GSOMIA破棄を予測していた安倍政権

韓国がGSOMIA破棄を発表して衝撃が広がっている。

輸出管理などと違って、こちらは軍事協力の象徴だったから、日韓の政治・経済・軍事の全関係が破綻したことを意味していた。

しかし、文在寅大統領の打ち出す対日政策は極めて主観的で感情的な側面からのみの印象が強く、韓国世論の動向を忖度した場当たり的な外交に終始しており、むしろ日本にとっては望ましい結果であった。

GSOMIA破棄の是非についても冷静に検証をしてみる必要がある。

巷に報じられるマイナス面だけでなく、必ずプラス面があるに違いないと思っていたのだが、日経新聞電子版に「実は利点も・・」という記事が掲載されていた。

 

実は利点も 日韓軍事情報協定 破棄の真実  委員 高坂哲郎

2019/8/23 23:00日本経済新聞 電子版

韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を延長しないと決めたことに日本や米国で困惑や失望が広がっている。ただ、日本の安全保障関係者の間では事態を静観する向きが多い。日本が提供した機密情報が韓国経由で中国などに漏れるリスクが減ることなど「今回の失効決定には利点もある」(日本の安保情報関係者)との指摘さえ聞かれる。

日韓GSOMIAの破棄や米韓軍事演習の中止を訴える韓国のデモ参加者=AP
日韓GSOMIAの破棄や米韓軍事演習の中止を訴える韓国のデモ参加者=AP

■韓国経由の機密漏洩を恐れていた日米

「韓国の情報機関、国家情報院の幹部が定期的に北京を訪れ、日本や米国が提供した機密情報を中国に漏らしているようだ」――。別の安保関係者は以前、米国防総省高官からこう告げられ、互いに困惑した表情を浮かべたことがあったという。このため日本側は日韓GSOMIA経由での情報のやりとりに細心の注意を払い、こちらの持っている情報を無条件に韓国に渡すことは厳に控えてきた。「韓国から提供された情報の中には、日本側を誤った方向へ誘導するためとみられる虚偽情報が含まれていたこともあった」という。

以下省略

 

GSOMIAは日・米・韓の三国軍事同盟での情報交換システムであったが、米国には日韓での協定締結以前から韓国と日本の情報は入っていたのだから、どちらかと言えば政治プロパガンダ的意味合いが強かった。

しかし共有情報が韓国情報部より中国や北朝鮮に漏れていることが判明し、中にはフェイク情報も含まれていたことから、自衛隊では虚偽情報への対応を余儀なくされていたのだ。

安倍政権とトランプ政権では韓国情報部の恣意的な運用による危険性については既に十分に把握しており、昨年暮れの韓国駆逐艦による自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射事件以降、韓国を友好国から仮想敵国へと分類替えをしていた。

安倍総理も米国への気兼ねもあって、日本側から切り出すことは政治的にマイナスなのは明らかなため、韓国から破棄を申し出てくれたことに感謝したに違いない。

米国にとっても今や軍事面だけの同盟関係となっており、そういう意味でもGSOMIAを中国や北朝鮮の共産主義陣営への「最後の砦」と位置付けていたため、トランプ大統領のショックも大きかったと思われる。

文在寅政権は北朝鮮の出先機関化しており、金正恩委員長の狙い通りに「反日」により日韓を離反させることに成功したので、次は「反米」に鞍替えして韓国世論の形成を図っていくことになる。

また、韓国を親日国に変えるためには、韓国の幼児教育から真実の歴史を教えるようにする必要があり、やはり一旦は現行秩序を完全に壊さなければならず、文政権崩壊後も現制度で教育を受けた市民が完全に亡くなるまで50年以上を経過しないと変わらないかも知れない。

日本政府は「歴史の真実」が朝鮮半島人が受け入れてきた教育とは違うという事実を国際社会に積極的に訴えて行かなければならず、米国国内でのロビー活動の経費も軽視せずに増やす必要がある。

韓国の異様な官製「反日活動」が世界中に発信されている現在こそ、最大のチャンス到来ではないだろうか。

 

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

 

8月22日(木)の日経平均株価日足チャートは上下にヒゲを伴う「小陰線」をつくり小幅反発した。

ジャクソンホールでの国際経済シンポジウムでパウエルFRB議長の講演が23日に予定されており、この内容を確認したいとのムードが強く、買いが手控えられた。

 

日経平225日足チャート2019年8月22日(木)
日経平225日足チャート2019年8月22日(木)

 

AOI TYO HDは上下にヒゲを伴う「中陰線」をつくり続落した。

このローソク足は失望感と共に相場の下落を暗示している。

出来高は62700株と前日より漸減している。

 

AOI TYO HD日足チャート2019年8月22日(木)
AOI TYO HD日足チャート2019年8月22日(木)

 

蛇の目はヒゲの無い「陰の丸坊主(小陰線)」をつくり昨日と同値で引けた。

このローソク足は失望感と共に下落を暗示している。

出来高は12000株と前日より漸減しているが僅少である。

 

蛇の目日足チャート2019年8月22日(木)
蛇の目日足チャート2019年8月22日(木)

 

AOI TYO HD634(-14)蛇の目400(±0)の終値で引け、決済は見送った。

 


低位株・ボロ株ランキング

 

直近のトレード結果の配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 20628.01 9.44

8月22日 (木) 3975 AOI TYO HD 前日終値 648
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 634

———- 1017 〇* -1915    500株 現物株とりまとめ
5月8日 762 〇 -128    100株
3月25日 763 〇 -129    100株
7月3日 689 〇 -55    100株
8月13日 625 × -27    300株
8月損益 17700 含み損益 -225400 売3ー 8買


8月22日 (木) 6445 蛇の目 前日終値 400
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 400

9月24日 1270 〇* -870    100株 現物株
8月17日 1080 〇* -680    100株 現物株
8月損益 0 含み損益 -155000 売0ー 2買


2019年度損益計(前月分までの合計)
AOI TYO HD -342100
蛇の目 0

2018年度損益計
AOI TYO HD 180500
蛇の目 500


過去の収益合計は前年度分だけ掲載致しました。

配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×売建玉買建玉〇*現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益は当日終値からの差益になっています。

8月損益は当月の差益です。含み損益は残建玉の損益計でマイナスが損になっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)