ビットコインは、今から買ってもいいのか

仮想通貨は「本物」でも価値はどう評価する?

山崎 元 : 経済評論家
仮想通貨は「本物」。ビットコインなどに投資する人は「上がるのだから今買わないと、もったいない」などと考えるが、これは正しいのか(写真:sasaki106/PIXTA)

 

2018年が始まって3週間、株価は元気なようだ。為替が円高気味なのは気になるが、当面大きな心配はなさそうなので(そういう時こそがヤバイという経験則はあるとしても)、今回は、少し未来のことを考えてみたい。

仮想通貨は「本物」だが、ビットコインの価格は?

2017年はビットコインが話題になった年だった。1年を通じて、「個人の資産形成法について」といった地味なテーマのセミナーでお邪魔しても、一番良く聞かれた質問は、「ビットコインについてどう思いますか?」だった。折り良く、最新の「週刊東洋経済(1月27日号)」の特集は「ビットコイン天国と地獄」である。26日は仮想通貨取引所のコインチェックにおいて、仮想通貨NEMが不正に引き出されるという事件も起きた。

いわゆる仮想通貨を支えるブロック・チェーンの技術は「本物」(=本格的に有用)であり、今後、応用の拡大が期待される。たいてい、どの論者もここまでの意見は同じだ。

以下省略

 

コインチェックの「チェックメイト」を経験して分かったことは、TVでCMを放映しているから安全ではなく、大手銀行でさえいったん巻き込まれればコインチェックの二の舞になるだろうという悲しい現実である。

しかし銀行に対してはペイオフ制度があるので、最悪でも預金額1000万円までは戻ってくるので大丈夫だろうというもっともな声が聞こえてくる。

ただし途中でコインチェックと同様に全体の負債額確定までは預金引き出しを停止されるので、当座預金などで商売に利用している場合にはやはり連鎖倒産の恐れを捨てきれない。

どの論者も認めている仮想通貨のブロックチェーン技術は本物であるから、底流として今年もビットコインが長期の上昇トレンドを描いていくことは間違いないので、押し目での購入は正しい選択となる。

問題はその後で、どこに保存しておくかということに尽きる。

ビットコインの保存手段としてウォレットがある。

ビットコインを入手するには仮想通貨取引所で口座を開設する必要があり、取引所専用のウォレットを作らなければならない。

こちらはスマホにインストールして使えば丁度小口資金の財布代わりになり便利だ。

取引所ではインターネットに接続して管理するホットストレージ(hot storage)とインターネットに接続しないで管理するコールドストレージ(cold storage)に分かれる。

コインチェックでは仮想通貨ネム(XEM)がホットストレージだったのでハッキング被害を受けてしまったのであるが、少なくともコールドストレージを活用している仮想通貨取引所の選択が第一に必要なことである。

ビットフライヤー(bitFlyer)は、ビットコイン保管中のリスクを保証する損害保険を国内大手損保と契約しており、コールドストレージを多く使う環境にあるので比較的安心できる。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

次にビットコインを入手出来たら取引所のウォレットから自分専用の端末に送金して、長期的にオフライン環境下で保存することが可能なハードウェアウォレットに保存する。

 

 

こちらのハードウェアウォレットは大口の資産保全に適している。

いったんこちらへ入金すれば紛失しない限りは安心できる。

ビットコインの安全がブロックチェーンによる分散型台帳技術によって保障されているように、最終的にウォレットも複数種類に分散して資産保全を図ることが一番なようだ。

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

 

1月26日(金)の日経平均株価日足チャートは上下にヒゲを伴う「小陰線」をつくり下落した。

後場から軟調な値動きになって週末の利益確定売りに押されて3日続落して終えた。

 

日経平均株価日足チャート2018年1月26日(金)

 

 

AOI TYO HDは窓を開けて寄り付き、短い上ヒゲを伴う「中陽線」をつくり続伸した。

上場来高値と年初来高値を更新しており、日経平均株価は下降気味であるが、こちらは上昇トレンド継続とみた。

出来高は125700株と前日より漸減している。

 

AOI TYO HD日足チャート2018年1月26日(金)

 

蛇の目は上下にヒゲを伴う「小陰線」をつくり3日連続続落をした。

出来高は52400株と前日より漸減している。

 

蛇の目日足チャート2018年1月26日(金)

 

AOI TYO HD1471(+52)、蛇の目841(-4)の終値で引け、決済は見送った。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果の配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 23631.88  -37.61 

1月26日 (金) 3975 AOI TYO HD 前日終値 1419
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 1471
1月4日 1113 〇* 1289      360株 現物株
(TYO2000株 ⇒ AOI TYO HD 360株)
12月6日 1280 〇 191     100株
12月6日 1280 × -191     100株
9月20日 1190 × -281     100株
1月損益 0 含み損益 100780 売2ー 4.6買


1月26日 (金) 6445 蛇の目 前日終値 845
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 841
9月24日 1270 〇* -429     100株 現物株
8月17日 1080 〇* -239     100株 現物株
1月損益 0 含み損益 -66800 売0ー 2買


今年度損益計
AOI TYO HD 0
蛇の目 0

2017年度損益計
AOI TYO HD 17900
蛇の目 16100

2016年度損益計
TYO 36000
蛇の目 3700

2015年度損益計
TYO 170000
蛇の目 -10600

 


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、〇は買建玉、〇*は現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益は当日終値からの差益になっています。

1月損益は当月の差益です。含み損益は残建玉の損益計でマイナスが損になっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)