米国は北朝鮮の安全保障政策の変更を余儀なくされている

バンコクで日韓外相会談が行われたが、想定通りに平行線で終えている。

米国にとっての最大の懸案事項は安全保障問題であり、日韓の関係悪化によって経済関係を切り離さざるを得なくなった朝鮮半島の防衛のためには、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)をいわば最期の砦と位置付けている。

北朝鮮の核ミサイルの脅威に対抗して日、米、韓の三国軍事同盟が必須であるが、文在寅大統領は金正恩委員長との南北平和統一の幻想に取り付かれており、米国もトランプ大統領が北朝鮮政府容認を滲ませた発言をしていることから、本音では日韓同盟など破棄したいはずだ。

しかし米国にとって三国同盟の日韓が破綻しては北朝鮮の思うままとなるので、日韓の経済がどうなっても米国が損をするわけではないから、最低限の安全保障レベルでは繋ぎとめておきたいと考えている。

 

1日、韓国の康京和外相(左)とバンコクで会談(日本経済新聞)
1日、韓国の康京和外相(左)とバンコクで会談(日本経済新聞)

 

そんな米国の弱みを見透かして康京和(カンギョンファ)外相は、8月2日に韓国のホワイト国除外を閣議決定すれば、「日韓安保協力の枠組みに影響があり得る」と相変わらず捨て身の恫喝をかけて来た。

輸出手続き簡略化の優遇措置である「ホワイト国」を他のアジア諸国と同じくするだけで、輸出規制となる禁輸措置とは違うのだから、韓国内の輸入管理をしっかりすれば済む話なのだ。

 

国を挙げての日本商品不買運動で、日本に縁のあるものは全て「積弊清算」によって売国的とする集団ヒステリーを発症させながら、輸出管理強化対象三品目についてだけは従来通りの輸入と、ホワイト国としての認定を強要するという矛盾に満ちた態度を持続させていることに気が付かない。

韓国から泣きつかれた米国も、双方から頼まれれば嫌とは言えないと、仕方なくポンペオ国務長官が韓国の申し出を受けた形にして仲裁案の提示をさせられるようだが、日本の閣議決定は変えられるはずもないことは織り込み済みである。

 

ポンペオ氏、1日バンコク合意を仲裁
ポンペオ氏、1日バンコク合意を仲裁

 

日本としても米国の立場を尊重しなければならず、制裁発動を次の段階である禁輸措置を仄めかすだけに留め、明日のホワイト国除外決定で韓国政府の出方を見守ることになりそうだ。

内政の経済的失敗を日本の経済侵略のせいにして支持率回復を図った文在寅大統領なので、米国の意向に反しても対北朝鮮戦略でGSOMIA破棄へと進み、「責任は日本にある」と開き直るつもりでいる。

 

トランプ大統領は既に日韓同盟崩壊を見切っており、中国・ロシアを含めた東アジアの防衛戦略体制全体を練り直しているに違いない。

 

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

 

8月1日(木)の日経平均株価日足チャートは上下にヒゲを伴う「中陽線」をつくり小幅な反発をした。

前日の米株急落を受けリスクオフ売り気配で始まったが徐々に下げ渋って、どうにかプラス圏内に引けている。

このローソク足は上昇期待感と共に相場の上昇を暗示している。

 

日経平225日足チャート2019年8月1日(木)
日経平225日足チャート2019年8月1日(木)

 

AOI TYO HDは長めの下ヒゲを伴う「陰の寄り付き坊主(小陰線)」をつくり反落した。

このローソク足は失望感と共に下落一服を暗示している。

出来高は80600株と前日より減少している。

 

AOI TYO HD日足チャート2019年8月1日(木)
AOI TYO HD日足チャート2019年8月1日(木)

 

蛇の目は短い下ヒゲを伴う「陰の寄り付き坊主(小陰線)」をつくり続落した。

出来高は20100株と前日より漸増しているが僅少である。

 

蛇の目日足チャート2019年8月1日(木)
蛇の目日足チャート2019年8月1日(木)

 

AOI TYO HD〇(△)蛇の目〇(△)の終値で引け、決済は見送った。

 


低位株・ボロ株ランキング

 

直近のトレード結果の配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 21540.99 19.46

8月1日 (木) 3975 AOI TYO HD 前日終値 715
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 707

———- 1017 〇* -1550    500株 現物株とりまとめ
5月8日 762 〇 -55    100株
3月25日 763 〇 -56    100株
7月3日 689 〇 18    100株
7月9日 676 × -93    300株
8月損益 0 含み損益 -173600 売3ー 8買


8月1日 (木) 6445 蛇の目 前日終値 467
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 455

9月24日 1270 〇* -815    100株 現物株
8月17日 1080 〇* -625    100株 現物株
8月損益 0 含み損益 -144000 売0ー 2買


2019年度損益計(前月分までの合計)
AOI TYO HD -342100
蛇の目 0

2018年度損益計
AOI TYO HD 180500
蛇の目 500


過去の収益合計は前年度分だけ掲載致しました。

配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×売建玉買建玉〇*現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益は当日終値からの差益になっています。

8月損益は当月の差益です。含み損益は残建玉の損益計でマイナスが損になっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)