自衛隊の尖閣諸島防衛に対して米国があらためて支援を表明した意図は自由主義陣営の結束にあった

在日米軍の代表を務めるケビン・シュナイダー司令官(usfj.mil)

在日米軍のシュナイダー司令官が7月29日に尖閣諸島海域への中国海警局による前例の無い程の度重なる侵入に対して、日本政府の対応を同盟国として支援する旨の発表がありました。

日本の世論は、単純に尖閣諸島が日米安保条約の適用範囲内であることを米国側から認めたものとして、中国の横暴に楔を打ち込んだと好意的に受けとめたようです。

在日米軍の代表を務めるケビン・シュナイダー司令官(usfj.mil)

在日米軍の代表を務めるケビン・シュナイダー司令官(usfj.mil)

米国は中国を敵国として認識した

米国トランプ大統領が「中国スパイの巣窟」としてテキサス州ヒューストンにある中国総領事館の閉鎖を実行したことへの報復で、四川省成都市の米国総領事館も閉鎖されて、文字通り一触即発の米中関係となりました。

各国の領事館や大使館は単に外交機関というばかりでなく、どこでも駐在武官を常駐させており、各国の諜報機関の活動拠点となっていることは常識です。

外交の裏側では諜報機関員同士による情報交換が頻繁に行われいるのが普通ですから、そこを閉鎖するということの意味は情報遮断をしてでも敵として認識していることになります。

米国から突き付けられた日中関係の清算

経済のグローバル化によって世界の製造工場としての地位を確保している中国ですから、日本も対中国輸出はGDP比で第1位となっており、輸入も米国に次いで第2位を占めているので、日本としては中国を切りたくても切れないというのが経済界の本音です。

それゆえに、米国にしてみれば日本が米中を秤にかけてバランス外交に徹することを恐れて、日本政府の懸案事項である尖閣諸島を守ることをあらためて提言したのです。

日本政府にとって尖閣諸島領有権問題は、「永遠に棚上げしておきたい事項」だったのですが、中国が武漢肺炎拡大責任を棚に上げた侵犯行為を過度に度重ねているので、日中外交のキーポイントとなっていました。

共産主義中国が人類に残された最後の障壁

中国は建国以来、共産主義の一党独裁政権として他党を弾圧する存在となっており、共産主義の究極目標である世界革命のために国策として発展途上国へ牙を向けて来ました。

人類が共産主義の恐怖を最初に味あわされたのはロシア革命によってソビエト社会主義共和国連邦が誕生した時でした。

マルクス主義者のレーニンがツアーリ政権のロマノフ王朝の絶対君主制による圧政から民衆を解放するという農村革命でした。

都市プロレタリアートに資本主義の矛盾が蓄積して爆発するだろうというマルクスの予想とは若干違って、農村部からの革命となりましたが、行き過ぎた圧政からの解放という点で共産主義も一定の評価を受けたのです。

その後、世界ではナチスドイツによる世界制覇への野望の前に、人類は反ナチズムとして共産主義者とも手を組んで共闘体制を築き、ようやくヒトラーの悪夢から解放を勝ち取りました。

しかし戦後、自由主義対共産主義は相容れない対立となって両陣営に「鉄の壁」という冷戦構造を築いてしまいました。

長く続いた東西冷戦も1989年にベルリンの壁崩壊という象徴的出来事を通して、自由主義の勝利の内に終えたように見えましたが、ソ連邦の崩壊後も共産主義中国やキューバ、あるいはベトナムなどが残滓として消えていなかったのです。

なかでも中国は14億人という膨大な人口を抱えて、開放路線以降急激に経済力をつけて来ましたが、その本質は変わらずに習近平主席による「一帯一路」を推進しました。

共産主義中国による人権侵害の実態

宗教団体への抑圧

中国の毛沢東は農村革命を成功に導き、人類をプロレタリアートとブルジョアジーに2分割をして、前者が後者を打倒する階級闘争の歴史としたことから、わたしたちに争いこそが歴史だという誤った思想をもたらしたのです。

その結果、共産主義中国は人権侵害や民族差別などのわたしたちが克服すべき課題も、共産党の私兵である人民解放軍の邪魔となれば弾圧することも正義となりました。

唯物論を絶対教条としているため、最初に弾圧の対象となったのは唯心論としての宗教です。

文化大革命の時期には宗教が徹底的に否定され、教会や寺院・宗教的な文化財が破壊されました。

中国の憲法には「公民は宗教信仰の自由を持つ」と規定されていますが、あくまでも共産党の指導に従うことが条件となり、当然に外れてしまったチベット仏教を始めとして、「地下教会」での活動を余儀なくされたキリスト教あるいは気功の普及で拡大した法輪功といった団体は抑圧されたのです。

特に法輪功学習者を強制収容しての洗脳は自由主義諸国から激しい非難が集中しました。

少数民族への抑圧

またチベット族やウィグル族などの少数民族への弾圧も、100万人から300万人とも言われる異民族を中国へ同化させるとして「新疆ウイグル再教育キャンプ」などの共産主義中国が採用したナチスドイツ並みの強制収容所を通して行われたのです。

