米株襲った3つの逆風 米中摩擦・景気不安・アルゴ

2018/10/11 11:50 日本経済新聞 電子版

【ニューヨーク=宮本岳則】米国株相場が高値波乱に見舞われた。10日のダウ工業株30種平均は前日比831ドル83セント安となり、2月8日以来の下げ幅を記録した。世界景気の先行き不安と米中摩擦の悪影響表面化に加え、コンピューターを使った「アルゴリズム取引」の売り――。先週半ばに始まった金利上昇で手控えムードが広がるなか、突如として3つの逆風が吹き付けた。

10日のNY株は2月8日以来の下げ幅を記録した=ロイター

以下省略

 

金利上昇と株高が併存する「適温相場(ゴルディロックス相場)」が遂に終わりを迎えたのだろうか。

米国株の大幅下落に端を発した急落相場は全世界に波及して、東京株式市場も今年3番目の下げ幅を記録した。

米中貿易摩擦の悪影響が表面化した場合などは、多少は企業のファンダメンタルズの足を引っ張ることは考えられるのだが、大分以前から投資家は危険性を把握していたはずで、ここに来てみんながみんなして突然に判った訳ではあるまい。

 

日経平均株価半年間日足チャート2018年10月11日(木)

 

これだけ急激な暴落を引き起こした原因として「アルゴリズム取引」が疑われている。

時々刻々と流されるニュースで特異な出来事に対して自動的に反応するアルゴリズムを組み込んだコンピュータプログラムである。

また、急激なチャートの変動を認識した場合に反対売買を組み込んで置くアルゴリズムによって、多くのファンドが同じ行動をすることが考えられる。

機関投資家のシステムトレードだと言えば分かり易いかも知れない。

さらに東京証券取引所の「アローヘッド」というHFT(ハイ・フリクエンシー・トレーディング)がある。

約0.3ミリ秒という短時間の注文応答をこなす優れものであるが、これが「アルゴリズム取引」を加速させている。

人と人が相対して売買注文を取り扱っていた昔では無かった事態に直面しているのだ。

しかし、経済のファンダメンタルズとは別につくられた動きであって、リーマンショックなどのように実体経済がそれ程打撃を受けている訳ではないから長期に亘る暴落傾向は考えられない。

日経平均株価は急落したが、半年間の日足チャート図で見るように、元々調整で下落基調だったところに拍車をかけただけだったようである。

人工知能AIによる「アルゴリズム取引」がいつか世界経済そのものを破壊してしまうのではないかという危惧を感じている。

 

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

 

10月11日(木)の日経平均株価日足チャートは上下にヒゲを伴う「大陰線」をつくり窓を開け大幅反落した。

前日の米国株市場でNYダウ、ナスダック指数など主要指数が大幅安となったために、寄り付きよりリスクオフで始まり、東京株式市場も一時は1000円を超える今年3番目の大きさの下落をした。

為替は円高に振れて、アジア株市場も全面安となり、世界同時株安となった。

 

日経平均株価日足チャート2018年10月11日(木)

 

AOI TYO HDは上下にヒゲを伴う「小陰線」をつくり窓を開けて4日続落した。

8月15日建値1441円の売建玉100株を1380円で指値返済買い決済をしてプラス616100円の利益確定をした。

さらに1379円の指値新規買建玉を入れておいたものが同時に約定している。

終値が1361円までげたので、少し早すぎる決済・約定であったが、前から指値をしていたので仕方ないだろう。

価格帯別出来高の2番目の高値ラインに被って下落しているので、下方ブレークなのかも知れないが、今回はフロック的な株安だろう。

出来高は162700株と前日より漸増している。

 

AOI TYO HD日足チャート2018年10月11日(木)

 

蛇の目は上下にヒゲを伴う「大陰線」をつくり窓を開け大幅続落した。

下降の勢いはまだまだ強く、明日も下落するか。

出来高は91300株と前日より漸増しているが僅少である。

 

蛇の目日足チャート2018年10月11日(木)

 

AOI TYO HD1361(-40)蛇の目642(-39)の終値で引けている。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果の配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 22590.86 -915.18

10月11日 (木) 3975 AOI TYO HD 前日終値 1401
日付 約定株価 状態 差益 当日指値 1380

1月4日 1113 〇* 961    360株 現物株
(TYO2000株 ⇒ AOI TYO HD 360株)
4月17日 1681 〇 -301    100株
5月8日 1605 〇 -225    100株
4月23日 1600 〇 -220    100株
8月15日 1505 〇 -125    100株
10月5日 1441 〇 -61    100株
8月15日 1441 × 61    100株 指値返済買決済
8月21日 1380 × 0    100株
5月25日 1352 × -28    100株
8月13日 1320 × -60    100株
10月損益 8300 含み損益 220 売4ー 8.6買
 ⇓  ⇓  ⇓
10月11日 (木) 3975 AOI TYO HD 前日終値 1401
日付 約定株価 状態 差益 当日指値 1379

1月4日 1113 〇* 958    360株 現物株
(TYO2000株 ⇒ AOI TYO HD 360株)
4月17日 1681 〇 -302    100株
5月8日 1605 〇 -226    100株
4月23日 1600 〇 -221    100株
8月15日 1505 〇 -126    100株
10月5日 1441 〇 -62    100株
10月11日 1379 〇 0    100株 指値新規買建玉
8月21日 1380 × 1    100株
5月25日 1352 × -27    100株
8月13日 1320 × -59    100株
10月損益 14400 含み損益 -6440 売3ー 9.6買
 ⇓  ⇓  ⇓
10月11日 (木) 3975 AOI TYO HD 前日終値 1401
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 1361

1月4日 1113 〇* 893    360株 現物株
(TYO2000株 ⇒ AOI TYO HD 360株)
4月17日 1681 〇 -320    100株
5月8日 1605 〇 -244    100株
4月23日 1600 〇 -239    100株
8月15日 1505 〇 -144    100株
10月5日 1441 〇 -80    100株
10月11日 1379 〇 -18    100株 指値新規買建玉
8月21日 1380 × 19    100株
5月25日 1352 × -9    100株
8月13日 1320 × -41    100株
10月損益 14400 含み損益 -18320 売3ー 9.6買


10月11日 (木) 6445 蛇の目 前日終値 681
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 642

9月24日 1270 〇* -628    100株 現物株
8月17日 1080 〇* -438    100株 現物株
10月損益 0 含み損益 -106600 売0ー 2買


今年度損益計(前月分までの合計)
AOI TYO HD 191400
蛇の目 500

2017年度損益計
AOI TYO HD 17900
蛇の目 16100

2016年度損益計
TYO 36000
蛇の目 3700

2015年度損益計
TYO 170000
蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×売建玉買建玉〇*現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益は当日終値からの差益になっています。

10月損益は当月の差益です。含み損益は残建玉の損益計でマイナスが損になっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)