新型コロナウィルスによる倒産・失業者続出が想定されているおりに薦める生活防衛とは?

新型コロナウィルスのパンデミックにより、全世界が金融政策を取らざるを得ずに、中央銀行は必死になって通貨の増刷をしています。

経済が伸びていて、GDPが増加しているならば然程の問題は起こらないのですが、倒産続出でGDPは前年比マイナスの状況下では、金融市場と実体経済との乖離は益々進んで行くことが予想されます。

今まで求職市場で人気のあった日本航空や全日空といった航空会社なども来年度からは採用募集縮小を表明しており、外食産業やアパレル業界、エンターテインメントや旅行宿泊業界などの求人は業態ごと深淵に沈み込んでいます。

テレワーク時代に入って就職戦線に大激動!!ウォーレン・バフェットが売却した航空・金融株

悪化する新規求人はほぼ全業種に及び、失業者の増加はリーマン・ショック後の100万人を軽く上回る見通しです。

このような悲惨な事態はわたしたちの知る歴史上で戦争を除いては初めてと言っても過言ではなく、衣食住の最低限度の生活保障を国民生活で幅広く実施するためには、従来の社会保険制度や生活保護制度では賄いきれなくなっております。

デフレかインフレか?

実体経済は全般的に縮小しているので、供給が需要に満たない過度のインフレとなる恐れが出て来ました。

倒産・失業者の増大は消費者が需要を極度に控えるために、嗜好品ではデフレに振れる要素もあるのですが、日常必需品関連では需要を抑えることは出来ないのでインフレに向かうと予想されます。

このことは格差が益々開いていくことを意味しており、社会に対して不満をもった部分が破壊行動に出る可能性も懸念されます。

ネットを活用して需要拡大

拡大する格差の解消は政治の課題であり、ここでは議論を控えるとして、コロナウィルスによって変化したものを考えてみたいと思います。

一つはインバウンドの物流は相変わらず人手不足に支配されており、アフターコロナでも繁忙さに変化は無いと見られます。

一番大きな問題は、リアルな店舗での個人消費を控えることから、消費減退に繋がることでしょう。

消費が盛り上がらない限り、経済の復興はあり得ません。

流通が血液ならばネットは神経にあたりますので、効率的な流通を促進するためにはネット効果を十二分に発揮することが必要となります。

外食の小売店舗でも需要獲得のために出前サービス主体に移行しており、更にネット店舗があればリアル店舗以上の売り上げを出すことも可能です。

ネット活用での経費は、少しの電気代と回線使用料以外はほとんどかかりません。

ですから同じ時間と費用があるならば、ネットを活かせるか否かで企業の浮沈が決定されると言えます。

CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), default quality

サラリーマンの副収入もネットで可能

大学生のアルバイトがなくなって、4~5人に1人が退学を余儀なくされていることが報道されています。

会社に内緒でアルバイトをしているサラリーマンも影響を受けていますが、例えばネットのアフィリエイト収入やメルカリ等のフリマアプリなどを使った副収入は、コロナ以前に比べてむしろ増加しているようです。

サラリーマンのテレワークで在宅勤務が増えて、ネットに接する時間が増大しており、必然的にネット通販を利用するようになったことが大きな原因です。

さらに言えば、サラリーマン層が消費者サイドではなく供給者側に回ったことも需要と供給の双方向で増大を加速させています。

ネットを体に例えて「神経系」とすれば物流の代表であるウーバーイーツなどの「循環器系」よりは目立ちにくく、血流以上に阻害要因が少ないのでサラリーマンの副業としては最適であるといえるでしょう。

株式トレード取引銘柄の状況

5月27日(水)の取引銘柄のチャート図と配置表は下記の通りです。

AOI TYO HDは上ヒゲが無く短い下ヒゲのある「小陰線」を作り5営業日振りに反落した。

前日までの上昇基調から、本日は寄り付きより下押し圧力を感じていたので、新規寄成建玉100株を建てておく。

これを前場終値で返済買決済をしてプラス111100円の利益確定をしておく。

このローソク足は失望感と共に相場の転換を暗示している。

出来高は188800株と前日より漸減している。

 

AOI TYO HD日足チャート2020年5月27日(水)

AOI TYO HD日足チャート2020年5月27日(水)

 


当日の配置表推移

*日経平均株価 21419.23 148.06

5月27日3975AOI TYO HD前日終値503
日付約定株価状態差益当日始値504
———-1017〇*-2565500株現物株とりまとめ
12月17日746-968400株
5月27日504×0100株新規前寄成建玉約定
3月24日411×-93100株
3月13日406×-98100株
3月13日406×-98100株
3月13日404×-100100株
3月17日404×-100100株
5月損益0含み損益-4022006ー 9

   ⇩  ⇩  ⇩    

5月27日3975AOI TYO HD前日終値503
日付約定株価状態差益前場終値493
———-1017〇*-2620500株現物株とりまとめ
12月17日746-1012400株
5月27日504×11100株前引成返済建玉約定
3月24日411×-82100株
3月13日406×-87100株
3月13日406×-87100株
3月13日404×-89100株
3月17日404×-89100株
5月損益0含み損益-4055006ー 9

   ⇩  ⇩  ⇩

5月27日3975AOI TYO HD前日終値503
日付約定株価状態差益当日終値496
———-1017〇*-2605500株現物株とりまとめ
12月17日746-1000400株
3月24日411×-85100株
3月13日406×-90100株
3月13日406×-90100株
3月13日404×-92100株
3月17日404×-92100株
5月損益1100含み損益-4054005ー 9

2020年度損益計

AOI TYO HD90300

 

配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×売建玉買建玉〇*現物株建玉の印で100株単位になっています。

次の差益は当日終値からの差益になっています。

5月損益は当月の差益です。含み損益は残建玉の損益計でマイナスが損になっています。