元従軍慰安婦が「反日種族主義」を名誉棄損で提訴 被虐史観と自虐史観で無益な争いが続く!

慰安婦の李容洙さん

旧日本軍慰安婦被害者である李容洙(イ・ヨンス)さんが元ソウル大学教授の李栄薫(イ・ヨンフン)氏と延世大学教授の柳錫春(リュ・ソクチュン)氏を相手取って名誉棄損で告訴したとの報道があり驚きました。

李容洙さんによると、被告が出版した「反日種族主義」は慰安婦を傷つける嘘を書いているという論旨であるが、素人が学者の論説を論破出来るとは思えません。

告訴の背景には情緒法が支配する韓国司法の存在があり、理論的な証明よりも世論に基づいた感情を優先する最高裁判所判決が出されている現状を写し出しているようです。

「被虐史観」と「自虐史観」による無益な論争

慰安婦の李容洙さん

慰安婦の李容洙さん

「朝鮮人従軍慰安婦は日本軍により強制徴用されたもので、皆が悲惨な状態だった」というのが李容洙さんたちの基本的主張です。

戦後武装解除された日本は連合国に「自虐史観」を植え付けられ、「朝鮮半島では悪魔のように極悪非道を繰り広げて、朝鮮のか弱き乙女たちを誘拐や拉致をして強制的に働かせた」というのが教科書に書かれた「史実」に他なりませんでした。

だからこそ北朝鮮は日本人を拉致・誘拐することを報復的観点から当然のこととしているのです。

しかし、当時の従軍慰安婦と称された戦時売春婦たちは高額の収入を求めて自発的に身を落とした者が大勢いたのも事実でした。

反日種族主義」は元慰安婦支援団体「正義記憶連帯」(正義連)が主張するような犯罪行為は日本政府によって行われたものではなく、平均的給与所得者以上の待遇が提供されたため、自発的に活動した者もいたことを証言を交えて論じています。

「日本軍に強制徴用されていない朝鮮人従軍慰安婦の存在」を明らかにしたものですが、建国後に「被虐史観」の教育を受けさせられた韓国人には気に入らないインチキ書籍と評価されました。

「被虐史観」に支配される韓国世論

おそらく文在寅政権下の青瓦台は北朝鮮と同様の反帝国主義の主体思想に洗脳されていますので、日本帝国主義に抗して勇敢に戦って韓国を建国したことになっています。

実態は、北からの中国やソ連の傀儡として金日成らの共産主義勢力による侵攻に対して、米軍を中心とした連合国の防戦でようやく出来上がったのが韓国という「自由主義国家」だったのです。

朝鮮戦争による人的、物的被害は第二次世界大戦時に朝鮮半島が被った被害とは比べられない程酷いものでしたが、「被虐史観」によって全てが日本帝国主義の所為にされたのでした。

踊らされた慰安婦の名誉棄損

「名誉棄損」は公然と適示された内容が真実であったかどうかは然程問題とはされません。

原告がどれだけ実際に損害を受けたかを証明すれば足りるので、韓国の反日世論を背景におそらくは原告勝利となるに違いないのです。

李容洙さんが経済学者たちと裁判所での対決を選んだのは、世論が自分を支援してくれていることを自覚して提訴をしたものでしょうが、その裏には慰安婦支援団体による法律専門家の入れ知恵があったものと推察されます。

とは言え、韓国国内でベストセラーとなった「反日種族主義」が更に認知されて、「慰安婦」や「徴用工」の歴史の闇を照らすことになるかも知れません。

いずれにせよ昔から「知は力なり」と言いますので、多少の進歩には貢献するものと裁判の結果を期待しているのです。

株式トレード取引銘柄の状況

7月3日(金)の取引銘柄のチャート図と配置表は下記の通りです。

AOI TYO HDは長めの上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「小陰線」を作り続落した。

6月17日建値475円の建玉100株を411円で指値返済を入れておいたらプラス646400円で利益確定の約定をした。

これは直近の3月24日建値411円の建玉と同額の価格を設定しておいたもので、下降局面の展開はまだ来ないと判断しているが、出来高が急減しており分からない。

このローソク足は値下がりして、失望感と共に相場の下落を暗示ている。

出来高は118100株と前日より半減している。

AOI TYO HD日足チャート2020年7月3日(金)

AOI TYO HD日足チャート2020年7月3日(金)


当日の配置表推移

*日経平均株価 22306.48 160.52   

7月3日3975AOI TYO HD前日終値415
日付約定株価状態差益当日指値411
———-1017〇*-3030500株現物株とりまとめ
5月28日503-92100株
6月17日475-64100株
6月17日475×64100株指値返済決済約定
3月24日411×0100株
3月13日406×-5100株
3月13日406×-5100株
3月13日404×-7100株
3月17日404×-7100株
7月損益0含み損益-3146006ー 7

   ⇩  ⇩  ⇩    

7月3日3975AOI TYO HD前日終値415
日付約定株価状態差益当日終値405
———-1017〇*-3060500株現物株とりまとめ
5月28日503-98100株
6月17日475-70100株
3月24日411×6100株
3月13日406×1100株
3月13日406×1100株
3月13日404×-1100株
3月17日404×-1100株
7月損益6400含み損益-3222005ー 7

2020年度損益計

AOI TYO HD-14000

 

配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×売建玉買建玉〇*現物株建玉の印で100株単位になっています。

次の差益は当日終値からの差益になっています。

7月損益は当月の差益です。含み損益は残建玉の損益計でマイナスが損になっています。