「反日国是」「積弊清算」を象徴する「徴用工賠償金」と「慰安婦慰謝料」

文在寅大統領が政権を担ってから青瓦台の日本外交が極端に悪化した。

保守政権であった朴槿恵前大統領の時にも、日本との外交姿勢は就任以来徐々に「反日」へ傾いて来たが、それでも「慰安婦問題」では2015年12月に安倍総理との間で「日韓合意」を締結させている。

朴槿恵前大統領は、父親の朴正熙元大統領が高木 正雄(たかぎ まさお)の日本名で日本陸軍士官学校を卒業した経歴から親日派と見做されており、韓国の左派からは親日派=売国奴でもあったため、当初から失脚する運命にあったのかも知れない。

革命政権としての文在寅大統領は嬉々として「慰安婦慰謝料」と「徴用工賠償金」の見直しに着手した。

 

韓国は「文化大革命」が進行中である

文在寅氏は大統領に就任して最初に取り掛かったのが、「旧弊清算」あるいは「積弊清算」と呼び、国内に残る保守派に「日帝強占期の清算」を迫る弾圧を加えることだった。

これは韓国における「文化大革命」として後代の歴史に残ることになるだろう。

日本を想起させるものを全て抹消、排除しようとするこの運動は、日本の植民地時代に造られた歴史的建造物である旧朝鮮総督府の建物を破壊し、公園に植えられた日本原産木である”カイズカイブキ”までも「日本的だから」という理由だけで抜き去ってしまう程に徹底していた。

これらは日韓関係が史上最悪と言われる「令和時代」になる前の話である。

 

国民に浸透している「反日=愛国」と「被害者史観」

情報革命真最中という現代の世界において、70年以上も昔の自身の経験を伴わない出来事を、あたかも自分が受けた被害のように主張することは時代錯誤も甚だしく、未来志向とは絶対に言えない。

日本の敗戦後の1948年に成立したばかりの朝鮮民族の分断国家である大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の間で朝鮮戦争が勃発して、1950年6月25日に金日成率いる北朝鮮が事実上の国境線と化していた38度線を越えて韓国領内へ侵入した。

韓国軍は敗走を重ねて、米軍を主力とする連合軍の支援部隊が仁川上陸作戦によって戦況を一変させることにより、ソウルを奪還するまで悲惨な状況は続いていた。

この朝鮮戦争では韓国と北朝鮮で合わせて66万人の兵士と200万人の民間人が死亡している。

大東亜戦争では朝鮮人の内、36万人強が日本軍の軍人・軍属として戦場にかりたてられ、死亡・行方不明者15万人(推定)、強制連行などによる死者・行方不明者をふくめ20万とされていることから、朝鮮戦争の過酷さが窺えるのだ。

日本よりも北朝鮮に対しての方がより強い被害者意識を持っているはずだが、建国以来、「日帝強占期」を遥かに凌ぐ災厄に見舞われた韓国人に「朝鮮民族が被らされた災厄は全て日本に起因している」という「被害者史観」を浸透させるのに時間はかからなかった。

 

「被害者史観」が貿易戦争を創り出している

 

同胞である北朝鮮よりも仇敵の日本の方が「加害者」国家として措定し易く、韓国の社会活動家たちは挙って「反日」をスローガンとして「被害者」国民の糾合を図ることになった。

「愛国」が「反日」と同じ意味を持たされた由縁となったのである。

 

韓国に激震を与えた経産省の「輸出管理規制強化」

日本政府は7月4日の米国独立記念日に経産省を通して、半導体の製造に必要な3品目について、韓国に対する輸出規制を強化する旨を発表した。

安倍総理は余りに反日に傾き過ぎていた韓国への牽制として、経産省の入れ知恵に従ったと言われているが、米国の記念日ということを考えれば、むしろ米国からの情報に突き動かされた可能性が噂される。

 

一般会議室で韓国に説明する経産省職員

 

米国側にしてみれば圧倒的シェアを占めているサムソン電子を潰すために、悪化している日韓関係を利用した可能性が大きいのだが、サムスン電子1社の売上高で韓国のGDP(国内総生産)の15%を占め、営業利益の70%が半導体事業からもたらされたことから、韓国産業界には激震が走った。

青瓦台では日本の措置に対抗するための方法を探したが見つからず、自分の首を絞める「日本製品不買運動」を扇動するだけに終わり、最後の手段として、経済問題に対してGSOMIA破棄という安全保障を絡めて米国からの仲介を当てにした。

 

GSOMIA延長により傷つけられた韓国人の自尊心

文在寅政権は米国が防衛戦略の要(かなめ)と位置付けたGSOMIAを破棄することにより、日本の輸出規制の所為だとしてトランプ政権に抗議したものの、東アジア全体の安全保障を二国間の経済政策と結びつける手法は明らかに行き過ぎであった。

トランプ大統領は韓国に対して、国防長官を始めとしたホワイトハウス高官を次々に派遣して破棄撤廃を働きかけたが、世論の反発を恐れた文在寅大統領は失効期限を迎える11月22日まで抵抗する姿勢を示していた。

振り上げてしまった拳を下ろすのには、何らかの理由が必要である。

日韓との政府高官による対話を行うことを期待してギリギリ拳を下ろしたのは是非も無いことだったが、日本の輸出管理措置についてのWTO(世界貿易機関)への韓国側の提訴を一時停止することになり、韓国世論に反発のタネを植え込んだ。

