©REUTERS/ Umit Bektas

北朝鮮との国交断絶求める河野外相の呼びかけは『戦争事由』になるおそれ=ロシア人専門家

2018年01月18日 00:19

タチヤナ フロニ

河野太郎外相はカナダ・バンクーバーで開催された北朝鮮問題を話し合う関係国の外相会合で16日、北朝鮮との外交関係の断絶や北朝鮮労働者の送還を呼びかけた。南北関係が改善する可能性があるなか、これほど激しい声明が日本の外務大臣から出されたのはなぜか。韓国がスポーツを用いてでも北朝鮮との平和的な対話の確立を試みている平昌冬季五輪直前に、北朝鮮との状況を悪化させて北朝鮮の完全なボイコットを作り出すことはどれほど賢明なのか?・・・・

スプートニク日本

 

米朝首脳会談を控えて開戦への危機感は全世界的に減少しており、特に中国やロシアでは自らの影響下で和平交渉が進むことを期待している。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は自分をあたかも第三者の立場にあるかのように、北と米国との間を仲介する形で交渉妥結を目論んでいて、次期ノーベル平和賞受賞候補に名前が載っているとの噂も聞こえて来る。

米国を別として、まるで日本だけが好戦的に北に対峙しているかのような外交環境に置かれているのだ。

他の諸国には核問題だけが懸念材料となっているが、拉致被害者問題の存在が日本と他国との視点の差となっている。

日本政府が認定した拉致被害者だけでも17名いるが、拉致を疑われる全国の失踪者は実に500名近くに達しているのだ。

もし、自分の子供や孫、あるいは近い親戚が拉致被害者であったらどうだろうか。

そのような犯罪国家に国交断絶求めることで「戦争事由」になるとしたら、仕方のないことだと考えるだろう。

韓国は何かと言えば国際法的には解決された従軍慰安婦問題を蒸し返して反日活動を続けているが、拉致被害者問題は現在進行形で続いている人権問題なのだ。

自国民が一人でも他国に不条理に拉致・監禁されていれば、政府が全力を挙げて救出作戦を実施するイスラエルのような国であって欲しい。

拉致問題さえ解決されれば、おそらく国交回復の大きな障害が取り除かれるので、北朝鮮が核武装することには大した恐れもなくなるだろう。

中国やロシアも核兵器は持っているのだから。

 

 


株で資金を減らさない究極の方法
【無料メールマガジン】
Eメールをご登録下さい。↓↓




もしくは下記メールアドレスに空メールを送って頂ければ登録させて頂きます。
info-apply@guevara3d.xsrv.jp

 


あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)