国際標準に近づく日本の対テロ対策

警察庁は18日に決定された補正予算案として緊急テロ対策費76億5500万円を計上した。

内訳はSAT以外の都道府県警機動隊に自動小銃で武装させることにした。

 

対テロ特殊部隊
対テロ特殊部隊

 

さらに「国際テロリズム緊急展開班」(TRT-2)を既に海外派遣しているが、インターネット上のテロ関連情報を自動で収集する「オシントセンター」(Open Source Intelligence)の設置を前倒しする方針を固めた。

2020年の東京オリンピックを迎える警備陣の強化が国際標準に近づいたようだ。

FBIやCIAなどのテロ緊急展開班では物資調達、通信、医療の担当官も存在するほか、武器の使用も認められている。

何となくワクワクする話のように聞こえるが、「オシントセンター」がネットのSNSや電子メールなどに知らぬ間に忍び寄ってくるという現実を覚悟しなければならない。

そして本当に怖いのは自主規制という形で言論統制が進むことだ。

 

 

日銀の黒田総裁はETF(上場投資信託)を年間3000億円買い入れる枠を来年4月に設定する予定で、ETF買い入れ枠の新設について、「安倍内閣が進める成長力強化や官民対話と平仄が合っているが、政権のサポートではない」と説明した。2015年12月18日ロイター

 

今回の日銀発表後、為替・株式市場は大きく乱高下し、株式市場は結果的に大幅な安値引けとなり、市場では「戦力の逐次投入」回避を掲げてきた黒田日銀の変節との見方も広がったため、反転急落した。

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

TYO199(-2)、蛇の目840(-30)の終値で引け、決済は見送った。

ジェットコースター並みの急降下だった。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果の配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 18986.80 -366.76

12月18日 (金) 4358 TYO 前日終値 201
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 199
6月17日 204 ○* -5
8月9日 183 × -16
7月9日 196 ○* 3

12月損益 5000 含み損益 -18000 売1 ー 2買

12月18日 (金) 6445 蛇の目 前日終値 87.0
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 84.0
8月17日 108 ○* -24
9月24日 127 ○* -43

12月損益 0 含み損益 -67000 売0 ー 2買

通算損益
TYO 165000
蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、○は買建玉、○*は現物株建玉の印で各1000株ずつになっています。

次の差益は当日終値からの差益になっています。

12月損益は当月の差益です。含み損益は残建玉の損益計でマイナスが損になっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)