「株が現金より運用成績悪い」異常が示す予兆

アメリカで「キャッシュ」が魅力的になっている

岩崎 博充 : 経済ジャーナリスト 著者フォロー
2018/12/14 7:00

景気悪化の予兆となるサインが出ている(写真:NicoElNino/iStock)

アメリカで、2年債の利回りと5年債の利回りが逆転し、景気悪化の兆しではないかと心配されている。

いわゆる短期金利が長期金利を上回り、イールドカーブ(利回り曲線)が右肩下がりとなっている。こうした長短金利逆転=逆イールドは、「市場関係者が将来的に金利が下がるとみている場合に起こる現象」(野村証券・証券用語解説集より)であり、これまでITバブル崩壊や不動産バブル崩壊、あるいはリーマンショックの前に見られた。逆イールドが起きてから2~3年後には景気後退が始まっている。

そういう意味では、金利が与える経済への影響は極めて大きいのだが、ここにきて「アメリカの投資環境に異変が起きている」とアメリカのメディアが報道している。たとえば、大手経済メディアの「ウォールストリート・ジャーナル」は、「市場の乱高下でキャッシュの魅力が増している」と報道した。

以下省略

 

イールドカーブは通常は右肩上がである。

日銀は景気テコ入れが必要ならば金利を下げて、融資を受けやすくするが、景気が過熱すると見ると金利を上げて景気の過熱を抑えている。

通常は短期よりも長期の方が金利が高いのが普通で、先行きへの期待感が存在している状態である。

当然景気拡大局面と解される。

まれに、短期の国債より長期の国債の金利が低くなることがあり、この場合のイールドカーブは右下がりの曲線になるが、これを逆イールドカーブと呼ぶ。

 

逆イールドカーブ

 

現在の日銀が取っている量的・質的金融緩和は、「異次元緩和」とも呼ばれており、これが「黒田バズーカ砲」で、長短金利操作を「イールドカーブ・コントロール」と称して国債買い入れをしながら、逆イールドにならないように調整している。

米国で過去に逆イールドになったのは、2000年と2007年だったが、この年にはITバブルとサブプライム問題を引き起こして翌年にはバブル崩壊を招いている。

日本ではアメリカと違って、金利が上昇する気配はなく、キャッシュは相変わらず「当面の元本割れなし」というだけの存在であるが、それでも株価暴落にあうよりはましな選択だ。

消えた株価の時価総額はキャッシュとなって次なる投資先を考えているのだろうか、あるいは眠ったままなのか。

逆イールド現象が出たことから、来年の株価暴落の予兆とも考えられるが、ここのところの日経平均株価の急落を見るとリーマンショック級の世界同時株安が既に始まっているのかも知れない。

 

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

 

12月13日(木)の日経平均株価日足チャートは上下にヒゲを伴う「陽のコマ」をつくり続伸した。

米株高に加え、為替市場が円安に振れて、アジア株が総じて高かったことから、投資家心理はリスクオンに傾いた。

このローソク足は上昇期待感の中に、気迷いと共に相場の転換を暗示しているがどうか。

 

日経平均株価日足チャート2018年12月13日(木)

 

AOI TYO HDは短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「下影陽線(短陽線)」をつくり小幅続伸した。

長い下ヒゲで年初来安値を更新している。

このローソク足は実体がもう少しあれば上昇期待感と共に上昇継続を暗示しているが、トンカチに近いので相場の転換を暗示している。

出来高は310200株と前日より漸増している。

 

AOI TYO HD日足チャート2018年12月13日(木)

 

蛇の目は上ヒゲを伴う「陽の寄り付き坊主(中陽線)」をつくり続伸した。

このローソク足は上昇期待感と共に失望感・高値警戒感があり、上昇一服を暗示している。

出来高は45100株と前日より漸増している。

 

蛇の目日足チャート2018年12月13日(木)

 

AOI TYO HD916(+6)蛇の目548(+11)の終値で引け、決済は見送った。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果の配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 21816.19 213.44

12月13日 (木) 3975 AOI TYO HD 前日終値 910
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 916

1月4日 1113 〇* -709    360株 現物株
(TYO2000株 ⇒ AOI TYO HD 360株)
8月15日 1505 〇 -589    100株
10月5日 1441 〇 -525    100株
10月11日 1379 〇 -463    100株
10月22日 1372 〇 -456    100株
10月19日 1323 〇 -407    100株
10月25日 1239 〇 -323    100株
11月15日 1117 〇 -201    100株
11月20日 1047 × 131    100株
11月20日 918 × 2    100株
12月損益 5400 含み損益 -354220 売2ー 10.6買


12月13日 (木) 6445 蛇の目 前日終値 537
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 548

9月24日 1270 〇* -722    100株 現物株
8月17日 1080 〇* -532    100株 現物株
12月損益 0 含み損益 -125400 売0ー 2買


今年度損益計(前月分までの合計)
AOI TYO HD 175100
蛇の目 500

2017年度損益計
AOI TYO HD 17900
蛇の目 16100

2016年度損益計
TYO 36000
蛇の目 3700

2015年度損益計
TYO 170000
蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×売建玉買建玉〇*現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益は当日終値からの差益になっています。

12月損益は当月の差益です。含み損益は残建玉の損益計でマイナスが損になっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)