日本が身構えるべき「米中通貨安競争」の恐怖

デフレ不況に逆戻りするかもしれない

習近平国家主席(2018年 ロイター/Mike Hutchings)とトランプ米大統領(2018年 ロイター/JOSHUA ROBERTS)

アメリカは、中国による知的財産権侵害などの行為を問題視している。7月6日、その中国を制裁するため、アメリカは中国からの輸入品340億ドル相当に対して25%の関税を課すことを明らかにした。

中国は、直ちに同規模の関税を発動してこれに対抗した。続いて、その4日後の7月10日、アメリカは2000億ドル分の輸入に10%の追加関税を課す方針を明らかにし、その対象品目リストを公表した。

世界は、中国が再び同規模の関税で対抗し、米中貿易摩擦の火はいよいよ燃え上がり貿易戦争のような事態に発展する、と緊張した。

中国は「為替レートの調整」で応じた?

ところが、中国は肩透かしを食らわすように対抗関税は表明しなかった。7月12日、中国商務部はアメリカの不当を整然と並べ立てる声明を公表、WTO提訴の方針を明らかにするにとどめた。

ただ、その裏で人民元の対ドルレートでの下落が進行していた。米中両国が340億ドルの関税をやりあった7月6日からの2週間で、3%近くの人民元安となっている。

途中省略

日本はデフレ不況に逆戻りするかもしれない

米中両国の通貨安競争によって日本は大きな影響を受ける。米ドルと人民元が通貨安を競えば、国際ルールに忠実な日本の円は両通貨に対して高くなる。為替レートの操作が目的であってもそうとは明言せずに「国内経済のため」といって金融緩和を行うことは許されるが、金利引き下げ余地がまったくない日本には難しい。

米中両国は日本の第1位もしくは第2位の貿易相手国であり輸出額の約40%、輸入額の約35%を両国が占める。両国通貨に対して円が高くなれば輸出は減退、輸入物価は下落する。つまり、日本はデフレ不況に逆戻りすることになるかもしれない。

アメリカと中国の対立に対する日本の株式市場の反応は楽観的に過ぎるようにみえるが、そろそろ身構えたほうがいいのかもしれない。

 

本日の東洋経済オンラインに掲載された記事であるが、日本がデフレ不況に逆戻りするかも知れないとの警告である。

すわ、米中貿易戦争かという時点で個人投資家の心理はリスクオフへと後退した。

ところが、「貿易戦争」から「貿易摩擦」へと認識が後退すると急に楽観的になってリスクオンへと突き進んだ。

お互いに制裁関税を打ち出している限りは目に見えてリスキーな政策だと受け取られるが、通貨安の場合は相手を限定するわけではないのでそれ程の脅威は感じない。

知らぬ間に輸入品が低額となって市場に蔓延し、気が付けばデフレ不況に陥っている日本があった。

余り信じたくはない現実である。

 

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

 

7月27日(金)の日経平均株価日足チャートは「陽の大引け坊主」に近い、下ヒゲを伴う「小陽線」をつくり反発した。

このローソク足は上昇期待感を示すが、短い実体のために強くはない。

 

日経平均株価日足チャート2018年7月27日(金)

 

AOI TYO HDは上下にヒゲを伴う「陰のコマ」をつくり続落した。

このローソク足は失望感の中に気迷いがあり、相場の転換を暗示だが、ズルズルと下落している。

出来高は252400株と前日より漸減している。

 

AOI TYO HD日足チャート2018年7月27日(金)

 

蛇の目は上下にヒゲを伴う「陰のコマ(陰の極線)」をつくり小幅続伸した。

このローソク足は失望感の中に気迷いがあり、相場の転換を暗示している。

出来高は35100株と前日より漸減しているが、出来高僅少である。

 

蛇の目日足チャート2018年7月27日(金)

 

AOI TYO HD1377(-33)蛇の目715(+2)の終値で引け、決済は見送った。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果の配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 22712.75 125.88

7月27日 (金) 3975 AOI TYO HD 前日終値 1410
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 1377

1月4日 1113 〇* 950    360株 現物株
(TYO2000株 ⇒ AOI TYO HD 360株)
4月17日 1681 〇 -304    100株
5月8日 1605 〇 -228    100株
4月23日 1600 〇 -223    100株
7月26日 1411 〇 -34    100株
7月26日 1411 × 34    100株
5月25日 1352 × -25    100株
2月22日 1228 × -149    100株
2月14日 1148 × -229    100株
7月損益 21700 含み損益 -20760 売4ー 7.6買


7月27日 (金) 6445 蛇の目 前日終値 713
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 715

9月24日 1270 〇* -555    100株 現物株
8月17日 1080 〇* -365    100株 現物株
2月8日 721 〇 -6    100株
3月5日 726 × 11    100株
7月損益 0 含み損益 -91500 売1ー 3買


今年度損益計(前月分までの合計)
AOI TYO HD 138400
蛇の目 0

2017年度損益計
AOI TYO HD 17900
蛇の目 16100

2016年度損益計
TYO 36000
蛇の目 3700

2015年度損益計
TYO 170000
蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×売建玉買建玉〇*現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益は当日終値からの差益になっています。

7月損益は当月の差益です。含み損益は残建玉の損益計でマイナスが損になっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)