北朝鮮と前提条件なく協議する用意ある=米国務長官

2017年12月13日

北朝鮮に関する講演のためアトランティック・カウンシルの政策フォーラムに到着したレックス・ティラーソン国務長官

米国のレックス・ティラーソン国務長官は12日、米国は北朝鮮と前提条件なく、非核化に向けた協議を始める用意があると述べた。
ティラーソン国務長官は、米シンクタンクのアトランティック・カウンシルがワシントンで開催した政策フォーラムで、「まずはとりあえず会ってみて、もし望むなら天気の話でもしよう」と語った。

以下省略

 

妙なこともあるもんだ。

もともと対話交渉派の国務省ではあるが、トランプ大統領から信任を受けている国務長官としては既に対話の時期をとっくに逸していることは分かっているはずだ。

対話が実現したとしても「今日の天気は良かった」程度の他愛もない時間つぶしに終始するはずである。

北朝鮮との対話が無意味な時間稼ぎであることは20年以上前から分かっているのだから。

奇術師が使う常とう手段にミスディレクションというのがある。

右手を高く掲げて観客の注意を引き付けている時には、たいていが左手は次のトリックを仕込んでいるのである。

今まで北朝鮮に翻弄され続けた国務省であったが、今回は逆に揺さぶりを仕掛けている。

ティラーソン国務長官が仕掛ける最後のトリックとは何だろうか。

 

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

 

12月13日(水)の日経平均株価日足チャートは下ヒゲを伴う「小陰線」をつくり続落した。

FOMCやECB理事会を目前に様子見で始まり、一段安に売られた。

 

日経平均株価日足チャート2017年12月13日(水)

 

外資系寄付き前注文動向は売りが1250万株、買いが1000万株、差し引き250万株の売り越し、金額ベースでは売り越しで、米国系ファンドは売り越し 、欧州系ファンドは売り買い均衡だった。

 

AOI TYO HDは上下にヒゲを伴う「短陽線」をつくったが前日と同値で引けた。

出来高は82000株と前日より大幅増加している。

 

AOI TYO HD日足チャート2017年12月13日(水)

 

蛇の目は上下にヒゲを伴う「小陽線」をつくり反発した。

ずっと続いている下降局面の自然反発と思われるので、そろそろ折り返しか。

出来高は74400株と前日より漸増している。

 

蛇の目日足チャート2017年12月13日(水)

 

AOI TYO HD1279(±0)、蛇の目(+4)の終値で引け、決済は見送った。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果の配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 22758.07 -108.10

12月13日 (水) 3975 AOI TYO HD 前日終値 1279
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 1279
1月4日 1113 〇* 598      360株
(TYO2000株 ⇒ AOI TYO HD 360株)
12月6日 1280 〇 -1      100株
12月6日 1280 × 1      100株
9月20日 1190 × -89      100株
12月損益 9100 含み損益 50860  売2ー 4.6買


12月13日 (水) 6445 蛇の目 前日終値 838
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 842
9月24日 1270 〇* -428     100株 現物株
8月17日 1080 〇* -238     100株 現物株
12月損益 -1800 含み損益 -66600 売0ー 2買


今年度損益計
AOI TYO HD 8800
蛇の目 17900

前年度損益計
TYO 36000
蛇の目 3700

前々年度損益計
TYO 170000
蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×は売建玉、〇は買建玉、〇*は現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益は当日終値からの差益になっています。

12月損益は当月の差益です。含み損益は残建玉の損益計でマイナスが損になっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)