ウィグル族の収容者は断種手術によって将来に民族としての生存を奪う他、生きたままの生体臓器摘出によって中国が世界に誇る臓器売買と臓器移植大国実現に貢献させられました。

共産主義は知らぬ間に自由主義国に潜入した

聞くだけで悍ましいこれらの所業は自由主義諸国の民衆から隠さなければならず、インターネット閲覧や報道の自由なども制限監視下に置かれることになりました。

経済的利益のみを優先する資本主義の論理から「解放」後の中国との交流が続けられて、特に「民間は中央政府とは別だ」という理屈をつけた一部親中派議員や経済界の有力者などは「日中友好協会」を作り、圧力団体として私的利益を追求することになったのです。

こういった状況は米国内でも同様でしたので、知らぬ間に大学や政府機関内に共産主義中国の諜報網が敷かれることになりました。

日本の早稲田大学や立命館大学等の有名大学に、「中国語や中国文化の教育及び宣伝、中華人民共和国との友好関係醸成を目的に設立」した中国政府の機関「孔子学院」などは中国共産党統一戦線工作部の強い影響下に置かれていることは周知の事実です。

自由主義のリトマス紙となったコロナウィルスと香港情勢

新型コロナウィルスのパンデミックは共産主義中国が自由主義社会共通の敵であることを全世界にあらためて暴露しました。

人民解放軍傘下の武漢ウィルス研究所からの実験過程でウィルスが漏出した疑念を払拭することは、国際調査団の入国を拒否している状況では不可能です。

徹底した証拠隠滅が済めば息のかかったWHOの調査団を招きいれることになるのでしょう。

また、「一国二制度」の香港ですが、国安法に違反しているとして、共産主義政府に批判的な部分の抹殺を始めました。

2020年9月の香港立法会(議会、定数70)選挙に向けた民主派の予備選挙が始まっていますが、共産党政府は国安法による民主派弾圧を徹底して、批判勢力が議会で多数派となることを阻止しています。

日本政府は親中派を追放する一大改革が出来るか

米英欧豪の自由主義国家群は団結して共産主義中国と対決することになりました。

多少、後ろ向きだった英国やオーストラリアなども新型コロナのパンデミックに対して余りの中国の無責任で横柄な態度に愛想をつかして、米国と共同歩調をとることとなりました。

もちろん最初のきっかけは香港市民の自由を求めるデモやストライキに対しての強引な弾圧取り締まりがYouTubeによって全世界に発信されたことからですが、学生や市民からの情報が集まるに連れて中国共産主義による人権侵害が明らかにされたのです。

香港政府が発表した報告では、昨年の6月から9月までで2537件の死体発見(入院前に既に死亡、及び入院後死亡の数含む)があり、3ヵ月間の自殺通報件数は256件だったことから、相当数が官憲による犠牲と見られています。

同盟国米国が対中国包囲網を敷いており、日本政府も「米国を取るか、中国を取るか」の選択を迫られているので、いくらインバウンド消費が大きかろうとも背に腹は代えられなくなっているのです。

親中派の議員にとっては、長年積み重ねてきた苦労が水泡に帰してしまうことになるので、必死に抵抗をすることが想定されます。

果たして米国の反中路線に対して独自のバランス外交に出て来るのか、あるいは護憲親中派から憲法改正親米派へと永田町のヘゲモニーが移るのか、予断を許さない状況が続きます。

株式トレード取引銘柄の状況

7月29日(水)の取引銘柄のチャート図と配置表は下記の通りです。

AOI TYO HDは短い下ヒゲをつけた「陰の寄り付き坊主(中陰線)」を作り続落した。

7月10日建値390円の建玉300株と7月13日建値390円の建玉100株の合計400株を後場引成返済決済をして、プラス8800利益確定をしておく。

さらに300株を新規後場引成建玉を約定して今後に備えた。

これで現物株を除いて3-3のイーブン状態の配置表となった。

このローソク足は強い失望感と共に下落一服を暗示している。

出来高は138700株と昨日より漸増している。

AOI TYO HD日足チャート2020年7月29日(水)

AOI TYO HD日足チャート2020年7月29日(水)


当日の配置表推移

*日経平均株価 22397.11 -260.27        

7月29日3975AOI TYO HD前日終値397
日付約定株価状態差益当日終値388
———-1017〇*-3145500株現物株とりまとめ
5月28日503-115100株
6月17日475-87100株
7月9日401-13100株
7月10日390×6300株後引成返済決済約定
7月13日390×2100株後引成返済決済約定
7月29日388×0300株新規後引成建玉約定
7月損益14900含み損益-3352007ー 8

   ⇩  ⇩  ⇩    

7月29日3975AOI TYO HD前日終値397
日付約定株価状態差益当日終値388
———-1017〇*-3145500株現物株とりまとめ
5月28日503-115100株
6月17日475-87100株
7月9日401-13100株
7月29日388×0300株新規後引成建玉約定
7月損益15700含み損益-336000売3ー 8

2020年度損益計

AOI TYO HD-14000

 

配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×売建玉買建玉〇*現物株建玉の印で100株単位になっています。

次の差益は当日終値からの差益になっています。

7月損益は当月の差益です。含み損益は残建玉の損益計でマイナスが損になっています。