安倍総理のイラン訪問を台無しにしたホルムズ海峡のタンカー攻撃の犯人は?・・

安倍首相が2日間のイランを訪問で最高指導者ハメネイ師との会談を行う直前に、13日にホルムズ海峡の日本のタンカーなど2隻が何者かによる攻撃を受けた。

米国はイラン海軍による国際法違反の民間船舶への無差別攻撃だったとして証拠のVTR映像を公表した。

 

タンカーに接触する工作船
タンカーに接触する工作船

 

不発機雷除去作業をテキパキとこなす映像からは、自分たちによって仕掛けられた爆発物を撤去しているように見えるのだが、映像は最後に母港への帰港までは映さずに終えている。

最重要な証拠はおそらく公表された映像より後半部分にあると思われるが、インテリジェンスの機微については情報共有をしている英国のハント外相が関与を断定したのに対して、EU諸国や中露、日本などは態度を保留をしている。

米軍はホルムズ海峡を監視特別地域としてドローンによる警戒を行っていたが、タンカー攻撃前にイラン海軍により当該ドローンへの迎撃ミサイル攻撃を受けていることからして、イラン海軍にはどうしても隠しておきたいことがあったようだ。

 

MQ-9 Reaper
無人偵察機 MQ-9 Reaper

 

2017年の4月6日午後7時(日本時間7日午前8時)過ぎに、中国の習近平主席夫妻を招いてディナーをとっていた最中にトランプ大統領が発表したシリアの空軍基地に対する巡航ミサイル攻撃が思い起されて、安倍首相の立場と重ねてしまった。

ハメネイ師は「私たちは核兵器に反対しています。私のファトワ(宗教見解)は、核兵器の製造を禁じています。しかし、私たちが核兵器を製造しようと考えれば、米国は何もできませんし、米国が認めないことが(製造することの)障害にはならないことは、あなたも知るべきです」と話していることから、今回の事件はハメネイ師が当時のトランプ大統領に倣って安倍首相に確固とした信念を見せつけたと言えなくもない。

あるいは彼の当惑したような表情からすると、イラン国内の軍部反米過激派による突出した作戦だったのかも知れない。

もしタンカーが撃沈される事態になると、ホルムズ海峡が原油で汚染されてイランにとっても都合が悪くなり、今回の事件は元々イランによるマッチポンプだった可能性が指摘されている。

 

「イラン・イスラム共和国軍」と「革命防衛隊」の競合

イランには2つの軍部が存在している。

ひとつは正規軍である「イラン・イスラム共和国軍」で総兵力約42万人の部隊でイラン国防省の管轄だ。

もうひとつが革命防衛隊省の統制下にある「革命防衛隊」の約12万5千人の兵力となる。

ナチスドイツにおいてドイツ国防軍とナチス武装親衛隊が併存していたのと同じ構造にあり、両者は時として競合し合う関係にあったが、イランの軍部も同じだ。

イスラム革命防衛隊の主な役割は国家安全保障にあり、法執行機関として国内の治安維持と国境警備を担当している。また、大規模なミサイル部隊も保有している。革命防衛隊の作戦は従来型の戦闘ではなく非対称型の戦闘方法に主眼を置いている。それには密輸やホルムズ海峡の掌握と抵抗作戦が含まれる。正規軍とは異なったやり方で作戦を進めることで、より正統的な作戦方法をとる正規軍とは補完的な関係にある。

フリー百科事典ウィキペディアより~

 

「イスラム革命防衛隊」には民兵・義勇兵部隊(バスィージ)と特殊作戦部隊(クアトアル・ゴドス)と呼ばれる約1万5千人の部隊も掌握しており、トランプ大統領からテロ組織と断定されている。

今回のホルムズ海峡での民間船舶への攻撃は特殊部隊ゴドス軍によって行われた可能性が極めて大きいだろう。

 

革命防衛隊の海軍コマンド部隊
革命防衛隊の海軍コマンド部隊(ウィキペディアより)

 

イラン国内では余りに厳し過ぎるイスラム教の解釈への反発が国内から噴出しており、不満派を抑えるために米国への敵意に変えることで国内統一が成し遂げられているように見える。

※ 49%がヒジャブ強制に反対、世論調査公表の意図は イラン

日本や欧米諸国では当たり前となっている個人の人権が政権によって抑圧されており、独裁政治の形態は中国や北朝鮮の共産主義体制と殆ど変わらないのだ。

 

イランは歴史的に親日の国だが・・・

「イランは歴史的に親日の国だから仲良くすべき」という理屈は分かるのだが、仲良くすべきはイラン政府ではなく民主主義を求める一般国民である。

石油輸入に頼る日本経済からの要請があるため、ホルムズ海峡の安全確保は至上命題となっており、もし戦端が開かれればどちらにも付かずのコウモリ的態度を取り続けることは難しい。

米国はイラク戦争の時と同じ過ちを犯そうとしており、戦争で利益を得られる軍需産業が仕掛けた事件だ、などと一部左派によるSNSの呟きもあるが、トランプ大統領にとっては余りにリスクが大きく馬鹿げた発想である。

あらゆる国家は最先端の情報に接しているか、排除されているか、あるいは無関心かのどこかに属することになるが、日本はどこにいるのだろうか。

インテリジェンスの観点からも日本は英国と肩を並べられるくらいに情報収集能力を高めていく必要性を示している。

 

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

 

6月14日(金)の日経平均株価日足チャートは短い上髭と眺めの下ヒゲを伴う「下影陽線(小陽線)」をつくり小幅反発した。

このローソク足は上昇期待感と共に上昇継続を暗示している。

 

日経平均株価日足チャート2019年6月14日(金)
日経平均株価日足チャート2019年6月14日(金)

 

AOI TYO HDは上下にヒゲを伴う「陰のコマ(小陰線)」をつくり続落した。

このローソク足は失望感の中に気迷いと共に相場の転換を暗示している。

出来高は83400株と前日より漸増している。

 

AOI TYO HD日足チャート2019年6月14日(金)
AOI TYO HD日足チャート2019年6月14日(金)

 

蛇の目は下ヒゲを伴う「小陽線」をつくり小幅反発した。

出来高は44100株と前日より漸増している。

 

蛇の目日足チャート2019年6月14日(金)
蛇の目日足チャート2019年6月14日(金)

 

AOI TYO HD734(-2)蛇の目442(+4)の終値で引け、決済は見送った。

 


低位株・ボロ株ランキング

 

直近のトレード結果の配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 21116.99 84.89

6月14日 (金) 3975 AOI TYO HD 前日終値 736
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 734

———- 1017 〇* -1415    500株 現物株とりまとめ
5月8日 762 〇 -28    100株
3月25日 763 〇 -29    100株
5月16日 709 × -50    200株
6月7日 731 〇 3    100株
6月3日 703 × -31    100株
6月損益 2800 含み損益 -155000 売3ー 8買


6月14日 (金) 6445 蛇の目 前日終値 438
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 442

9月24日 1270 〇* -828    100株 現物株
8月17日 1080 〇* -638    100株 現物株
6月損益 0 含み損益 -146600 売0ー 2買


2019年度損益計(前月分までの合計)
AOI TYO HD -350000
蛇の目 0

2018年度損益計
AOI TYO HD 180500
蛇の目 500


過去の収益合計は前年度分だけ掲載致しました。

配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×売建玉買建玉〇*現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益は当日終値からの差益になっています。

6月損益は当月の差益です。含み損益は残建玉の損益計でマイナスが損になっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)