日大会館大講堂で記者会見する内田正人前監督と井上奨コーチ

 

日大アメフト部選手がようやく声明文を発表

数日前から噂されていた日本大学アメフト部の選手一同による声明文がようやく発表された。

報道によると選手らの集会に対してコーチが弁護士とともに会場に乗り込んで箝口令をしいたらしかったので、発表が大分遅れていた声明文の内容が気になっていた。

アメフト部の選手一同はこれから就職活動も控えており、大学当局から余り睨まれるのは避けたかったのだろう。

内田前監督と井上奨コーチが宮川泰介選手に対して違法な「反則行為」を強要をしたという、チームメートによる証言を期待したのだが、やはり弁護士からの圧力が効いたせいか、「監督・コーチとの間や選手間のコミュニケーションも十分ではありませんでした。そのような私たちのふがいない姿勢が、今回の事態を招いてしまった一因であろうと深く反省しています。」と、言わば「理解に乖離」があったことを補強する内容となっている。

可もなく不可もない「反省文」に終始したようだが、学生たちの現時点での損得を考えれば止むを得ない結論だと思う。

しかし、声明文を発表する当初の動機は何だったのだろう。

選手個々人がフェアプレイ精神を持たなければならないのは当たり前だが、問題の本質は選手の精神状態や監督・コーチが横暴だったことではない。

あからさまな犯罪行為でさえ、大学組織の防衛のために、当該学生に犠牲を強いて、真相を隠蔽しようとする姿勢そのものである。

世論の大半が感じていた怒りが「声明文」を発表しなければならない動機ではなかったのか。

一番大事なことが失われた気がしてならない。

 

「日本大学アメリカンフットボール部選手一同」と記された全文は以下の通りです。

 

 本年5月6日に行われました関西学院大学アメリカンフットボール部と私たち日本大学アメリカンフットボール部の第51回定期戦での私たちのチームメイトの反則行為について、ケガを負ったQBの選手とご家族の皆様にお見舞いを申し上げるとともに、関西学院大学アメリカンフットボール部関係者の皆様、関東学生アメリカンフットボール連盟その他の関係者の皆様に、多大なご迷惑とご心労をおかけしてしまったことを、私たち日本大学アメリカンフットボール部選手一同、心よりお詫(わ)び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした。また、私たちの行為によりアメリカンフットボールという競技そのものへの信頼が損なわれかねない状況に至ってしまったことについて、アメリカンフットボールを愛する全ての皆様、そして社会の皆様に深くお詫び申し上げます。

 今回の件が起こってから、私たちは、どうしてこのようなことになってしまったのか皆で悩みながら何度も話し合ってきましたが、まだ明確な答えが見つけられたわけではなく、これからも話し合いは続けていきたいと思います。また、これから捜査機関による捜査や大学が設置する第三者委員会の調査が行われるようですので、私たちも全面的に協力して、その結果も待ちたいと思います。なお、それらの捜査・調査に際しては、関係者の皆様にも、私たちが信じているチームメイトのように、誠実にありのまま全てをお話しして、その責任をしっかり受け止めて頂きたいと思っています。

 ただ、少なくとも、私たちは、私たちの大切な仲間であるチームメイトがとても追い詰められた状態になっていたにもかかわらず、手助けすることができなかった私たちの責任はとても重いと考えています。これまで、私たちは、監督やコーチに頼りきりになり、その指示に盲目的に従ってきてしまいました。それがチームの勝利のために必要なことと深く考えることも無く信じきっていました。また、監督・コーチとの間や選手間のコミュニケーションも十分ではありませんでした。そのような私たちのふがいない姿勢が、今回の事態を招いてしまった一因であろうと深く反省しています。

 私たちは、日本大学アメリカンフットボール部全体が生まれ変わる必要があることを自覚しています。今後、具体的に何をしていかなければならないかについては、これから選手一同とことん話し合って決めていきたいと思います。ただし、絶対に必要だと今思っていることは、対戦相手やアメリカンフットボールに関わる全ての人々に対する尊敬の念を忘れないこと、真の意味でのスポーツマンシップを理解して実践すること、グラウンドではもちろんのこと、日常生活の中でも恥ずかしくない責任ある行動を心がけるなど常にフェアプレイ精神を持ち続けることを全員が徹底することです。そのために何をしていく必要があるのか、皆様にご指導頂きながら、選手一人ひとりが自分自身に向き合って考え抜くとともに、チーム全体でよく話し合っていきたいと思います。

 そして、いつか、私たち日本大学アメリカンフットボール部が、部の指導体制も含め生まれ変わったと皆様に認めていただいた時には、私たちが心から愛するアメリカンフットボールを他のチームの仲間たちとともにプレーできる機会を、お許しいただければ有難いと思っています。また、そのときには、もし可能であれば、私たちのチームメイトにも再びチームに戻ってきてもらい、一緒にプレーできればと願っています。

 私たち選手一同の今の思いは以上のとおりです。私たちは、今回の件の深い反省のもと、真剣に、謙虚に、一丸となってチーム改革を実行していく所存ですので、どうかご指導のほど、よろしくお願い致します。

 平成30年5月29日

日本大学アメリカンフットボール部選手一同

 

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

 

5月29日(火)の日経平均株価日足チャートは短い上ヒゲを伴う「下影陰線」をつくり反落した。

イタリアの政局不安による地政学リスクと為替相場が円高に振れて投資家心理はリスクオフへと傾いた。

 

日経平均株価日足チャート2018年5月29日(火)

 

AOI TYO HDは上下にヒゲを伴う「小陽線」をつくり大幅反発した。

昨日が大幅安となった反動で上昇している。日経平均株価が下降しているのに上昇していることから下値が強く、明日も上昇継続するか。

出来高は180300株と前日より大幅減少している。

 

AOI TYO HD日足チャート2018年5月29日(火)

 

蛇の目は上下にヒゲを伴う「十字線(寄せ線)」をつくり僅かに続落した。

安値圏で現れており、反騰のサインとなるか。

出来高は48900株と前日よりしている。

 

蛇の目日足チャート2018年5月29日(火)

 

AOI TYO HD1317(+51)蛇の目717(-1)の終値で引け、決済は見送った。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果の配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 22358.43 -122.66

5月29日 (火) 3975 AOI TYO HD 前日終値 1266
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 1317

1月4日 1113 〇* 734    360株 現物株
(TYO2000株 ⇒ AOI TYO HD 360株)
4月17日 1681 〇 -364    100株
5月8日 1605 〇 -288    100株
4月23日 1600 〇 -283    100株
5月25日 1352 〇 -35    100株
5月25日 1352 × 35    100株
2月22日 1228 × -89    100株
2月14日 1148 × -169    100株
5月損益 28200 含み損益 -45860 売3ー 7.6買


5月29日 (火) 6445 蛇の目 前日終値 718
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 717

9月24日 1270 〇* -553    100株 現物株
8月17日 1080 〇* -363    100株 現物株
2月8日 721 〇 -4    100株
3月5日 726 × 9    100株
5月損益 0 含み損益 -91100 売1ー 3買


今年度損益計
AOI TYO HD 81700
蛇の目 0

2017年度損益計
AOI TYO HD 17900
蛇の目 16100

2016年度損益計
TYO 36000
蛇の目 3700

2015年度損益計
TYO 170000
蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、〇は買建玉、〇*は現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益は当日終値からの差益になっています。

5月損益は当月の差益です。含み損益は残建玉の損益計でマイナスが損になっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)