおく唯一の高速取引業者「ダルマ・キャピタル」の塩谷明達代表(46)によると、HFTの投資戦略としては2つあるという。

1つが「アービトラージ(裁定取引)」という投資手法で、複数の取引所のうちで株価の一番安いところから購入したものを一番高いところで売却して差額を利益確定するというものだ。

もう1つは「マーケットメイク」という手法で、同じ銘柄に売り注文と買い注文の両方を出す。

通常、取引所では「オークション方式」で株価が決定されて、証券会社は約定の仲介をするだけであるが、マーケットメイカーとして取引所に届け出ている証券会社は投資家に対して売買可能な両方の価格と株数を常時提示しておかなければならない。

「マーケットメイク」は流動性を確保することに最大の特徴があり、誰もが売りたいと考えている限りは買いの気配値がつかないことが予想される取引高が少なく規模の小さい企業の場合などは、これによって取引停滞から解放されるので、投資家心理に明るさを取り戻せる。

そして通常銘柄であればストップ高、ストップ安という値幅制限があるのだが、マーケットメイク銘柄には値幅制限が撤廃されており、代わりに「サーキットブレイク制度」が設けられていて、株価が一定の割合(上下30%)まで動くと15分の取引中断を行い投資家の頭を冷やさせるシステムとなっている。

こういった手法のアルゴリズム取引はどこも同じようになるため、取引所と自社のサーバー同士を1秒の10億分の1、「1ナノ秒」の単位でやり取りさせる差別化で勝ち組に入ろうとしているという。

最近、顕著になっているボラティリティの急上昇を伴うジェットコースター相場は超高速のアルゴリズム取引が主犯のようだが、本当にそれだけなのだろうか?・・

個人投資家がパニック売りに走って、相場の行き過ぎを招くという人間心理にこそ、主原因があるような気がしている。

 

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

 

1月16日(水)の日経平均株価日足チャートは短い上ヒゲと長めの下ヒゲを伴う「小陰線」をつくり反落した。

前日の米国株市場でNYダウなどが上昇したものの、目先の利益確定売りに押されて終えた。

 

日経平均株価日足チャート2019年1月16日(水)

 

AOI TYO HDは上下にヒゲを伴う「上影陽線(短陽線)」をつくり続伸した。

このローソク足は高値警戒感・失望感と共に調整局面入りを暗示している。

出来高は121500株と前日より漸減している。

 

AOI TYO HD日足チャート2019年1月16日(水)

 

蛇の目は上下にヒゲを伴う「短陰線」をつくり反落した。

出来高は21900株と前日より漸減しているが僅少である。

 

蛇の目日足チャート2019年1月16日(水)

 

AOI TYO HD790(+6)蛇の目487(-3)の終値で引け、決済は見送った。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果の配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 20442.75 -112.54

1月16日 (水) 3975 AOI TYO HD 前日終値 784
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 790

1月4日 1113 〇* -1163    360株 現物株
(TYO2000株 ⇒ AOI TYO HD 360株)
8月15日 1505 〇 -715    100株
10月5日 1441 〇 -651    100株
10月11日 1379 〇 -589    100株
10月22日 1372 〇 -582    100株
10月19日 1323 〇 -533    100株
10月25日 1239 〇 -449    100株
11月15日 1117 〇 -327    100株
11月20日 1047 × 257    100株
11月20日 918 × 128    100株
12月18日 841 × 51    100株
12月28日 778 × -12    100株
12月25日 735 × -55    100株
1月損益 0 含み損益 -463980 売5ー 10.6買


1月16日 (水) 6445 蛇の目 前日終値 490
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 487

9月24日 1270 〇* -783    100株 現物株
8月17日 1080 〇* -593    100株 現物株
1月損益 0 含み損益 -137600 売0ー 2買


2019年度損益計(前月分までの合計)
AOI TYO HD 0
蛇の目 0

2018年度損益計
AOI TYO HD 180500
蛇の目 500

2017年度損益計
AOI TYO HD 17900
蛇の目 16100

2016年度損益計
TYO 36000
蛇の目 3700

2015年度損益計
TYO 170000
蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×売建玉買建玉〇*現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益は当日終値からの差益になっています。

1月損益は当月の差益です。含み損益は残建玉の損益計でマイナスが損になっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)