賃金水準、世界に劣後 脱せるか「貧者のサイクル」

2019/3/19 2:00 日本経済新聞 電子版

日本の賃金が世界で大きく取り残されている。ここ数年は一律のベースアップが復活しているとはいえ、過去20年間の時給をみると日本は9%減り、主要国で唯一のマイナス。国際競争力の維持を理由に賃金を抑えてきたため、欧米に劣後した。低賃金を温存するから生産性の低い仕事の効率化が進まない。付加価値の高い仕事への転換も遅れ、賃金が上がらない。「貧者のサイクル」を抜け出せるか。

途中省略

日本は金融危機に直面した97年をピークに減り始め、12年までに12%減。大企業は定期昇給などで1%台の賃上げを続けたが、非正規社員も増え、1人あたりの時給は減った。時給の最低水準を定めた「最低賃金」(最賃)はこの3年間で3%台の上げが続く。ただ、対象はパート労働者ら一部にとどまり、全体を押し上げるには至らない。

以下省略

 

日本人の時間給ベースでの給与収入が過去20年間でマイナスを計上している。

残念な話だとは思うのだが、よく見ると隣国の韓国が第一位を占めている。

韓国の賃上げ率はここ数年で毎年7~8%ずつ引き上げられてきたが、文在寅大統領に代わってから平昌オリンピックもあって、最低賃金額が昨年度より16.4%に引き上げられてしまった。

日本の場合は最低賃金は各都道府県毎に設定されているが、韓国では全国一律に決まっているので、地方からの反発が際立っている。

人件費が25%を占めていた韓国では、最低賃金上昇のせいで即価格を値上げせざるを得ず、輸出商品の競争力低下を招いており、景気の足を引っ張られることになった。

また、ソウルなどの首都圏では政府が企業への支援金を出すので悪影響はある程度抑えられるかも知れないが、人口の少ない地方中小商店では割を食らって閉店に追い込まれるところが激増しそうだ。

来韓観光客も地方へは余り足を伸ばさなくなっているようで、来日観光客が大都市から独自のサービスを提供している地方へと気楽に進出しているのとは真逆の景色である。

文大統領は国内外で正念場を迎えており、政治的に追い詰められている以上に経済的にも岸壁の渕に立たされている。

時給の上昇率だけで景気の先行きを判断は出来ないが、日本では最低賃金が低い反面、まだまだ上昇可能な余地が残されていることになり、「貧者のサイクル」に陥っているとは言え、景気の底固めをしてくれている。

 

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

 

3月18日(月)の日経平均株価日足チャートは上下にヒゲを伴う「十字線(短陽線)」をつくり続伸した。

前日の米国株式市場の上昇を受けて東京市場も買い優勢で始まり、上値が重かったがプラス圏で着地している。

このローソク足は気迷いと共に相場の転換を暗示している。

 

日経平均株価日足チャート2019年3月18日(月)

 

AOI TYO HDは下ヒゲを伴う「トンカチ(寄り引き同時線)」をつくり小幅反落した。

このローソク足は上昇期待感と共に相場の転換を暗示している。

出来高は97900株と先週末より微減している。

 

AOI TYO HD日足チャート2019年3月18日(月)

 

蛇の目は「小陽線」をつくり反発した。

このローソク足はヒゲが無く、小さいながら出来高も漸増しており、上昇転換を暗示させる。

出来高は36900株と先週末より漸増している。

 

蛇の目日足チャート2019年3月18日(月)

 

AOI TYO HD775(-4)蛇の目480(+9)の終値で引け、決済は見送った。

 


低位株・ボロ株ランキング

 

直近のトレード結果の配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 21584.50 133.65

3月18日 (月) 3975 AOI TYO HD 前日終値 779
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 775

———- 1017 〇* -1210    500株
10月5日 1441 〇 -666    100株
10月11日 1379 〇 -604    100株
10月22日 1372 〇 -597    100株
10月19日 1323 〇 -548    100株
10月25日 1239 〇 -464    100株
11月15日 1117 〇 -342    100株
12月18日 841 × 66    100株
12月28日 778 × 3    100株
12月25日 735 × -40    100株
3月損益 0 含み損益 -440200 売3ー 11買


3月18日 (月) 6445 蛇の目 前日終値 471
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 480

9月24日 1270 〇* -790    100株 現物株
8月17日 1080 〇* -600    100株 現物株
3月損益 0 含み損益 -139000 売0ー 2買


2019年度損益計(前月分までの合計)
AOI TYO HD -37200
蛇の目 0

2018年度損益計
AOI TYO HD 180500
蛇の目 500

2017年度損益計
AOI TYO HD 17900
蛇の目 16100

2016年度損益計
TYO 36000
蛇の目 3700

2015年度損益計
TYO 170000
蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×売建玉買建玉〇*現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益は当日終値からの差益になっています。

3月損益は当月の差益です。含み損益は残建玉の損益計でマイナスが損になっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)