「日本会議」と「反日種族主義」が文在寅政権に対して共闘体制に入った

松木國俊氏

親韓勢力に毛嫌いされる「日本会議」とは

安倍晋三首相も所属しているという「日本会議」は極右団体としてマスメディアに評価されているが、実際はどうなのだろうか。

参加者には国民の代表である衆参国会議員や大学教授が多数在籍している。

小泉純一郎元総理をはじめ下村博文や平沼赳夫、世耕弘成、小池百合子都知事等の議員が大勢名を連ねている。

少なくともメンバーを見た限りでは、極右組織というのは当たらない。

 

日本会議東京本部調布支部副支部長として松木國俊氏が活躍をしている。

松木氏は慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、豊田通商に入社して、同社のソウル事務所に駐在後、「松木商事」を設立して独立している。

ご承知のように”嫌韓”のレジェンドともいえる存在である。

その松木氏が今話題になっている「反日種族主義」について寄稿している。

 

なぜ狂信的に日本を憎悪し侮蔑するのか…韓国を亡国へ導く「反日種族主義」

2019.12.25 20:00

松木國俊氏

松木國俊氏
 【回顧2019】 ■朝鮮近現代史研究所所長・松木國俊氏

【回顧2019】

■朝鮮近現代史研究所所長・松木國俊氏

昨年10月末、韓国最高裁が国際法を無視し、新日鉄住金(現日本製鉄)へ「元徴用工」への補償金支払いを命じて以来、韓国の暴走はとどまるところを知らない。韓国海軍駆逐艦は海上自衛隊哨戒機に射撃用レーダーを照射し、日本側の抗議に対して「低空威嚇飛行への対応」と答えた。自衛隊はすでに「敵軍」なのだ。

韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長は、昭和天皇を「戦犯の主犯」と呼び、天皇陛下(現上皇さま)謝罪を要求して、日本人の心の琴線をズタズタにした。さらに、福島原発事故での放射能被害を世界に向かって過大に吹聴した。日本の弱みを突いたつもりだろうが、風評被害と必死に戦っている福島県民を地獄に落とす所業は、人道上許されるはずがない。

旭日旗への侮辱も度を越している。海上自衛隊員が最も誇りとする旭日旗を「憎悪の旗だ」と、韓国政府が公式ツイッターで投稿した。

年初来、韓国の日本に対する非礼と侮辱の数々は、どれ一つとっても昔なら戦争につながっただろう。

~以下省略~

引用元:zakzak by 夕刊フジ

 

松木氏に指摘されるまでも無く、誰が見ても現在の韓国の対日観は異常である。

日本国内の民主左派と称する人々や、いわゆる文化的知識人たちは、韓国の異常性を理解しつつも、旧帝国主義時代に朝鮮半島で悪さをしたつけが回って来たのだ、と同情的に捉えていたのだが、本家本元の歴史学者から「韓国の反日は嘘で作られている」と自己批判ともとれる論文が公表されて、日韓両国でベストセラーとなった。

反日種族主義」では、「韓国人の反日意識は戦後、韓国政府が国をまとめるために、歴史を歪曲(わいきょく)して日本への「恨み」を国民に植え付けたことに由来する」と述べている。

その後の韓国における反日感情は、健全な民族主義とは次元の違う「根拠のない憎悪」であり、昔から韓国に伝わる非科学的なシャーマニズムのレベルに過ぎずに、人間が持つ敵対種族に対する無条件で絶対的敵対感情であり、「反日種族主義」というべきものである、と纏めている。

松木氏も全く同意を示しており、「反日種族主義」から韓国世論を覚醒させるためにも、日本は反日文政権に一歩も譲ってはならないとしている。

 

迷惑を被った「在日朝鮮人」

太平洋戦争敗戦後に日本の国体制度は米国GHQにより徹底的に解体されて、辛うじて天皇制だけは死守出来たが、教育制度や家族制度あるいは国防体制等については全て刷新されて、「皇国史観」から「自虐史観」へと変えられた。

建国当初は日本からは北朝鮮への帰還のみで、韓国の李承晩大統領は日本にいた同胞の受け入れを拒否するという政策的判断から渡航を禁止していた。

100万人以上の元日本人であった朝鮮人たちが内地と呼ばれた日本に残されていて、朝鮮半島が北朝鮮と大韓民国とに分裂してもなお50万人以上が彼らの本国へは帰還せずに、あるいは自分たちの意思で残留して「在日特権」と呼ばれる特別な地位を獲得して現在に至っている。

