© AFP 2018 / Bryan R. Smith

米株式市場、18年ぶり最悪の年明け

2019年01月05日 05:36

年明け早々、米株式市場は幸先の悪いスタートを切った。ダウ平均株価やS&P500種の株価指数が約20年ぶり最悪のスタートを示した。市場低迷に大きく影響したのはアップルの価値下落だ。

スプートニク日本

米国の代表的な銘柄からなるS&P500種の株価は2.48%下がった。ダウ平均株価(30種)は2.83%、ナスダック総合指数は3.04%下落した。

MarketWatchによると、S&P500種とダウ平均株価にとって2019年の年明けは2000年以来の最悪の数値となった。ナスダック総合指数は2005年以来の最悪を示した。
1月2日、アップル社が約20年ぶりに利益予測を下方修正したと発表した。中国やその他発展国での売上が伸び悩んだほか、世界的な経済の停滞や貿易戦争が足を引っ張った。

 

東京株式市場では4日の大発会から波乱の幕開けとなって、2万円の大台を大きく下回って引けている。

米国内でもアップル株の急落に伴いヘッジファンドが思わぬ資産減少を余儀なくされている。

 

8ヘッジファンド、アップル株急落で計2300億円失う

米アップル株を多く保有していた8つのヘッジファンドは、3日の同銘柄急落によって合わせて約21億3000万ドル(約2300億円)の資産価値を失った。売上高見通し下方修正を受けてアップル株は10%安で終了した。

以下省略

 

しかし、直後に米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が「市場は世界景気を不安視しており、金融政策も柔軟に見直す用意がある」と述べた途端に米金融市場は実体経済をおいてダウ平均が大きく反発した。

要するに投資家心理は景気後退の最悪局面においても、良い材料には極端に上振れする可能性を秘めており、単なる言葉だけで大きく振幅する、実体経済とは乖離した金融市場はジェットコースター相場のように見える。

 

日本の株式市場もファンダメンタルズ的には割安感が充満しており、今年は上昇エネルギーのマグマが底を打つことが予想されていることから、銘柄によっては超買い得な局面に入っていることは確かだ。

「野も山もみな弱気ならあほうになって買いの種をまけ」という相場格言があるが、今月は逆張り投資で大きな利益を掴む好機到来かも知れない。

 

 

直近の株式トレードの結果は次のとおりです。

 

1月4日(金)の日経平均株価日足チャートは短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「下影陰線(短陰線)」をつくり、大発会としては前年末比で一時773円げるなど、大幅反落した。

アップルが下方修正したことによる世界的株価の急落を受けたもので、東京株式市場もリスクオフで終始した。

このローソク足は失望感と共に下落一服を暗示している。

 

日経平均株価日足チャート2019年1月4日(金)

 

AOI TYO HDは上下にヒゲを伴う「短陰線」をつくり続落した。

ほとんど気迷いと共に相場の転換を暗示する「十字線」になっている。

出来高は139000株と前日より漸減しており、僅少である。

 

AOI TYO HD週足チャート2019年1月4日(金)

 

蛇の目AOI TYO HDと同様に、上下にヒゲを伴う「短陰線」をつくり続落した。

出来高は57900株と前日より漸増している。

 

蛇の目日足チャート2019年1月4日(金)

 

AOI TYO HD774(-17)蛇の目456(-6)の終値で引け、決済は見送った。

 


低位株・ボロ株ランキングへ

 

直近のトレード結果の配置表は下記のとおりです。m(_ _)m

*日経平均株価 19561.96 -452.81

1月4日 (金) 3975 AOI TYO HD 前日終値 791
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 774

1月4日 1113 〇* -1220    360株 現物株
(TYO2000株 ⇒ AOI TYO HD 360株)
8月15日 1505 〇 -731    100株
10月5日 1441 〇 -667    100株
10月11日 1379 〇 -605    100株
10月22日 1372 〇 -598    100株
10月19日 1323 〇 -549    100株
10月25日 1239 〇 -465    100株
11月15日 1117 〇 -343    100株
11月20日 1047 × 273    100株
11月20日 918 × 144    100株
12月18日 841 × 67    100株
12月28日 778 × 4    100株
12月25日 735 × -39    100株
1月損益 0 含み損益 -472940 売5ー 10.6買


1月4日 (金) 6445 蛇の目 前日終値 462
日付 約定株価 状態 差益 当日終値 456

9月24日 1270 〇* -814    100株 現物株
8月17日 1080 〇* -624    100株 現物株
1月損益 0 含み損益 -143800 売0ー 2買


2019年度損益計(前月分までの合計)
AOI TYO HD 0
蛇の目 0

2018年度損益計
AOI TYO HD 180500
蛇の目 500

2017年度損益計
AOI TYO HD 17900
蛇の目 16100

2016年度損益計
TYO 36000
蛇の目 3700

2015年度損益計
TYO 170000
蛇の目 -10600


配置表の見方を各用語毎に説明しておきます。

上表の一番左側が約定した日とその時の株価です。

状態の×売建玉買建玉〇*現物株建玉の印で各100株ずつになっています。

次の差益は当日終値からの差益になっています。

1月損益は当月の差益です。含み損益は残建玉の損益計でマイナスが損になっています。


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)