青瓦台がいくら「GSOMIA終了通告の効力の条件付きの停止だ」などとショックを弱めて婉曲的に表現しても、「文大統領の原則と包容の外交が判定勝ちしたと評価する」などと強がっても、国民は大きな挫折感を味わったのである。

 

日本と韓国との外交関係の行方

11月29日の日本経済新聞電子版に韓国側が日韓局長級会議を求めて慌ただしく動き出したことが報じられていた。

しかし、会議の主導権は完全に日本側に握られており、「輸出管理強化」を解除するためには何らかの方法で「徴用工問題」を解決することが必須となっている。

 

【ソウル=細川幸太郎】韓国政府は輸出管理体制を強化する。安全保障にかかわる戦略物資の輸出について、審査を担当する専門部署の職員数を2020年1月1日付で5割増やし45人体制にする。韓国側は日本が問題視してきた輸出管理体制を補強することで、政策対話の加速を狙う。

~途中省略~

日韓両政府は局長級の政策対話を踏まえて、相互の疑念払拭のための改善策を進める考え。元徴用工問題で日本企業に賠償を命じた18年10月末の大法院(最高裁)判決以降、悪化が続いてきた日韓関係が改善に向かう契機にもなりそうだ。

 

「GSOMIA延長の即時停止」という”条件”は、日本に対してではなく、今度は韓国への脅しとなって作用する。

「いつでも停止出来る」ということは、結果的に「いつまでも停止しない」ことに繋がる。

もし停止させたならば米国からの「パーフェクトストーム」が襲いかかることを覚悟しなければならないからだ。

文在寅大統領は来年の4月の総選挙までに何らかの戦果を挙げる必要に迫られているが、反日・反米を主張する文政権支持母体の反発を抑え切れなくなっている。

 

韓国最高裁判決による賠償金強制執行と、日韓請求権協定遵守という相反する事柄を収めることは不可能であるから、再び善悪をはっきりさせない「玉虫色の解決」を図ることになる。

日韓の政府と企業及び良識ある一般市民の連帯による寄付金で「基金」を創り、「慰安婦」と「徴用工」被害者を同時に救済するというプランである。

朴槿恵前政権の時にも、似たような慰安婦問題に関する「日韓合意」を実現させて、慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決」させたはずであったが、その後の政権交代によって「ちゃぶ台返し」にされていた。

従って、韓国版の「文化大革命」に水を差すような「善意の基金」も”カイズカイブキ”の例を挙げるまでもなく潰されることが必定だ。

極端に左の文在寅大統領と、また極端に右の安倍晋三首相は、二人の間に横たわる大きな河に架ける橋を見いだせるだろうか。

 

booklet
「取引するのはたった1銘柄だけ!株価の予測なんて1mmもしない!1日5分の取引で年利100%を達成した『波乗り株トレード』」

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

 

11月28日(木)の日経平均株価日足チャートは上下にヒゲを伴う「小陰線」をつくり小幅反落した。

28日の米株式市場が感謝祭の祝日で休場のため薄商いであった。

このローソク足は狭いレンジ内での相場の気迷いを示している。

 

日経平225日足チャート2019年11月28日(木)
日経平225日足チャート2019年11月28日(木)

 

AOI TYO HDは下ヒゲを伴う「陰の寄り付き坊主(中陰線)」をつくり大幅反落した。

このローソク足は強い失望感と共に下落一服を暗示している。

前日のローソク足に対して「つつみ線」をつくっており、強い売りシグナルで、高値圏で発生の場合は相場の転換点とされているが、底練りの状態に有るので判断は難しい。

出来高は63600株と前日より漸減している。

 

AOI TYO HD日足チャート2019年11月28日(木)
AOI TYO HD日足チャート2019年11月28日(木)

 

蛇の目は下ヒゲを伴う「陰のカラカサ(小陰線)」をつくり小幅反落した。

このローソク足は失望感と共に相場の転換を暗示している。

出来高は16100株と前日より微減している。

 

蛇の目日足チャート2019年11月28日(木)
蛇の目日足チャート2019年11月28日(木)

 

AOI TYO HD681(-11蛇の目411(-1の終値で引け、決済は見送った。

 


低位株・ボロ株ランキング

 

直近のトレード結果の配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 23409.14 -28.63

11月28日 (木) 3975 AOI TYO HD 前日終値 692
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 681

———- 1017 〇* -1680    500株 現物株とりまとめ
7月3日 689 〇 -8    100株
11月5日 668 〇 52    400株
9月18日 627 × -54    100株
10月9日 627 × -54    100株
8月26日 612 × -69    100株
8月27日 612 × -207    300株
11月損益 500 含み損益 -202000 売6ー 10買


11月28日 (木) 6445 蛇の目 前日終値 412
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 411

9月24日 1270 〇* -859    100株 現物株
8月17日 1080 〇* -669    100株 現物株
11月損益 0 含み損益 -152800 売0ー 2買


2019年度損益計(前月分までの合計)
AOI TYO HD -330200
蛇の目 0

2018年度損益計
AOI TYO HD 180500
蛇の目 
500


過去の収益合計は前年度分だけ掲載致しました。

配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×売建玉買建玉〇*現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益は当日終値からの差益になっています。

11月損益は当月の差益です。含み損益は残建玉の損益計でマイナスが損になっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)