占領軍も彼らを敵対勢力とは認識せずに、当時の日本の官憲も余りの人数に恐れをなしたせいか、「在日特権」に敢えて疑義を入れることはしなかった。

日本人の対韓国観が「嫌韓」あるいは「反韓」になると最初の攻撃対象が、彼ら「在日」に向かうのは当然である。

文在寅大統領は「反日種族主義」で韓国を日本と恣意的に敵対させることによって、日本国内に居住する「在日朝鮮人」組織を「覚醒したスリーパーセル」として動員を目論んでいる。

6月27日にG20サミットに出席するため大阪を訪問した文在寅大統領は、ホテルに民団幹部をはじめとする在日同胞約400名を招いて晩餐兼懇談会を開催し、「差別に耐えながら、生き抜いてきたみなさんの過去を思うだけで胸が痛い」と自分で蒔いた種を棚に上げて日韓対立を煽った。

しかし、民団幹部は「韓日関係は我々にとっては死活問題。近い国なので良い時期も悪い時期もあるが、明日のためには共に未来へ進むほかない」と述べて、暗に大統領の対日政策を批判している。

日本は今、「難民の扱い」と「国籍の確定」について議論が進められているが、「在日朝鮮人を全員強制送還すべし」という極論から「在日特権を認めて、併せて参政権も与えるべし」といった極端な融和論の間で揉めている。

「反韓」や「嫌韓」の国民感情の高まりが、韓国への政治的な制裁だけでなく、日本国内の「戸籍法」や「外国人関連の法制度」改変へと繋がって行くと同時に、「日本人とは何か」という根源的な問いに対しての答えが求められている。

 

booklet
「取引するのはたった1銘柄だけ!株価の予測なんて1mmもしない!1日5分の取引で年利100%を達成した『波乗り株トレード』」

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

 

12月25日(水)の日経平均株価日足チャートは短い上ヒゲを伴う「短陰線」をつくり反落した。

前日の米国株式市場で上昇一服となったこともあって利益確定の売りが優勢となり、東京株式市場は記録的な薄商いのなか弱含みで推移した。

このローソク足はもみ合い相場の中で転換を暗示している。

 

 

日経平225日足チャート2019年12月25日(水)

日経平225日足チャート2019年12月25日(水)

 

AOI TYO HDは上下にヒゲを伴う「陽のコマ(短陽線)」をつくり反発した。

このローソク足は上昇期待感の中に気迷いと共に相場の転換を暗示している。

出来高は73200株と前日より漸増している。

 

AOI TYO HD日足チャート2019年12月25日(水)

AOI TYO HD日足チャート2019年12月25日(水)

 

蛇の目は上下にヒゲを伴う「クロス(寄り引き同時線)」をつくり小幅な下落をした。

このローソク足は気迷いと共に相場の転換を暗示している。

出来高は34400株と前日より漸減している。

 

蛇の目日足チャート2019年12月25日(水)

蛇の目日足チャート2019年12月25日(水)

 

AOI TYO HD717(+7蛇の目409(-3の終値で引け、決済は見送った。

 


低位株・ボロ株ランキング

 

直近のトレード結果の配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 23782.87 -47.71

12月25日 (水) 3975 AOI TYO HD 前日終値 710
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 717

———- 1017 〇* -1500    500株 現物株とりまとめ
12月17日 746 〇 -145    500株
9月18日 627 × -90    100株
10月9日 627 × -90    100株
8月27日 612 × -315    300株
12月損益 18500 含み損益 -214000 売6ー 10買


12月25日 (水) 6445 蛇の目 前日終値 412
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 409

9月24日 1270 〇* -861    100株 現物株
8月17日 1080 〇* -671    100株 現物株
12月損益 0 含み損益 -153200 売0ー 2買


2019年度損益計(前月分までの合計)
AOI TYO HD -329700
蛇の目 0

2018年度損益計
AOI TYO HD 180500
蛇の目 500


過去の収益合計は前年度分だけ掲載致しました。

配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×売建玉買建玉〇*現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益は当日終値からの差益になっています。

12月損益は当月の差益です。含み損益は残建玉の損益計でマイナスが損になっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


ゲバラの時事放談アイコン(透過)

あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。