2019年にもう一度大きな暴落がやって来る

今は「静かなバブル崩壊」が続いているだけだ

日経平均は大納会で辛うじて2万円を維持。安堵する相場関係者たち(撮影:梅谷秀司)

世界的に株価が暴落している。アメリカの株価は、テクノロジーが中心のナスダック市場が高値から一時20%以上下落した。高値からの20%下落は一般的に弱気相場入りと呼ばれる。

以下省略

 

「来年の事を言えば鬼が笑う」という格言がある。

昔から未来を占うことは難しく、人知を超えていることの譬えであるが、株式相場の先行きについてはある程度は見通せるので、鬼も笑わないかも知れない。

日本の東京株式市場は米国のダウ平均株価やナスダック指数、あるいはS&P500などの影響を受けて始まり、現在のところチャートの連関性が非常に高い。

 

 

クリスマス以降の年末に乱高下を繰り返したのは、個人投資家たちの相場心理が極端に神経質になっており、戻り相場では商い高が薄くて長くは続かず息切れして、下降局面では恐怖からパニック売りに走らされていた。

ここのところ急激に弱気相場に入っていると見られ、あたかもバブル崩壊局面ではと疑われるのである。

バブルが破裂する時は、必ず引き金となる要因が存在するはずなのだが、今のところ確定的なトリガーは幾つかの強い可能性としてのみ見えている。

FRBの利上げ姿勢や米中貿易戦争の懸念などは景気の足を引っ張るだろうが、それ自体がトリガーとして働くわけではなく、やはり一番疑われるのは、バブル経済となっている中国の金融危機が発端となりそうだ。

 

一般的に、伸びきった資産価格が急落し大規模な債務不履行が起きる瞬間をバブル崩壊と呼んでいる。

共産党国家による無理な景気拡大で、投資家や企業の楽観的心理から過剰融資を受け入れさせて、投資・投機活動によって金融市場に不安定要因を増加させたことが一番の原因であろう。

 

次世代移動通信「5G」時代到来によって増大する中国の脅威に対抗して実施されたカナダ・バンクーバーでのファーウェイの孟晩舟副会長の逮捕・保釈問題が脚光を浴びている。

ファーウェイとは中国人民解放軍と関係の深い優良通信機器超大手であり、いわば米国のグーグルとアップルあるいはマイクロソフトとIBMを足したくらいの大企業に成長を遂げている。

 

※1人民元あたり17.29円換算(2017年12月29日現在)

 

上図のように、「売上高」「営業利益」「営業活動によるキャッシュフロー」のいずれの項目も右肩上がりの急成長をしている。

米国は同社副会長の孟晩舟女史を、対イラン制裁違反容疑という国家安全保障上の理由によって、カナダ国内からの米国送致を要求している。

更に同盟各国に対しては、ファーウェイのマイクロチップがハッキング被害を招くウィルスチップであるとして、こちらも安全保障上の理由から同社との取引停止を要求しており、米国の本音が見え隠れしているのだ。

ソフトバンクの孫正義会長も、当初は友好的だったファーウェイからの部品供給を停止させて、提携を解除した。

反ファーウェイの波は年明けても収まりそうもなく、中国企業全般への疑惑の目を向けられ、中国経済は崖っぷちまで押し込められている。

「静かなバブル崩壊」は本格的崩壊の序章に過ぎないのかも知れない。

 

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

 

12月28日(金)の日経平均株価日足チャートは上下にヒゲを伴う「短陽線」をつくり反落した。

大納会の今日、年末年始の6連休を前にしての利益確定売りに押されて、3日振りの下落であったが、辛うじて2万円の大台を堅持した。年足チャートでは7年ぶりの陰線で終えた。

 

日経平均株価日足チャート2018年12月28日(金)

 

AOI TYO HDは下ヒゲを伴う「小陰線」をつくり反落した。

下降トレンドから抜け切らないため、前場終値で新規引成建玉100株を約定させて、ブレーキを増やしておく。

前日の陽線に対して陰のはらみ線と見ることも出来るので、年明けで陰線が現れると下落が止まらない可能性を示す。

出来高は156000株と前日より漸減している。

 

AOI TYO HD日足チャート2018年12月28日(金)

 

蛇の目は上ヒゲを伴う「短陰線」をつくり反落した。

AOI TYO HDと同じく陰のはらみ線をつくっており、来年に暗雲が立ちこめている。

出来高は38600株と前日より漸減している。

 

蛇の目日足チャート2018年12月28日(金)

 

AOI TYO HD791(-17)蛇の目462(-11)の終値で引け、決済は見送った。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果の配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 20014.77 -62.85

12月28日 (金) 3975 AOI TYO HD 前日終値 808
日付 約定株価 状態 差益 前場終値 778

1月4日 1113 〇* -1206    360株 現物株
(TYO2000株 ⇒ AOI TYO HD 360株)
8月15日 1505 〇 -727    100株
10月5日 1441 〇 -663    100株
10月11日 1379 〇 -601    100株
10月22日 1372 〇 -594    100株
10月19日 1323 〇 -545    100株
10月25日 1239 〇 -461    100株
11月15日 1117 〇 -339    100株
11月20日 1047 × 269    100株
11月20日 918 × 140    100株
12月18日 841 × 63    100株
12月28日 778 × 0    100株 前引成新規売建玉約定
12月25日 735 × -43    100株
12月損益 5400 含み損益 -470700 売5ー 10.6買
⇓  ⇓  ⇓
12月28日 (金) 3975 AOI TYO HD 前日終値 808
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 791

1月4日 1113 〇* -1159    360株 現物株
(TYO2000株 ⇒ AOI TYO HD 360株)
8月15日 1505 〇 -714    100株
10月5日 1441 〇 -650    100株
10月11日 1379 〇 -588    100株
10月22日 1372 〇 -581    100株
10月19日 1323 〇 -532    100株
10月25日 1239 〇 -448    100株
11月15日 1117 〇 -326    100株
11月20日 1047 × 256    100株
11月20日 918 × 127    100株
12月18日 841 × 50    100株
12月28日 778 × -13    100株 前引成新規売建玉
12月25日 735 × -56    100株
12月損益 5400 含み損益 -463420 売5ー 10.6買


12月28日 (金) 6445 蛇の目 前日終値 473
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 462

9月24日 1270 〇* -808    100株 現物株
8月17日 1080 〇* -618    100株 現物株
12月損益 0 含み損益 -142600 売0ー 2買


今年度損益計(前月分までの合計)
AOI TYO HD 175100
蛇の目 500

2017年度損益計
AOI TYO HD 17900
蛇の目 16100

2016年度損益計
TYO 36000
蛇の目 3700

2015年度損益計
TYO 170000
蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×売建玉買建玉〇*現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益は当日終値からの差益になっています。

12月損益は当月の差益です。含み損益は残建玉の損益計でマイナスが損になっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)